大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

決断してやるべきことに集中すると、不安や迷いが消えてなくなる。できないことを夢想するより、できることを今すぐやろう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

決断してやるべきことに集中すると、不安や迷いが消えてなくなる。できないことを夢想するより、できることを今すぐやろう。

■決断していないから他人の言葉に心がザワつく

これといった理由はなくても、その場そのときその状況によって、気分が上向いてたり下向いてたり、機嫌が良かったり悪かったりすることはあるでしょう。

小川健次Blog

そりゃまあ怪我や病気などの問題で、心が落ち込むこともあるかもしれない。生きてりゃいろいろあるというもの。


でもそれらは、基本的には自分の問題。自分の心と体の問題だから、それなりのプロセスは必要だとしても、自分で何とかできるもの。というより何とかするしかない。

一方で、自分以外の周囲の出来事。あれやこれやと日常で起こる出来事。周囲の他人が発するいろいろな言葉。これに気分を上下させられたり、機嫌の良し悪しを左右させられたりするほど、バカバカしいことってのもありませんわな。

ましてや、周囲の出来事や他人の言葉に振り回されて、自分のやるきことに手がつけられない。掴めるチャンスを手放してしまうってのは、もう最悪でしょう。

だってそれってまったっく何の利益にもならないことだから。周囲で起こることや他人の言葉は、少なくともその場では自分じゃどうにもできないことだから。

だから本来は華麗にスルーが基本中の基本。

でもね、そもそもそういう、気にしてみたり聞いてみたりしたとこで、現実の自分にとっては、まるで利益をもたらさないことに振り回されるってことは、本来自分が集中すべきことに集中してないって証拠でしょう。

決断してないんです。やろうと思ったことをやると決めてない。心のどこかに隙がある。

心に隙があるから、他人の意見や顔色が気になって右往左往。周囲の状況環境に右往左往。でもそれ気にしても他人も周囲のことも自分はどうにもできない。自分がコントロールできるのは自分だけ。

<参考過去記事>
自分で決めて自分で責任を負うから、毎日が好き勝手やれて面白くなる。他人の意見や顔色ばかりを気にしていると、つらくて泣きたくなる。

本当に決断して、集中していれば目の前にある、自分がやるべきことをやることに集中するはず。それ以外のことはどうでもいいし気になりませんよ。

ましてや周囲の状況環境に応じて、心が上向いたり下向いたり、機嫌が良くなったり悪くなったりなんて、心に波風立つことだってないんです。

だから、もし他人の言葉に気を取られたり、周囲の状況に目が向くようなことがあれば、あらためて自分自身に問いかけてみればいいんです。本当に決断しているのか。本当にやるべきことをやると決めているのかと。

■決断して集中すると不安も迷いもなくなる

気にしてもしょうがないこと気にしたり、どうにもならないことをあれこれ考えて、それこそ不安や迷いを感じることがあれば、まず目の前のことを集中してやればいい。それも今すぐ。決断してすぐやるんです。

だいたいね、僕たちは誰であれ、できることは現実的には限られてる。たかが知れてるんです。

そりゃ原則論としては可能性は無限大。決断してやると決めればできますよ。でもそのためにも今できることは現実的に限られてる。1がいきなり100にはならない。100にしたけりゃまず1を2にするんです。

周囲で何が起ころうが、誰が何を言おうが、それこそ不可抗力の事故が起ころうが、自分が進もうと思った道を進むうえで、選べる選択肢なんてのは、目の前の現実に照らし合わせて自分ができることしかないでしょう。

その限られた選択肢の中で、もっとも効果的と思われるものに優先順位をつけた上で、一つ一つ真正面から取り組む。それはいつでもどこでもどんなときでも同じこと。

周囲が何を言うとか、状況環境がどうのなんてのは、ホント言えば自分の心に波風が立つ理由にさえならないんです。要するに自分で言い訳にしているだけなんです。

だから、現実にはどうにもならないことに文句を言ってみたり、できもしないことを夢想してみたりする。もしも、仮に、なんて考えてもしょうがないことを、いつまでも言ってるから結局先に進まず、同じところで停滞することになる。

結果、自分が決断してないことを棚に上げ、あいつがどうの、状況環境がどうの。そんな不満と不安に心を支配され、イライラ募るは、ムカムカ沸き起こるわ、モティベーションも下がりまくりの悪循環。

そんなこと言ったり考えたりしているなら、まずは自分の目の前の問題解決をすればいい。やるべきこと、やると決めたこと、そして今できることをやるんです。ごちゃごちゃ言わない。あれこれ言わない。やればいいんです。やれよ。今すぐ。

決断する。そして集中して目の前に取り組む。すると周りのことは気にならない。聞こえないし、聞きたいとも思わない。不満や不安ともさようなら。やるべきことを、どうすればもっとうまくできるかという積極的な思考に切り替わる。

気分の上向き下向き、機嫌の良し悪しもない。フラットな心、心地よい精神状態で集中してやるべきことがやれるようになる。未来への鮮明なイメージも描けるから、より迷いなく行動できるようになる。

<参考過去記事>
潜在意識に描いたイメージに従えば、納得できる決断と行動が生まれる。行き当たりばったりの焦った判断からは、後悔ばかりが生まれる。

まあ人間である以上、心が揺れることは現実にはあるかもしれない。それでも揺れをコントロールすることはできるし、揺れ幅だって小さくなるってもんですよ。

それに何よりあれこれごちゃごちゃ言いながら、結果何の成果も生まれないで過ごす一日よりも、集中してやるべきことやって、成果を生み出して過ごした一日のほうがよく眠れるってもんでしょう。

決断して集中すれば、結果的に心の安寧が得られる。ストレスや不安、そして不満とは無縁の日常になるってことですわな(^。^)y-.。o○

【本気でやるべきことをやるための、心のスイッチを押す方法】

新年2016年1月9日(土)~11日(月祝)3日間合宿
小川健次セミナー(講師/小川健次)
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事