大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

想いを素直に言葉にすると、人間関係が心地良くなる。うまく話すことばかり気にすると、人間関係が不安で苦しくなる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

想いを素直に言葉にすると、人間関係が心地良くなる。うまく話すことばかり気にすると、人間関係が不安で苦しくなる。

■上手く話せるかより、素直に話せるかが重要。

思うことや言いたいことがあるならば、言葉にすればいいだけのこと。そこであれこれ考えるから、言いたいことや思うことが言えなくなる。

小川健次blog

どうすればうまく言えるか、綺麗に話せるか。そんなこと考えてみたところで、うまく言えたり綺麗に話せるってもんでもないでしょう。


よほどの人は別にして、普通は誰だって、そんなに優れた話術なんか持ち合わせてなんかいませんよ。

仕事上、営業上はペラペラうまく話すことができる人だって、プライベートの場ではそれほどうまく話せるものでもないでしょう。僕だって営業上はペラペラ喋りますが、プライベートではそんなに話せませんよ。

聞く側にしたって、話しが上手いかどうかで、その人への信頼度が決まるものでもない。

にも関わらず、なんだかよくわからない小手先テクニックを駆使すれば、上手に話せば相手を説得できると思ったり、小奇麗に話さないと相手からの評価が下がるんじゃないかと思うから、話す前にいろいろ考えてしまう。

そうやって本題とは関係ない、本当に伝えたいと思ってることが結局何も言えなくなる。

せっかくあれこれ考えたのに、結局言おうと思ったこと、伝えたいと思ったことの半分も言えない伝えられない。

あのね。言っておきますが、どんなに綺麗な言い回しをしようが、上手い話術を駆使したところで、嫌われる人からは嫌われる。わかってもらえないことはわかってもらえない。逆に好かれる人からは好かれるってもんですよ。

だから何かを言う前に、いちいちあれこれ考えない。うまく話そうとか綺麗に言おうとか考えない。思ったことを自然にそのまま言葉にすればいいんです。

もちろん場面によっては言わないほうがいいことだってある。言われたことにムカついて、あー言われたからこー返すみたいな脊髄反射での発言なんかしないほうがいい。そんなのは当たり前だから、あえて気にすることなんかないですよ。

<参考過去記事>
感情に流されて発する一言に注意しよう。自分を見失わなければ、お互いを傷つけ合うことはなくなる。

どうも言葉につまる。言いたいことが言えてない。伝えたいことが相手にこちらの思ったほどに伝わっていない気がする。そう感じることがあるならば、話し方云々の前に見直したほうがいいことがある。

発する言葉に慎重になりすぎていないか。相手に嫌われないように言葉を選びすぎていないか。うまい言い方で相手をコントロールしようとしていないか。

そんなもん気にしなくていいんです。全部ゴミ箱に捨てちまえばいいでしょ。思ったこと、言いたいことを自然に口にすればいい。それだけで言いたいことは言えるし、伝えたいことは伝わるから。

■言えない理由は他人じゃなくて自分にある

誰だってそうなんでしょうがね。人間関係がうまくいっているときというのは、それほど自分の言葉を意識せず、思っていることを素直に表現していていることのほうが多いものでしょう。

逆に、いまいちうまくいかず、なんだか心が通い合ってる感じがしない。なんだか不思議とストレスを感じる。そんなときってのは、あれこれ考えて計算しながら、何かを言おうとしていることが多いもの。

自分は言いたいことを言いたい。でも相手のせいで緊張して、言いたいことが言えなくなっている、と感じることもあるかもしれない。それね、全然関係ないですよ。

だってそれあなたの勝手な思い込みだから。

その相手があなたに言いたいことを言うな、と言ったんですか? 言いたいこと言ったら罰せられるんですか? んなことぁないですよ。

むしろ相手にしてみれば、言いたいことを言ってほしい。思ってることを言ってほしい。気持ちを教えてほしい。そう思うものじゃないですか。逆の立場で考えてみればあなただってそうでしょ。

そうやって何の根拠もないのにビクビクしてしまうから、ますます萎縮してもっと言葉が出なくなる。その状況を何とかしようと、また言葉をあれこれ考えるから、さらに言いづらくなるという悪循環。

言いたいことが言えない理由に、状況や環境、それこそ相手はまったく関係ない。言えない理由や雰囲気を作ってるのは自分。言いたいことを言えない、言っちゃいけない、その思い描いている自分のイメージなんなんだから。

いつもはあれこれ言葉を選んでしまうようなときに、今日は思ったことをそのままストレートに言ってみる。いつもは場の空気を感じで言わないでいることを、あえて今日は言ってみる。

実際に言ってみればわかりますって。思ったことそのまま言葉にしてみたところで、実は何も変わらない。相手は引くこともないし、雰囲気がおかしくなることもない。

それで嫌われることなんかないですよ。むしろ、お互いの想いがわかりあえてすっきりする。不要な誤解もなくなるし、信頼が高まる。だいたいそんなことで嫌われるなら、とっくの昔しに嫌われてますって。

<参考過去記事>
断られることを不安に思わず、頼みたいことは頼んでみよう。NOを恐れるよりも、何も言えない関係になることを恐れよう。

あれこれ考えずに、思ったことを口にする。それだけで想いは自然と伝わる。小手先テクニックも小綺麗な言い回しも必要ない。だから肩の力を抜いて自然に言葉にすればいい。だから相手とも自然に対峙ができてストレスもなくなる。

まあどんな小綺麗な言い回しや、優れた会話術があろうとも、最後は人として好きか嫌いか。尊敬できるかできないか。そっちのほうがよっぽど重要ってことですわ(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事