大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

迷ったらやる。やってみれば答えに近づく。答えがわかる。自分で動いて体験するから、視界が変わり道が開けることがある。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

迷ったらやる。やってみれば答えに近づく。答えがわかる。自分で動いて体験するから、視界が変わり道が開けることがある。

■自分で決めて動いたことには納得できる

論理的な思考を積み重ねることで、ある程度の確率で正しいと思える答えが推測できることもある。ならば考えればいいだけのこと。

小川健次Blog

一方でどんなに考えたところで答えのわからないことはある。推測はできたとしても、確率的には極めて怪しい推測しかできないこともあるでしょう。


言ってしまえばミもフタモないことですが、結局最後はやってみなけりゃわからない。やることでしか答えには近づけないし答えは出ない。

もちろん、動けばすぐに答えが出るかといえばそうでもないこともある。でも動けば、それが数センチでも近づが、止まっていればズーッと同じ場所で悶々としているだけで、何も積み上がるものはない。

それにね。とにかく動いてみれば、視点が変わるじゃないですか。今まで見えなかったものが見えることだってあるじゃないですか。気づかなかったことに気づくことだってありますよ。

その場でじーっと止まっていれば、同じ思考の堂々巡り。自分の中で同じ思考の道筋を何度もぐるぐる回るだけ。動けばその道筋に変化が生まれる。そこから新しい発見だって生まれるんです。

だからといって脊髄反射で何でもかんでも動けばいいかというと、それはそれで問題もある。だから冷静に考える。状況を見極める。その前提は当たり前のこと。

その上で、何もアウトプットがないのなら、まずは自分が動いてみればいいじゃないですか。そこで止まってたとしても、どうせ何も生まれてこない。ならばその時間を無駄にしないでとにかく動いてみる。

仮に動いたことで出た結果が、好ましいものじゃなかったとしても、それはそれで経験ですよ。次に活かせばいいだけのこと。そしてそのプロセスの中で得られた学びも財産なんです。止まっていたらそれさえ得られないんだし。

往々にして、自分で決めて動いてしまえば、結果はどうあれそれほど凹むことはないですよ。だって自分でそうしようと思ってやったんだから。自然と最善尽くすんです。その結果がどうあれ納得感は残るもの。

選択の場合も同様ですな。どちらがいいかを考えたってわからないことはある。でもそれを自分でとにかく決めてしまう。決めてしまえばその決断を自分で正当化したくなる。正当性を証明するためにさらに行動したくなる。

<参考過去記事>
自分で決めて動くから、結果をポジティブに評価できる。誰かに決められ動かされる前に、まずは自分で決めて動きだそう。

どうせ答えがわからないこと。やってみなきゃわからないこと。そこでジーッとしてても何も生まれませんよ。思考がますます鈍るだけ。

思考が煮詰まったとき、判断に迷ったとき、その状況を打開する最高の処方箋は、とにかくヤル。どうせそれ以上考えたところで何も生まれてこないんだから。だったらとっとと動いてしまえ。

それでも繰り返しますが、考えるのは必要で、状況環境を見極めることも必要ですよ。思考を放棄するんじゃない。考え切って答えがでなけりゃ、あとは自分で行動して答えを自分で作るしかないんです。

■刺激や発見は動くから得られる

ビルの5階の窓から見える世界と、30階の窓から見える世界は違うんです。

30階にいて、足元に何があるか見えないなら、エレベーターでも階段でも使って5階まで下りればいいじゃないですか。そこであれこれ考えてるより、実際見に行ったほうが話しが早い。

そこで今まで見えなかったもの。今まで感じられなかったものが見えるようになれば、発想も変わるし行動も変わる。そこからモティベーションだって生まれてくる。

5階にいる人も同じこと。遠くに何があるかをごちゃごちゃ考えるより、エレベーターでも階段でも使って見に行けばいいでしょ。それで何かが発見できる。インスピレーションも湧いてくる。

そして登ったり下りたりする途中で、誰かに出逢うかもしれない。その途中で何かが生まれるかもしれない。それこそ階段なら足腰鍛えられる。椅子に座っていても何も起きない。犬も歩かなければ棒に当たらないんです。

新しい刺激や新しい発見は、今この瞬間に自分が抱いている世界観の外にある。ならば一回そこから出てみる。動いてみる。

ずっとやろうと思っていてやれてないこと。やってみたらいいじゃないですか。その全部が無理でも、何かとっかかりの一部でもスタートしてみるだけで、何か動きがあるかもしれない。

あれこれ理屈について考えててもしょうがない。ボールは投げなきゃコントロールも身につかないし、そもそも投げなきゃ返ってこない。まず投げてみたらどうですか。

動くことで、自分や家族の生命の危機に及ぶ事態に発展するとか、全財産がゼロになるようなリスクがあるなら、そりゃ考えるのもよくわかる。でも実際にはそんなことはほとんどない。

まあそれでも行動する人を批判したくなるような意味不明な人ってのもいますがね。それはそれで、そういう人から批判されるほどに、行動している証明だと理解すればいいことです。

<参考過去記事>
批判や悪口を言われるのは、行動して結果を出している証拠。批判や悪口を言う人に力を貸してあげれば、結果はさらに良いものになる。

そんな大げさな話じゃなくてもいいんです。やりたいことがあるならやればいい。会いたい人がいるなら会いにいけばいい。話したい人がいるなら電話をすればいいんです。その単純なことにあれこれ理屈は不要でしょ。

アイディアに煮詰まってるなら、部屋を出て飲みにでも行ったらどうですか。動いて視点を変えて気分を切り替える。それだけで何かが生まれることもある。それもこれもまず動くとことからですよ。

ちょうど世は今の時期連休のようですから。いろいろ動いてみるにはちょうどいいんじゃないですか(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事