大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人への見返りを求めない想いが、愛をその手に引き寄せる。その人に出逢えたことに感謝すれば、満ち足りた気分で心穏やかになれる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

大切な人への見返りを求めない想いが、愛をその手に引き寄せる。その人に出逢えたことに感謝すれば、満ち足りた気分で心穏やかになれる。

■見返りがなくても幸福はすでに手に入れている

何かを期待して、結果が期待どおりにならなければ、そりゃ誰だってガッカリするもの。

小川健次Blog

特にそれが、自分が誰かに対して行ったことに対して、何かしらの見返りを求めてのものであれば、返ってこないとガッカリする、


ならばハナっから期待感など持たなければいい。自分はこの人にこうしてあげた。だから何かが返ってくるだろう。そんな思いなど持たずにいればいいじゃないですか。

自分を愛してもらいたい。だからプレゼントをする、電話をかける。いや、それ違うでしょ。自分がまずその人を愛するから、その人の笑顔を見たいから、プレゼントをする、電話をかける。

気持ち良く挨拶してほしい。だから挨拶をする、声をかける。いや、それちゃいますやろ。自分がまず気持ち良く挨拶をしたい、その人と気持ち良く会いたいから、挨拶をするし声をかけるっちゅーもんやないですか。

見返りを期待するから、話がややこしくなる。そして期待をするから、そのとおりの結果にならないとイライラするしがっかりする。

見返りを期待する、見返りを求めるというのは、言ってみれば目の前の幸福や、目の前にある充たされた出来事を見落としているということでしょう。つまり、すでに手に入れているのに、それに気づかずもっと欲しいと思っていること。

すでに手に入れているものとは、言うまでもなく、自分が何かをしてあげたいと思う人がいるということ。大切だと思える人に出逢えているという事実。

その人と出逢えているから、愛を心に育める。その人がいるから明るく振る舞える自分がいる。未来を肯定的に考えられる。まずそれだけですごい恩恵、すごいメリット。その人と出逢えて感謝。心の底からありがとう。そして万々歳。

にも関わらず、そこをスルーしてか忘れてか、私はあなたのためにこれだけのことやったんだから、これだけ想いを注いだんだから、期待した見返り寄越しなさいよって、そりゃちょっとあんた少し図々しすぎでしょう。

まずはその人に出逢えたことに感謝し、その幸福を実感すればいいじゃないですか。その人との出逢いによって、明るくなれてる、未来を肯定的に考えられてるそのものが、あなたが受け取ってる恩恵ですよ。

あなたのその人への行為は、してあげてるんじゃなくて、あなたが受けた恩恵へのお返しなんです。お返しだから見返りなんか期待しない。期待がないから、駆け引きもない。純粋な思いだけだから何も返ってこなくてもストレスなんか何もない。

もちろん純粋な思いだけだから、見返りへの執着はなくなる。相手がどうのじゃない。自分の想いに対して素直になれる。だから結果的に望みどおりの事態を引き寄せることになる。

<参考過去記事>
引き寄せの法則は、執着を捨てたときに働きだす。手放してしまえば望みのものが手に入る。

見返りを期待するから、返ってこないとガックリする。ガックリしたくないから、打算や駆け引きで考えて人と接する。結果的にお互い素直になれずに、ときに疑心暗鬼になってうまくいかなくなるんです。

いいじゃないですか。見返りなんか求めなくて。その人がいること、その人に出逢えたことにまず感謝。そしてその想いに素直に従えばいいだけ。そこで小手先で余計なことするから、ロクでもない結果にしかならないんです。

■打算や駆け引きなんか捨てちまえ。

大切だと思える人がいる、まずそれだけで幸福。その人のこと考えるだけで気分が高揚する。その人と関わることで、その人のことを好きな理由を考えられる。心が積極的になる。まずそれ基本。

もちろん、幸福の基準は大切な人がいるかいないかだけじゃない。ましてや幸福かどうかの判断を他人の存在を基準にしてしまうなら、そりゃ単なる依存。道は他人じゃなくて自分が切り拓くもの。

まあ、だとしても、大切な誰かの存在に幸福を感じることができれば、それこそ上でも言ったように不要な打算や駆け引きとはさようなら。期待したり執着してガッカリすることともさようなら。だってもう幸福なんだから。

すると必然的に心に余裕が生まれるというもの。ただ見返りを期待するだけたった立場から、自分から主体的にその人の力になりたくなる。何かをしてあげたい、支えてあげたい。そう思える。すなわち愛。

そのあたりを華麗にすっ飛ばして、ただ自分の行為のみを正当化。見返り求めるだけだから、好きなのに何もしてもらえないと嘆いたり、自分は愛されてないと不信感が湧いてきて、どっかで爆発。そして決裂した頃に泣いたところでもう手遅れ。

繰り返しいいますが、まずするべきは相手に求めることではなく、すでに与えられたことにお返しをすることでしょう。もう与えられてるんだから。

そして信じることですよ。ホントに心から大切だと思っているならば、見返りなんか期待せず、執着なんかしなくても、フラットな心で信じられるはず。信じて委ねて手放してしまえばいいじゃないですか。

まあ、それで切れる関係なら、そもそも縁がないってことだし。

<参考過去記事>
大切な人との縁を信じれば、想いが届き結ばれる。自分本意な欲望への執着を手放すと、愛が引き寄せられる。

それが恋愛関係だろうと家族関係、友人関係だろうと、それこそビジネスパートナーとの関係であろうと、まったく同じことでしょう。

自分が大切な誰かがいることに感謝できる。その想いが見返りを求めることのない行動を生み、その行動が相手の心を動かす。そのプロセスを経るから望みの結果を引き寄せるということになる。

単なる損得勘定で、あなたにこれだけやってやったんだから、その分返せ。って、いやこっちはそもそも頼んでないし、何言ってんだ。そう思われて当たり前。むしろ親切詐欺に合ったような気分でしょう。

あれこれ考えないことです。打算や駆け引きなんか捨てちまえ。ますぞの人を大切だを想える事実に対して、素直に感謝と喜びを感じればいいじゃないですか。

見返り云々とか言わないで、その想いを素直に感じていられることだけでも、心穏やかになれる。だから、愛をその手に引き寄せられってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事