小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ひらめきは、潜在意識に蓄積されてきた知恵の声。現実をありのままに受け容れると、直感が望みの結果を引き寄せる。

人気記事一覧



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

【お知らせ】小川健次メールマガジン未着の件について

無料配信中の小川健次メールマガジンにつき、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった場合は以下ご参照ください。

<1>i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど、各種携帯用のアドレスで登録されていると、未着になることがあります。
<2>gmail.com、yahoo.co.jp、icloud.comなどのフリーアドレスの場合は、迷惑メールフォルダに入っていることがあります。
つきましては、同様の現象が起きている方は、
    1)指定ドメイン riezonjapan.com の着信許可設定をする
    2)PC用のアドレスで再登録する
    3)迷惑メールフォルダを確認する
などのご対応をお願いいたします。
引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

ひらめきは、潜在意識に蓄積されてきた知恵の声。現実をありのままに受け容れると、直感が望みの結果を引き寄せる。

■現実逃避は直感ではなく妄想

さんざん頭を悩ませても答えが出なかったことなのに、突然ピーンっと降って湧いたように問題解決のヒントが生まれることはある。

小川健次Blog

その手のインスピレーションやよるひらめきというやつは、大きな気づきや発見になる場合もあれば、袋小路に追い込まれた現状を打開するきっかけにさえなることもある。


あれこれ考えに考えて、苦労に苦労を重ねていたことなのに、ちょっとしたきっかけ、些細なヒラメキによって事態がガラリと好転した経験の一度や二度は、誰にでもあるもんでしょう。

とはいえ、ひらめいたところで、現実社会の中でそれを活かさなければ、何もヒラメいていないのと同じこと。そのまスルーしてしまえば、ヒラメキなんてもんは、すぐに泡になって消えてなくなるものですよ。

答えというのは、自分の心の中にある。その心の声であるインスピレーションというやつは、自分の潜在意識に蓄積されていた知恵の一部。ならばその知恵は使うに越したことはないでしょう。

だとしても、全ての場面でインスピレーションに従うことが適正かといえば、そんなこともないのでちょっと待て。

まずは考えられるレベルで考え切る。やれるレベルで全部やる。目の前で起こっている現実の出来事を、客観的かつ冷静な事実として把握し受け容れる。

そこすっ飛ばしてインスピレーションだの直観だのと言ってみたところで、単なる思い付きの妄想レベルに過ぎませんよ。そんなもんに従ってみたところで痛い思いをして終わり。

お釣りを渡してくれるときの、コンビニ店員のあの娘の笑顔にビビッときた。彼女は僕を好きに違いない。この直感に従って、付きまとって自宅まで尾行してやれ!って、んなもん110番されるに決まってますわ。

ビビッと来るのもいいが、そもそも彼女はお前のこと知らねーし、ロクに会話もしてなきゃ、相手にしてみりゃただの客。まずその現実を受け容れて、その上で具体的にどうすることが適切かを考える。そりゃ当たり前のことですよ。

憧れの上司に挨拶をしたら気のない返事。これは私は嫌われてる。そう直感でビビッときた。だからあの人の下では仕事できないし、査定も下げられるに決まってる、もう会社辞めたい。

って、こらこら。気のない返事をされたとしても、そこにどんな理由があるかを考えることでしょう。単にムシの居所が悪かっただけかもしれない、体調悪かっただけかもしれない。ある一面だけを見ての直感なんて憶測と妄想ですよ。

それこそ、縁ある大切な人との出逢いってやつは、現実を客観的かつ冷静に直視して受け容れた先に、生まれたりするものでしょう。

<参考過去記事>
出逢った瞬間の、心震える直観に従えばいい。魂が共鳴し合える人との関係が、毎日に潤いと安らぎをもたらす。

直観的に考える前に、その良し悪しの判断の前に。まずは起こっていることを、起きた事実を事実としてありのままに捉える。楽観視するのも悲観視するのもちょっと待て。

■論理的に考えつつ直感に従う

そもそも物事に良いか悪いかなんて存在しない。良いか悪いかを選択する心の動き、その心の動きを司る潜在意識のクセがあるだけのこと。

それがつらく悲しいことなのか、嬉しくて心躍ることなのか。ビビッときた直感だからといって脊髄反射で反応する前に、まずは事実を冷静かつ客観的に受け入れることですよ。

だからこそ、事実を事実としてありのまま受け入れた上で選択したって遅くない。というよりその順序でなければ物事見誤ることばっかりですわ。

誰でも多かれ少なかれ先入観からの支配からは逃れられない。最初に感じた印象で物事をネガティブに捉えてしまえば、すべてを悪いほう悪い方へと解釈しはじめる。だから最後もネガティブな結果になる。

じゃあポジティブならいいかと言えばそれも違う。やたら楽観視して足元見失ってすくわれる。注意するべきことを怠って結果が出ない。心だけ前向きなのになぜか空回り。

まずは良いも悪いもない。そこで起きたこと、そこでの事実をまず把握する。そして受け入れた上で、自分が進むべき方向に向けて、どうすれば良いかを積極的かつ建設的に考える。そしてできることをやるんです。

ありのままの事実を基に、冷静な思考と現実的な行動の積み重があるあるからこそ、インスピレーションで正しい答えが導き出される。だから問題解決のためのヒントがビビッと降りてくる。

インスピレーションやひらめきというのは潜在意識からの心の声。だからそれに従うことはいい。そこにヒントもあれば答えもある。でもそれは妄想の類じゃなく、正しい情報をもとにしたインスピレーションに従うということ。

その上でポジティブに考えポジティブな言葉を発すればいいんです。

<参考過去記事>
最初にポジティブな言葉を発すると、ポジティブな結果が生まれる。最初にネガティブな言葉を発すると、何も生まれず老化が進む。

物事をまず冷静かつ客観的に、ありのまま見ることですよ。良いも悪いもないんです。起こっている事実をもとにのみ考えれば、憶測や妄想で感情的になって右往左往することもない。だから直感を信じられるし従える。

直感とは絵空事の妄想じゃない。あくまでも潜在意識が導き出す現実的な問題解決の方法なんです。だから今ある状況も事実に則していなければ、まるで噛み合わないしせっかくのインスピレーションも活かせない。

現実を正しく洞察する力と、潜在意識からのヒラメキ。この両輪をうまく廻すことができれば、ほとんどの問題は解決できる。

そして、結果的に自分が望むものを、その手に引き寄せることになるってもんですわ(^。^)y-.。o○

【潜在意識が導き出す直感に従って問題解決するには】

■<年内確定版>全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2016年2月まで一部追加・更新しました。
https://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。