大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

潜在意識に描かれたイメージには、それを現実化させようとする力がある。小さなことにイライラせず、自分のイメージに集中しよう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

潜在意識に描かれたイメージには、それを現実化させようとする力がある。小さなことにイライラせず、自分のイメージに集中しよう。

■良いことも悪いこともイメージの結果

思考は現実化する。自分が心に思い描いたことのすべては、現実の社会に反映されるもの。

小川健次Blog

それがその人にとって良いことなのか悪いことかに関係なく、現実に起こっていることは、すべて心の鏡ですよ。


いやまあ、すべてとはいえ、世の中には不可抗力の事故や天変地異のような、人の力の及ばないこともあるでしょう。が、そういう例外除けば基本的に思いの結果が今の現実。

まあ言ってみれば、あらゆる結果の責任の帰するべきところは、自分の心にあるということですな。それに自分でそれを認めてしまえば、自分が物事の捉え方や考え方を、ポジティヴに転換すればいいだけだから、話しも早い。

あの人に愛をこれだけ注いで、あの人から愛を注がれるイメージしているにも関わらず、あの人はちっとも愛を返してくれないじゃないか。ふざんけな。注いだ愛を返してよ!思考なんか現実化するもんですか!

だから、それがまさに思考が現実化した結果ですよ。それ「あの人」は悪くない。原因は自分でしょうよ。愛を注いでいると言ってみたところで、それはホントに愛なのか。心のどこかで電卓叩きながら、見返りばかりを期待する考えがなかったか。

現実に反映されたのは、お互いが心のどこかで電卓叩く関係なんです。あなたが見返り求めるように、相手も見返りを求める。それが一方の人からは馴れ合いかもしれなくて、もう一方の人からはお金なのかもしれない。つまりはお互いそこに愛がない。

思いが現実化しない。いや違う。思いが現実化しないという思いが現実化しているだけのこと。ならば思い方を変えればいい。思いの度合いをより強くすればいいだけ。

それこそ、その思い方や思いの度合いによって、自分自身がそのとおりに思考し行動できるようになるほどに強く、ホントにそうならないと悔しくて納得できなくてしんどいほど強烈に。

いずれにしてもスタートはまず自分の思いにあるということ。結果がどうあれ、その原因のほとんどは自分の心にあることを、認めることからですよ。認めてしまえば、あとはそれ変えればいいだけのことだから。

<参考過去記事>
自分に弱さがあってもいい。足りないところがあってもいい。それを認められば、できることはいくらでもある。

すると他人の言葉が何を言うか、周囲で何が起こるかなんて、いちいち気にならなくなるし、余計なイライラもなくなりますよ。

だって他人の言葉や周囲のことそのものは、どうにかすることできなかったとしても、自分の心はどうにでもなる。自分で自分をコントロールして意味づけと解釈を差し替えれば、心に余裕が生まれるんです。

■原因を自分に求めるから心の安寧が得られる。

起こった事態に対して、その責任を自分以外の他者や、周囲の状況環境に求めて、いちいちイライラするってのは、自分の心を掌握していない証拠ですよ。

自分の思い通りにならない、期待通りじゃない。でもそれも含めて自分の心に原因がある。それも含めて自分の心で描いたイメージが現実化されたもの。だからイライラして状況に文句言ったり、他人を責めてもしょうがない。

一方で自分の心なら自分で変えられる。すべての責任が自分にあると思えれば、自分のものの見方や捉え方を変えればいいだけだから、他人のことや周囲のことは気にならないしどうでもよくなる。

とはいえ、あまりに達観してて、平然としすぎてるのも、ある意味ではどうかと思いますし、あまり自責に囚われすぎて心が折れるのも問題なので、ここは適度に責任転嫁やスルーするなどのバランス取るのも必要不可欠。

どんな結果であれ、その原因は自分の心にある。そして自分の思考と行動の原因は潜在意識に対して、日常的にどのようなイメージを描き送り続けているか、ということに尽きるのかもしれません。

そしてそれさえ認めてしまえば、少しばかりうまくいかないことで右往左往することもない。だって自分の心をを変えればいいだけだから。

目の前で起こった現実そのものは変えられない。でもその意味づけと解釈は変えられる。そしてその現実を踏まえて、これからの未来へのイメージの描き方を変えれば、未来の現実も変わるということ。

今は過去の結果であると同時に、未来の原因でもある。ということは、今この瞬間に何を考え何をするかによって未来を変えていくことができるということ。それは自分の心に描くイメージ次第。

<参考過去記事>
できるイメージが描けると、思考は現実化する。できたイメージから逆算して行動を変えると、やる気が高まる。

思い通りの結果が出なかったとしても、それさえ自分の心の原因であるというこ。だから他人を責めたり状況を悲観するのではなく、自分の心の状態を変えればいいんです。イメージを変えればいいんです。

ホントに自分の体が動き出してしまうほどに、心から確信めいた鮮明なイメージが描けると、それは必ず現実化しますから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事