大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

どうでもいいことを気にしなければ、望みの結果を生み出せる。思うほど深刻な問題なんてほとんどないから、迷わず前に進み出そう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

<お知らせ>
ブログ本編の更新情報を中心にしながら、ちょっと違った切り口と悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中のメールマガジン。悪ふざけが過ぎるとのご指摘もよくありますが、ご指摘のとおり悪ふざけです(なので気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

どうでもいいことを気にしなければ、望みの結果を生み出せる。思うほど深刻な問題なんてほとんどないから、迷わず前に進み出そう。

■それを気にすることにどんな意味があるのか

あれやこれやと気になることはたくさんあるが、本当に気にすべきこと、気にすることに意味があることって実はそれほど多くない。

小川健次Blog

それを気にすることで、自分にとってメリットになること、逆に気にしないとデメリットになることを、ちょっと冷静に考えてみればいいんです。


そりゃまあ確かに、日常のいろいろなところで視界に入ることについて、つい気になってしまうことはある。どうもモヤモヤしてしまうことはありますよ。

目の前にいる眉毛の隅が、落ちて薄くなっているのに気づいたり、もみあげの長さが左右で微妙に違っているのに気づいたりして、なんだかちょっと気になって落ち着かない。そんなことはあるでしょう。

でもそれ気にしたところで、自分にとって何の意味があるのかってことですよ。それ気にしないと何か重要なものを失うことになるのかといえば、そんなことはないでしょう。

同じように、日常の仕事や人間関係で、気にしたところで意味のないこと、メリットなんかまるでないことはたくさんある。そこに意識をを奪われて、そこを理由に前進できなくなるのなら、自らチャンスをみすみす手放しているようなもの。

他人の顔色や噂話、形式や慣習、それこそ自分の過去失敗も。いや、それ気にすることで止まるリスクと、それスルーして得られるメリットと、どっちが大きいか。どっちが自分の望む結果に近づくか。

もちろん時と場合によっては、周囲の空気や、形式なんかを重んじる必要があることもあるでしょうし。むしろ些細なことでも気にかける気遣いと気配りを求められることだってある。

だとしても、実は思っているほと気にしなくていいことのほうが、圧倒的に多いものですよ。それ気にしてるのは自分だけ。しかも気にするだけ意味もなければ意義もない。そういうこともよくあることでしょう。

自分が目を向けるべきものは何か。守るべきもの、手に入れたいと思う価値あることは何か。差し当たって気にしてもしょうがないことが、自分にとって意味あることなのか。それで行動を止めていいのか。

集中すべきことに集中せず、意味も価値もないことに、意識を集中してしまっているなら、まさにエネルギーと時間の浪費。時間が使うべき時間とエネルギーはどちらなのかを、もう一度考えたほうがいい。

それにね。どうでもいいことにばかり目をむけるから、どうでもいいことばかり引き寄せるんです。心から得たいものを得るには、それと同じ価値あるものに目をむけるべきでしょう。

<参考過去記事>
愛を引き寄せるのは愛。愛を遠ざけるのは不安と疑念。身近にある愛を心から信じれば、毎日は幸福感に満たされる。

日々視覚や聴覚を通じて入ってくるさまざまな情報、自分自身が体験すること。その中に、どれほどのことが、自分の人生を左右するほどの大事なのかといえば、ほとんどはスルーしてもいいことばかり。

■やらない理由ではなくやる理由を考えよう

何か新しいことに取り組もうとするときも同じことでしょう。何をやるにしても、リスクを含めネガティブな要素はゼロじゃない。気にならないことは皆無じゃない。

新しい人との出逢ってみたときも、すべてが完璧な人などいないのは当たり前。何だか気になる要素はある。チラッとムカつく素振りが見えることもある。

にも関わらず、重箱の隅をつつくように、あれこれ否定的な要素、気になる要素をあげつらっては、できない理由や、やらない理由を並べたところで気が滅入るだけ。

あの人がダメな理由や、あの人とうまくいかない理由について、したり顔であれこれ語ってみたところで、新しい出逢いなんか生まれるワケがない。

そんなこと気にしてて物事が前進するのかってことですよ。それが自分の望む結果への近道になるんならそれもいいかもしれない。でもそうじゃないでしょう。

そりゃホントに解決しなきゃいけないこともある。それはそれでちゃんと向き合って問題なら解決すればいい。でも解決できないことや、解決しなくても大勢に影響ないことならスルーすればいいことですよ。んなこと言ってるだけ時間の無駄。

同じ時間、同じエネルギーを使っているのに、なぜだかいつも前進して結果を出す人、なぜだかいつまでも同じところから全然動いていない人。その違いの理由はそこでしょう。どこに目を向けているか。ただそれだけ。

それをいつまでも気にしてて何かメリットあんの?それは大勢に影響を与えるほど大きな問題なの?ということに、やたらと時間とエネルギーをかけてみても生まれる価値なんかたかが知れてますよ。

んなこと言ってる、その時間とエネルギーを別の方向に向けたらいいんです。

どうすればもっとうまくやれるか、どうすればその人との関係を深められるか、それによってどんなメリットがあるか、を考える力と時間に変換するだけで、物事はどんどん前に進み出す。止まる理由じゃなくて進む理由を考えるんだから当たり前。

いやまあ、もっと言ってしまえば、あれこれごちゃごちゃ言うんだったら、良いも悪いもなくとにかく動いてしまえばいいこともある。動けば勝手に都合よく自分で解釈できるようになるんだから。

<参考過去記事>
迷ったらやる。やってみれば答えに近づく。答えがわかる。自分で動いて体験するから、視界が変わり道が開けることがある。

とはいえ、現実社会で直面する様々な出来事、出逢う人たちを通じて、どうでもいいことが気になったり、どうしても否定的なイメージが描いてしまって、弱気になることもあれば、行動が止まってしまいそうなときもある。

そんなときは、少し冷静になって考えてみればいいんです。それ気にすることで何がメリットになるのか。それは気にするほど重要な問題なのか。と。

するとほとんどのことは気にする価値のないことばかり、スルーしても問題もないことばかりということがわかりますよ。今までだってそうじゃないですか。あれこれ考えた割には、考えたほど影響なかった。そんなことはいくらでもある。

ならば、どうでもいいこと、否定的なことは華麗にスルーして、自分にとって価値ある影響を及ぼす、肯定的な理由に目を向けたほうが、新しいことに取り組めるし新しい出逢いも増えるってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事