小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦しくてしんどいなら、心を開いて誰かに頼ればいい。支えてくれる人は必ずいる。想いを言葉にすれば支えてもらえる。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

【お知らせ】小川健次メールマガジン未着の件について

無料配信中の小川健次メールマガジンにつき、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった場合は以下ご参照ください。

<1>i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど、各種携帯用のアドレスで登録されていると、未着になることがあります。
<2>gmail.com、yahoo.co.jp、icloud.comなどのフリーアドレスの場合は、迷惑メールフォルダに入っていることがあります。
つきましては、同様の現象が起きている方は、
    1)指定ドメイン riezonjapan.com の着信許可設定をする
    2)PC用のアドレスで再登録する
    3)迷惑メールフォルダを確認する
などのご対応をお願いいたします。
引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

苦しくてしんどいなら、心を開いて誰かに頼ればいい。支えてくれる人は必ずいる。想いを言葉にすれば支えてもらえる。

■自分の力でどうにもならなければ、他人の力を借りればいい。

すべてが順風満帆。万事うまくいってるときであれば、そりゃいくらでも物事を肯定的に考えられる。別に誰に頼る必要性さえ感じないかもしれない。

小川健次BLog

一方で、どうにも思い通りにいかないとき、袋小路に迷い込み、出口がまるで見つからず、誰かに力を借りたいと思うときもある。


それでも、どうにかこうにか活路を見出して、袋小路から抜け出せればそれでいい。頑張って耐え抜いて辛うじてでも踏ん張り切れるならそれもいい。

しかし、抜け出せず、耐えきれず、心がポキっと音をたてて折れてしまえば、それこそどうしようもないでしょう。折れてしまえば元も子もない。せっかくそこまでやったのに、頑張って耐えたのに、それをそこで終わりにするのはもったいない。

だったら助けて欲しいと一言誰かに声をかければいいじゃないですか。支えてくれと頼めばいい。力を貸してとお願いすればいいだけのこと。その一言で状況が一変することはあるんです。

しかも何も言わないクセに、後になってから、あのとき誰も助けてくれなかったなんて、恨み節を言ってもしょうがない。だってそもそも助けてくれと言ったのか、支えて欲しいと頼んだのか。

ホントは助けて欲しいと思っているのに、支えを求めているのに、無理矢理自分一人での解決にこだわってみたり、どうせ助けてもらえなそうだと勝手な解釈したりする前に、まずは一言声かけてみればいいじゃないですか。

みんな超能力者じゃないんです。みんなそれほど他人のこと観察しているほど暇じゃない。言われなきゃわからないし、求められなければ助けようも支えようもないんです。

だから助けてほしければ助けてほしい、支えてほしければ支えてほしい、一緒にいてほしければ一緒にいてほしいと言えばいいだけ。求めればいいだけ。

もちろん助けられることもあれば、そうでないこともある。その場そのときその状況によって、貸せる力も貸せない力もあるでしょう。だからと言って何も言わずに心が折れたらそこで終わり。

それにね、求めることすべてに応じることができなかったとしたって、一声助けを求められれば、とりあえあずでも何か力になろうとはしてくれるものです。

一緒に何か考えるだけでもことは、せめて寄り添って心の支えくらいにはなるくらいでもしてくれるかもしれない。気休めでも言葉の一つくらいはかけられるかもしれない。世の中悪い人ばかりじゃないんだから。

昨日の記事でも言いましたがね、信じて明け渡せばいいんです。誰もそれで悪いようになんかしませんよ。

<参考過去記事>
大切な人にだからこそ、信じて自分を明け渡してしまおう。お互いを尊重し合える理想の関係は、信じるから引き寄せる。

まあそれが自分じゃ何もしない他力本願な人や、甘えたいだけ、かまってほしいだけのことならば、助けるどころかウザいだけ。まずは自分ができることに力を尽くしているから、真摯で前向きな姿勢でいるから力を貸してもらえるんです。

■頼られれば悪い気はしない

自分でできることには力を尽くす。そのさらにプラスアルファで届かないところだから、あと一息のところまで頑張っているから、ホントにそこで力が必要なときだからこそ、人はその人に力を貸す気になるものでしょう。

自分は何もしない。ちょっとの失敗ですぐ諦める。自分でやり切る覚悟がない。そんな人が助けを求めてもスルーされて当たり前。だって助ける意味ないんだもん。

ホントに力を尽くしているならば、必ず誰かが助けてくれる。ホントにやれるだけのことをやっていれば、誰かがプラスアルファの力を貸してくれますよ。

だから細かいことは気にせず、助けを求める。支えを求める。単なる甘ったれの依存癖のある人からの要望でもなければ、誰かに頼られて悪い気する人もそうそういない。

頼られるということは、頼られるだけの力があることを認めてもらえている。頼られればヤル気になる。頼られれば助けたくなる。力を貸したくなる。支えたくなる。

逆に言えば、困っているときに頼ってくれない。力が必要なときに声をかけてくれない。そちらのほうが残念だし寂しいと思うもの。

特に自分にとって大切な人が困っているのに、その力になれなかった以前に、頼られてさえいなかったなんて知ったらよっぽど傷が深いというものですわ。

多くの場合、助けたいと思うから助けるのではなく、助けを求められるから助けるんです。人にいつも助けられる人というのは自分でちゃんと助けを求められる人。人に支えてほしいと言える人でしょう。

上でも言ったように自らは何もしないのに頼ってばかりじゃ、そりゃ誰にも相手にされませんよ。でもホントに心が折れそうになるくらいまで頑張ったのなら、誰かに支えを求めたっていいじゃないですか。

みんな一人では生きられない。あなたも誰かを助けてるし支えてる。そしてどこかで誰かもあなたを助けてるし支えてる。いっつも支え合ってるんです。普段から助け合ってるんです。

そして大切にしているから大切にされる。日頃から自分が誰かに注いだものが自分に返ってくるんです。

<参考過去記事>
図解あり/大切にされたければ大切にすること。自分が注いだ想いの分だけ人から想われる。

ならば、ホントに心から支えを必要だと思うときに限って、つまらない意地やプライド、それこそ無用の気遣いで自己解決しようとする意味なんかありませんわ。

よくわからないプライドごときで意地張ったり、無駄に他人に気を回して、一人で頑張り続けるのも別にいいですよ。でもそれこそしんどいだけでしょ。そこは素直になってみるのも可愛げがあるってもんですよ。

素直になって助けて欲しい、支えて欲しいと言ってみればいいんです。誰かが必ず助けてくれるし支えてくれますから(^。^)y-.。o○

【支えてくれる人と出逢う方法】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年12月まで一部追加・更新しました。
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。