大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分のこと以上に、大切な人がどうすれば幸福になるかを考えよう。双方向の愛と信頼は、相手を思いやり尊重したときに実現する。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分のこと以上に、大切な人がどうすれば幸福になるかを考えよう。双方向の愛と信頼は、相手を思いやり尊重したときに実現する。

■好意と興味をもって接するから想いが届く

自分のことに関心を寄せてくれる。自分のことを気遣ってくれる。そういう人に対しては自然と好意を抱くもの。

小川健次Blog

いやまあ好意は少し言い過ぎかもしれませんが、それでも嫌な気分になることは少ないでしょう。


逆に、こちらに何の関心も示してくれることなく、ただ一方的に自己主張をされたところで、ウザいだけ。あっそ。だから何?それがどうした。

おまけに、こちらへの気配りや気遣いなど一切なく、単にその人の承認欲求を満たすためだけ、その人の利益のためだけに、何かしらの注文をつけられれば、ウザいを通り越して腹立たしささえ感じるもんですよ。

私がうどん食べたいんだから、あなたもうどんにしてよ!
俺はドライブに行きたいんだ。だからお前も来いよ!

そう言われてうどん食べたくなる人も、ドライブ行きたくなる人もいないでしょう。むしろその逆。なんでお前の都合に合わせなきゃいけないの?どんな権限をもって私の行動を支配することできるわけ?

日常の些細な出来事かもしれませんがね、こういう些細なやりとりが、相手にストレスを感じさせることになる。そこに生まれた小さな歪がやがて大きくなって、修復不能は大きな亀裂に発展する。

そもそもそれって、一方的な都合と感情の押し付けですよ。単に自分を満足させたい。自分を発散したい認めてもらいたい。相手のことより自分のこと。気配りも気遣いもない。だから相手にしてみゃストレスになる。

言われるほうにしてみれば、それに応じる気になんかならないでしょう。んなもん自分にメリットないし。あったとしても、相手の機嫌が悪くならない程度。何ら付加価値を生み出さない非生産的な行為としてしか思えない。

つまりは愛じゃない。単なる自分の欲求を捌け口としてしか相手をみてないということ。そりゃまあ決裂するのは当たり前。

それは特定な誰かに対してだけじゃないですよ。自分が接する身近な人に対して、一方的な都合と感情だけ押し付ける人は周囲もドン引き。だから気づいたときには周囲に誰もいなくなるんです。

逆に言えば、誰に対してもその人を認めてあげる、好意を持って接してあげられる人の周囲には、大勢の人が集まるというものでしょう。

<参考過去記事>
身近な人の幸福を祈ると、理想のパートナーにめぐり逢える。自分が望むことを他人にしてあげるから、人に愛される人になる。

みんな誰かに認められたいんです。だから自分を認めてくれる関心を持ってくれる人には好意を持つ。でもそうじゃない無関心な一方的な押し付けは、負担とストレスにしかならないんです。

■大切な人だからこそ相手の想いを優先する。

自分に対して関心を示してくれる。つまり自分を思ってくれての言葉であれば、応じるかどうかは別にして耳を傾けたくなるものです。結果応じなかったとしても、そう言ってくれた相手に嫌な気分はしないもの。

うどんの味の奥深さや、その製法についての理解を深めることは、あなたの仕事のこういう場面で役立つかもしれないし、それが結果的に将来の夢を実現できるかもしれないよ。

そう言われれば、そうなんだ。俺のために言ってくれてるなら、じゃあ今日はうどんを食べてみようかな。と思うじゃないですか。

いやまあ、これはあくまで例え話し。それでうどん食いに行くかといえばまた話しは違いますよ。でも単に一方的な要求を突きつけられるのではなく、こちらのためを思ってくれてるのがわかれば、悪い気はいしないでしょ。

自分のことは置いておいて、まずはあなたに喜んでもらいたい。あなたに幸福になってほしい。そんな相手を思いやる気持ちをもとに言葉を発するから、その人は耳を傾けてくれるというもの。

心のどこかで、自分の心を満たしたい。相手を支配することで優越感に浸りたい。そういう想いが存在しているから、押しつけになる。単なる要求になる。結果相手はそれを聞いてくれない。さらには決裂さようなら。

だいたいね。本当に愛をもってその人に接しているなら、まず相手を尊重しますよ。単に自分の主張のみを押しつけ、相手の想いを否定するようなことはしないんです。だから相手もこちらを尊重してくれる。だから双方向の愛が実現するんです。

いまいち思いが伝わらない。どうも感情がすれ違う。そんなことを少しでも感じることがあるならば、一度自分の日頃の言動について振り返ってみればいい。

こういう話しになると、あーいるいるそういう人。前の彼がそういう人でしたー。会社の上司がそういう人なんですー。と言う人いますがね、もうね、それ言ってる時点でもういろいろアレですよ。

そもそも、それはお前だっつーの。他人は自分の心の鏡。自分がそう接しているから他人がそう接してくるんです。相手がどうのではなく、まず自分がどうかということですよ。もちろん僕もですが。

まずは自分の言動から。自分がどうしたいかよりも、相手がどうすれば幸福になるかを考える、でもそれは主体性の放棄による相手への依存ではなく、あくまで自分が相手のためにそうしたい、という欲求に従うもの。

そんな基準で思いをこめて相手に語り掛ければ、その思いは必ず届くんです。その内容を受け容れてくれるかどうかは別にして、すくなくともあなたが心に抱く想いは届けられる。

<参考過去記事>
愛をより一層深く、信頼がより一層強い関係になるには、お互いで支え合うだけでなく、お互いの成長を助け合えること。

些細なことかもしれませんが、その小さな気遣いの積み重ねが、やがてお互いにとっての信頼関係というものに発展していくものでしょう。

それに何より、接する人とは誰とでも、お互いが幸福になれるような関係のほうが気持ちいいってもんじゃないですか。(^。^)y-.。o○

成功哲学に則った、信頼に基づく人間関係の築き方

■小川健次セミナーベーシックコース
(年内は東京・大阪・名古屋。それぞれ僕が担当します。)
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事