小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛され満たされていると思えれば、さらに愛され満たされる。失うことへの不安と不満を捨て、日常に溢れる幸福を実感しよう。

人気記事一覧



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

【お知らせ】小川健次メールマガジン未着の件について

無料配信中の小川健次メールマガジンにつき、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった場合は以下ご参照ください。

<1>i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど、各種携帯用のアドレスで登録されていると、未着になることがあります。
<2>gmail.com、yahoo.co.jp、icloud.comなどのフリーアドレスの場合は、迷惑メールフォルダに入っていることがあります。
つきましては、同様の現象が起きている方は、
    1)指定ドメイン riezonjapan.com の着信許可設定をする
    2)PC用のアドレスで再登録する
    3)迷惑メールフォルダを確認する
などのご対応をお願いいたします。
引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

愛され満たされていると思えれば、さらに愛され満たされる。失うことへの不安と不満を捨て、日常に溢れる幸福を実感しよう。

■ブレーキではなくアクセルを踏む足に力を入れよう

人間のできることってのは有限で、人は皆死ぬという前提で考えてみれば、できることも手に入れられるものにも限度があるってのはすぐわかる。

小川健次Blog

死ぬまでの限られた中で手に入れられるもの、体験できるもの、そして実現できるものはキャパの大小に違いはあっても、限度があるという意味では皆同じ。


だから、ときに何かを得ようとするならば、時に何かを代償として差し出さなければいけないこともある。その手にさらに抱えるには、その手に持つ何かを手放なきゃいけないこともある。

でもね。そこで失うもの、手放すものにばかり目を向けてしまえば、誰だって臆病にはなりますよ。

今まで積み上げてきたもの。これまでその手の届くところにあったものが無くなるのは、そりゃ嫌でしょう。つらいししんどいし悲しくなる。手放したくない、遠ざけたくない。

そしてそれを守ることに必死になる。ただただ失わないという消極的な思考と行動にエネルギーを注くことになる。ブレーキかけることに全力尽くしてるから、アクセル踏む足にまったく力が入らない。

あちこち気を使ったり、あれこれ思考を巡らせて考える、エネルギー使ってるのに、なぜだか前に進まない。なぜだか疲れるばっかり、ストレス溜まるばっかりで事態はまるで進展しない。なんだこりゃ。

そりゃそうでしょう。進むことにエネルギーを使ってるのじゃなくて、守ること、言ってみれば現状維持することにエネルギー使ってるんだから。

ならばもう少し、手に入れられる価値あるものに目を向けてはどうでしょう。

それがどうすれば手に入るか。それによってどんな体験を得られるか。それを実現するには何をすればいいのか。

そりゃ今失っちゃいけないこともあるでしょう。今守らなけりゃいけないことだってある。でも逆に、今そこまで力入れて守らなくたっていいことだってあるでしょう。捨ててしまったほうがいいことだってあるかもしれない。

守ることばかりに意識を奪われれば、必然的に臆病になる。前進することへの力が削がれる。そしてどんどん気持ちが消極的になる。大丈夫ですよ、今守らなくても縁があればまた手に入るんだから。

<参考過去記事>
縁があればまた会える。ホントに必要ならまた手に入る。今やりたいことのために、今不要なものは迷わず手放しても問題ない。

実生活は選択と決断の連続ですよ。自分の価値観や人生観に基づいて、優先順位に従って取捨選択の繰り返し。

そのときに、失うことにばかり、守らなきゃいけないことばかりに目を向けて、意識を奪われてしまえば、結局何も得られないだけじゃない。ホントに守らなきゃいけないことでさえ失うことになってしまうんです。

■失うことへの不安を行動を止める

よほどのことは別にして、ちょっと足りなくなった、少し欠けてしまった。それで人生に行き詰まりを感じてしまうほどの大事なんて、ホントはそうそうないでしょ。

変なところで完璧主義なんです。これが足りないと困る。これが欠けると不安。あれもこれもないとうまくいかない。

台所に豊富な調味料を用意して、結局使うのは醤油だけ。冷蔵庫にたくさんの食材買っておきながら、結局食べずに賞味期限到来。もったいなと思いながら、またスーパーで余計なもん一杯買ってくるんです。

そのお金で料理教室でも行って、そのエネルギーを料理覚えることに使いなさいよ。

ホントはもう充分手元にあるはずなのに。その手に持ち切れないくらい多くのものを持っているはずなのに。手放すのが不安。手元にないと嫌。

だから新しいことにチャレンジしたい気持ちはあっても前進できない。前進できる喜に目を向けず、失うことへの不安と恐ればかりを考えるから。調味料そんななくても大丈夫。食材そんなになくても大丈夫だから。

もちろん貪欲に何かを求めるはいいことですよ。自分の欲求に素直になることは行動へのモティベーションになる。自分に欠けているものを満たそうとすること、足りないことを補おうとすることは大事なんです。

とはいえそれが満たされた後、単に守ることにのみエネルギーを注ぐことは、ヤル気の阻害要因にしかなりませんよ。

まず満たされていることに目を向けたらどうですか。自分はもう持ち切れないくらいいろいろなモノを持っている。そんな自分を認めてあげればいいじゃないですか。

満たされている、愛されていると思える感情は、潜在意識で満たされているイメージを形成するし、欠けている感情は、潜在意識で書けているイメージを形成するんです。それが結果的に日常の思考と行動に現れる。

<参考過去記事>
愛されていることに気が付けば、さらなる愛が引き寄せられる。身近にある愛を見逃さないよう、他人の気持ちに想いを巡らせよう。

そして今の時点で不要なものは切り捨てて、その空いたスペースに何を詰め込むか考えればいい。

欠けていること、失うことにばかり目を向けていると、ただただ守りに入る。奪われる恐怖と失う不安にとらわれて行動が止まる。いよいよ何も得られないから不幸度合いが加速する。そんな思いは捨てちまえばいいんです。

何事も、どんなときも、愛され、満たされている。そう思い確信してれば、さらに愛され、満たされるための行動が自然と生まれるってもんですわな(^。^)y-.。o○

■愛され、満たされたイメージを心に描き実現する方法
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
https://ogawakenji.com/seminar

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。