大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたの何気ない一言の中にも、誰かを幸福にする力がある。黙って心にしまい込まずに、言葉にすれば周囲も自分も笑顔になれる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

あなたの何気ない一言の中にも、誰かを幸福にする力がある。黙って心にしまい込まずに、言葉にすれば周囲も自分も笑顔になれる。

■言葉の価値観は違っても想いは伝わる

まるで他意なく何気なく発した一言が、身近な誰かを傷つけることというのはある。それなりに気を配ったつもりでも、その人にしてみりゃ心ない一言と思うことはある。

小川健次Blog

同じように、まるで他意なく何気なく発した一言が、身近な誰かの心に火をつけ、モチベーションを一気高めてしまうことだってある。


言葉の意味なんてのは、発する人はもちろんのこと、それを聞く人、解釈する人によって違うもの。辞書的な意味なんて関係なく、全体的な文脈の中で人それぞれ自分の価値観に応じて決めてしまう。

だから、あなたが大して意味なく発言したその一言が、相手をブチ切れさせることもあれば、相手に心の中でガッツポーズさせることだってあるんです。

まあそれはある意味ではしょうがない。誤解といえばそなのでしょうが、そもそもそのときのお互いの精神状態も違うし、言葉に対する価値観だって違うんだから。言葉を発してみて、はじめて反応がわかるといものですよ。

それに言葉に対する価値観というやつだって、人それぞれの置かれた状況や環境、その立場によって変わるもの。以前は笑ってくれた話しも、今は笑っちゃいけない立場になることだってあるでしょう。

だからこそ、状況環境や相手の立場を見極めて、言葉は慎重に選ぶ必要がある。誤解やすれ違いが起こらないよう、お互いが適切な意思疎通を図れる言葉を選んで使うこと。

いや、それにしたって結局最後は言ってみなけりゃわからない。どんなに言葉を選び、尽くしてみても最後は相手の受け取り方次第。そこはどうしたってわからない。

そういう意味ではあまり言葉に慎重になりすぎるのも問題で、慎重になりすぎるあまり、何を言ってんだかわからなければ本末転倒。要点バラバラ。つまりは何が言いたいの?ということになる。

そこはバランスの問題なんでしょうがね、慎重に言葉を選びながらも、発言は大胆に。大事なことは言葉を発するのが目的ではなく、意図を正確に伝えることが目的なので、そこは忘れないことですよ。

言葉の価値観に違いがあっても愛と誠意をもって伝えれば、誤解が生まれたところでどうということはありませんから。

<参考過去記事>
愛のある言葉を届けるから、想いが伝わり信頼が深まる。相手への思いやりを優先すると、無用な誤解も消えてなくなる。

だから誤解を恐れて言葉を発することを避けたり、予め勝手な憶測で相手の反応を決めつけて、何も言わなくなってしまえばそれこそ何も伝わらないし、むしろ余計な誤解が増えるというもの。

どうしようもない愚痴の類や、言って誰かが不幸になるようなことなら、そもそも言うか言わないかを迷うことなく、最初から黙ってるもんですし。それと余計なこと言って地雷を踏んで泥沼に陥るような人は、いろんな意味で迂闊なだけですよ。

言ってみなけりゃわからない。言わなければ結局伝わるものも伝わらない。

■人が喜ぶ言葉はすすんで発しよう

言葉に対する価値観は人それぞれ違うんです。相手の価値観を勝手な先入観で決めつけてしまわない。あなたの価値観と相手の価値観は違うんです。

ということは、自分にとっては他愛もないこと、大したことじゃないと思うことでも、人によってはその一言が、心躍るほど嬉しいこともある。とても大きな勇気になることだってあるということ。

え?そんな言葉が嬉しいの? 当たり前すぎて言う必要もなさそうだ。と思うようなことでも、それ言われる側にとってはヤル気を高める重要な一言だったり、意味のない言葉でも声かけられただけで、死ぬほど嬉しいこともあるでしょう。

忙しくて迷惑かもしれない。自分の一言なんて喜ばれないかもしれない。そう思ってるのはあなただけで、その人からしてみれば、元気の出る一言になるかもれないじゃないですか。

「お疲れ様」だろうが「ありがとう」だろうが「愛してる」でも何だっていいですよ。「こんにちは」でもいいかもしれない。こちらの価値観では、わざわざ言うことでもないと思っていても、その人にとっては死ぬほど嬉しい一言もある。

もちろん、それでもスルーされることもあるかもしれない。でもそれで嫌われることはありませんよ。別にこちらだって何気ない一言で言っただけ。それによって別に失うことだってないでしょ。

仮にそれで嫌われたとするなら、それ最初から嫌われてただけだから。嫌われてるのがわかって、むしろ良かったじゃないですか。今後余計に気を遣う手間が一個減ったわけだから。

上でも言ったように、言葉そのものへの価値観は人それぞれ。それでも、その人のことを大切に想っている、その人のことを気にかけている、そんな気持ちは些細な一言でも積み重ねれば届けられんです。

自分にとって些細なこと、他愛もないと思うことであったとしても、まずは言うことですよ。言い続けることでしょう。その態度と姿勢が言葉の価値観を超越して、想いとして相手の心に届くもの。

それに何より言葉の内容は別にしても、その人を喜ばせたい、その人の笑顔を見たい。そう思って言葉を発するということは、自分にとっての幸福を引き寄せることにさえなるだから。

<参考過去記事>
その人への愛の伴うイメージが、あなたに愛を引き寄せる。その人が幸福になれるよう力を尽くすと、あなたも幸福になれる。

もちろん、単に言うだけなら口だけ番長。言ってることの裏付けとなる態度と行動、日常におけるその人への接し方に想いがこもっていなきゃ何の意味もありませんが。

いずれにしても、身の周りの人や大切な人が喜ぶ顏、そして笑顔が見れるかもしれないなら、自分にとっては他愛がないと思う言葉でも、発して損することは何もありませんから。

思ってるけど当たり前すぎて言ってない、言うまでもない。そう思うことでもまず言ってみたらどうですか。それだけのことで、誰かが幸福な気分になり、自分も幸福になれるとしたら儲けものでしょう(^。^)y-.。o○

【75%OFF/締め切りまであと3日!】

ついに英語が聞き取れる!
英語耳開発プログラム『スーパーリスニング』
英語耳開発スーパーリスニング

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事