小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

今日のあなたはやりたいことがやれる。言いたいことが言える。過去の自分を乗り越えて、今の自分を素直に認めてあげよう。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

【お知らせ】小川健次メールマガジン未着の件について

無料配信中の小川健次メールマガジンにつき、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった場合は以下ご参照ください。

<1>i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど、各種携帯用のアドレスで登録されていると、未着になることがあります。
<2>gmail.com、yahoo.co.jp、icloud.comなどのフリーアドレスの場合は、迷惑メールフォルダに入っていることがあります。
つきましては、同様の現象が起きている方は、
    1)指定ドメイン riezonjapan.com の着信許可設定をする
    2)PC用のアドレスで再登録する
    3)迷惑メールフォルダを確認する
などのご対応をお願いいたします。
引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

今日のあなたはやりたいことがやれる。言いたいことが言える。過去の自分を乗り越えて、今の自分を素直に認めてあげよう。

■過去に囚われると、今と未来の可能性が狭まる

状況や環境なんてのは刻一刻と変わるもの。さっきと今は違うし、昨日と今日は違う。1年前と今なんてのはもう全然違う。

小川健次Blog

状況や環境が異なれば、その場その都度判断する内容だって違う。状況環境に応じて感情だって異なるわけだから、行動への変化への影響だって少なくない。


要するにね、ときと場合に応じて人間なんて変わるんです。いや、先天的な遺伝レベルで変わらないものはそりゃあるでしょう。それはそれ。でも考え方や、それに基づく判断なんか変わるもの。

それが一時的なものである場合もあるし、経験を通じての成長による恒常的な変異となる場合だってある。だから変わることはおかしなことじゃないし、むしろ自然なことですわ。

もちろん時と場合に関係なく、変わっちゃいけない、変えちゃいけないこともある。他人と交した約束は、正当な理由なく破っちゃダメでしょう。そりゃ守るのは状況環境に関係なく守るのが当たり前。

考え方や性格が変わろうが、約束は約束でしょう。そうじゃなきゃそもそも社会が成り立たないし、信頼関係もクソもない。

それと、そもそも自分の意見や考えを持つこもなく、ただその場で他人の意見に迎合するだけ、ただ状況環境に流されて右往左往するだけ。そしてその場そのときに言うことやることコロコロ変える。んなのは、まず問題外。

そういうある意味での特殊なケースは別にして、誰だって状況や環境に応じて、考え方や価値観なんてのは変わるもの。刻一刻流れる時と共に経験積んで成長して、同時に状況環境変われば変わるのなんて当たり前。

昔嫌いだったものが好きになることはあるでしょう。昔は許せなかったのに、今では自分から積極的に関わっていることだってあるかもしれない。以前は見落としていたことが、今なら気付いたり、昔気になったことが今は気にならなかったり。

良くも悪くも人は常に変わっている。昨日のあなたと今日のあなたは違うし、昨日の僕と今日の僕は違うんです。眉毛は変わりませんが。だから過去の自分に囚われないことですよ。過去の自分を今と未来の自分の足かせにしないことです。

過去を許すんです。許すとは良いも悪いもない、一つの事実として認めること。そしてそれを未来の糧にするための価値ある経験として、今に活かすということですわ。

<参考過去記事>
自分を許し他人を許せば、引き寄せの法則が働きだす。許すから、あらゆる出来事を、明るい未来へのエネルギーに転換できる。

過去にどんな失敗してようがそれはそれ。今は違うし今は違う判断できるはず。違うものの見方や考え方で取り組める。だから違う過去と違う結果を出せるんです。

どうせ過去がどうであろうがやり直しのできないこと。んなことにいつまでも拘って、挙句の果てにはそれに縛られて今何もできないってんじゃ本末転倒もいいところでしょう。

■変わったならそれを説明すればいいだけのこと

これまでのやり方で何となく問題ないこともある。でも今ならもっといい方法を考えられるはず。成長している今ならよりよい選択肢をとることで、今以上に大きな成果を生み出すことができるんです。

他人から見られていた今までの自分のイメージ。それだって過ぎたこと。他人は他人の目で見ているだけで、それにつきあって自分まで過去に置きっぱなしにする必要もないでしょう。

過去の自分がどうであったかなんて関係ないですよ。過去の自分に縛られなきゃいけない理由もないし、過去の自分に果たさなきゃいけない義理もない。果たすべき義理があるのは今と未来の自分に対してでしょう。

過去よりも今。今は未来のために、今考えられる最善の選択をすればいい。

別に過去を否定する必要もないでしょう。過去の経験、過去の言動、過去の考え方。それはそれでそういうこがあったということでいいじゃないですか。でも今は違う。

過去の考え方よりいい考え方があれば取り入れる。過去の発言が今の考え方と違っていれば、訂正すればいいだけのこと。過去の失敗は課題発見のためのプロセスで、その経験が経験値として今の自分を作ってる。

過去にこだわらないことで、失うことも損することは何もない。むしろ無駄な足かせ外せて清々しい。自由に考え自由に行動できる。結果的に得することのほうが圧倒的に多いもんですわ。

周囲の人からは、お前が以前と言ってること違う。そう指摘されることあるでしょう。やってることちゃぬやんか。そう言われることだってあるかもしれない。でもそれは変わった理由を説明すればいいだけのこと。

繰り返しますが、過去は過去。今は今で違う。状況も環境も違うんだから、言うことやること違って当然。

なのでそこに囚われて今の自分の思考と行動を止める必要なんてまったくない。そこで他人の顔色うかがう必要性なんかどこにもない。だいいち他人なんて、自分が思っているほど人の過去の言動なんて覚えてない。

何より自分が変わっているということは、他人だって変わってる。以前拒否られた提案も、今日な受け容れてくるかもしれないし、昔は敵対視されてた関係も、今なら穏やかな関係に変わっているかもしれない。

昨日と今日、過去と今ではお互いのチャンネルだって違うんです。だから人間関係だって過去のことは気にしない。

<参考過去記事>
図解あり/心のチャンネルが合うときは信頼が生まれる。心のチャンネルが合わないときはストレスが生まれる。

いくら時を経ようが変わらないものはある。変えられないものや変えちゃいけないものだってありますよ。でも同時に変わっていいことだっていくらでもある。変わらなきゃいけないことだってあるんです。

どんなときでも、最終的にいつも目の前に立ちはだかる壁の正体ってのは、他人や周囲の状況じゃなくて、過去の自分自身であることが多いもの。

それを乗り越えていける人が、自分の望んだ結果を引き寄せることができるってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。