大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

断られることを不安に思わず、頼みたいことは頼んでみよう。NOを恐れるよりも、何も言えない関係になることを恐れよう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

断られることを不安に思わず、頼みたいことは頼んでみよう。NOを恐れるよりも、何も言えない関係になることを恐れよう。

■断られても人間関係を否定されてるわけじゃない

日常生活の中では、仕事であれプライベートであれ、好む好まざるに関わらず、誰かに協力を求める必要性に駆られることはある。

小川健次Blog

そしてその求めが、期待に反してあっさりと断られることってのもあるでしょう。


そりゃこちらに都合があるように、相手にだって都合もある。こちらに考えがあるように、相手にだって考えもある。その求めに応じられるかどうかは、その場そのときその状況やその相手次第。

もちろんあなたの求めを断ったからといって、別にあなたの人間性を否定しているわけでもない。存在そのものが許せないと思ってのことじゃありませんよ。

単にあなたのお願いの内容に対して、力になれないから断っただけ。もしくはその場そのときのタイミングが悪かったから、応じられなかっただけのこと。

そりゃ人間性否定されてるんだったら、まあ確かにいろいろ考えなきゃいけませんが、お願いの内容を断られただけのこと。そんなに気にすることでもない。それこそ別に痛いわけでも痒いわけでもないでしょう。

とはいえ、やはり断られるのは嫌なもの。だからつい人に頼めなくなる。自分で完結させてしまおうとする。そして結局一杯一杯になってパンクする

そしてパンクしてから言うんです。誰も助けてくれなかった。っておい、まず助けを求めればいいじゃんよ。お願いしてみればいだけでしょうよ。

仮に断られるにしたって、一言助けを求めておけば、別のタイミングで助けてもらえる機会があったかもしれない。別の人紹介してもらえたかもしれない。それをしないで断られることを勝手に想定して、パンクしてりゃ話しにならない。

<参考過去記事>
苦しくてしんどいなら、心を開いて誰かに頼ればいい。支えてくれる人は必ずいる。想いを言葉にすれば支えてもらえる。

そもそも、なぜ断られるのが嫌なのか。

自尊心が傷つくような気がする、自分を否定された気がする。等々、理由はまあいろいろあると思いますが、要するに本質とは関係のないことを気にしているからですよ。

本質はカンタンなことで、頼みごとお願いごとを受けるか拒否るか。ただそれだけのことでしょう。そこの自尊心だの自分がどう思われるかだの関係ないこと。相手だって回答する際に、そこまで考えることなんてない。

受けられれば受けられる。受けられなければ断る。ただそれだけのこと。あなたも誰かに頼みごとされたときに、いちいちその人の人間性否定したろうなんて考えないでしょ。できるものはできる。できないことはできない。ただそれだけ。

ならば、別に断れるのを恐れる必要も、NOと言われることを嫌がる必要もない。頼みたいことがあるなら頼めばいい。力を貸してほしければそうお願いすればいいだけのこと。

■断るも断られるもお互いさま

断られる、NOと言われる。でもそれ別に人間性を否定されてるわけじゃない。なので断られることを恐れる必要もない。そして断られたことで凹む必要もないんです。

そんなことで人間関係壊れることありませんし、そんなことで壊れるような人間関係だったらむしろ最初から無いほうがいい。

それに、NOならNOではっきり言ってもらったほうが、お互いはっきりするし次の手を考えられる。凹んでいるより次に進める、次の手を考えられるラッキーチャンスと捉えるべきでしょう。ガン無視でスルーされるより1億倍マシですよ。

それと、上でも少し言いましたが、自分が依頼されたりお願いされたときのことを、想像してみればいいんです。そのときに思うのは、力になれればなるし、なれないことはなれない。それだけのことじゃないですか。

その人のことを嫌いだから、否定したいから断るわけじゃない。断って相手の顔を潰してしまうんじゃないか、それで嫌われてしまうんじゃないかと、逆にこちらが気を遣う。その上で無理なものは無理。

誰だって頼まれれば引き受けたい。力を求められれば力を貸したいと思ってるし、自分に声をかけてくれたことを嬉しく思う。余程嫌いな相手なら別ですが、そうじゃなきゃ受け容れたい。皆思うし僕も思う。その結果の断りなんです。

だから断られてガックリ凹んでる場合じゃない。断れるのを恐れている場合じゃないんです。声かけられて嬉しいし、頼まれると喜ぶんです。でも仕方なく断っているだけ。お互い全然気にするようなことじゃない。

まあ世の中には、心の中でNOと思いつつも、なかなかそうもはっきり言えないこともある。あえてはっきりさせないほうがいいこともある。なので、そこは空気を読めばいいだけのこと。

<参考過去記事>
すべてに白黒はっきりつけようとするから疲れる。全部を決める必要はない。曖昧なことがあってもいいじゃない。

一方で自分が断る場合のときも同じこと。別にあなたがNOと言っても、あなたが相手の求めを断っても、相手にしてみりゃ、そりゃ残念だけどしょうがない。他を当たるのでまたの機会に。で終わりですよ。

NOと言ったら嫌われる。断ったら相手が傷つく。そんなこと気にして嫌々協力されるほうが、相手にとっては逆に気を遣うだけで困りますわ。むしろあっさり断ってもらったほうが、お互いにとって楽でしょう。

無理は無理で素直に断る。そこに余計な気をまわすからストレスになるし疲れるんです。だいたい、そのくらいでこっちを嫌うような器の小さい相手なら、長く付き合ってもロクなことありませんしね。

頼んだり頼まれたりはお互いさま。同じく断ったり断られたりもお互いさまですよ。そこ割り切れるから、お互いが余計な気を遣うことのない、自然で安心できる関係ができるってもんでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事