大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

出逢いの数も出会える人も、自分次第で決められる。心のフィルターを調節すれば、出会いの機会を思い通り作り出せる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

出逢いの数も出会える人も、自分次第で決められる。心のフィルターを調節すれば、出会いの機会を思い通り作り出せる。

■人間関係の状態は心の状態を現わしている。

それがどんな人であろうとも、身のまわりにいる人は自分の心の状態を現している。

小川健次Blog

積極的な心の状態のときには積極的な人が、否定的な心の状態のときは否定的な人が近づいてくる。


積極的であれ否定的であれ、それこそフラットな精神状態のときであれ、自分の周りにどんな人がいるか、自分の周囲にどれだけの数の人がいるかどうかは、自分の心の状態次第でしかないんです。

自分が逆の立場のときのことを、少しでも想像してみればいいじゃないですか。

積極的でヤル気に満ちている時に、いちいち否定的な返答をする人に声をかけたいと思うかどうか。気が滅入って落ち込み、否定的な気分でいるときに、テンション高く積極的な人に声をかけたいと思うかどうか。

それはつまり、心の波長が合う人であり、自分の波長を受け容れてくれる人。受け容れてくれそうな人でしょう。逆に言えば、相手のことを受け容れることができる人、認めることができる人の周囲には人が集まるということ。

会話術が長けているとか、性格が社交的かどうかということについては一切関係ない。

表面上は会話も巧く、社交的であるかのように見えながらも、周囲に人がいない人はいる。その逆に、社交的でなければ会話だって巧いわけでもないのに、いつも大勢の人に囲まれている人もいる。

そういう周囲に人が集まる人の共通項は、他人を受け容れてくれる人。認めてくれる人であるということ。

話しかけても嫌な顔をされることがない、いきなり拒否されることもない。まず話しを聞いてくれる、笑顔には笑顔で返してくれる。受け容れてくれる。認めてくれる。そういう人のことをわざわざ避ける人というのはあまりいない。

積極的か消極的かの心構えと同時に、人を受け容れる態度が見えているかどうか。そういう言動をしているかどうかによって、周囲の人も変わるというもの。

言ってみれば自分でフィルタリングしてるんです。それが意識的にか無意識的にかは別にして、自分で設定した心構えと態度というフィルターの調節具合によって、周囲の人が変わっているだけ。

緊張感の伴う価値ある関係も、傷のナメ合いもたれ合いの関係も、自分のフィルタリング次第でいくらでも変わるもの。

<参考過去記事>
【図解あり】お互いが主体性を発揮する、緊張感ある関係だからこそ価値がある

どういう人を受け容れようとしているか。そのフィルタリングに応じた人が周りに寄ってきているということ。

どんな人とでも気軽に仲良くなりたいと思っていれば、それは態度や雰囲気に出る。だから誰でも近づいていく。一方で、よほどの人となければ関わりたくない、そんな思いを持っていればそういう態度や雰囲気に出るものでしょう。

■どんな人とどう関わりたいと思うかによって、人付き合いは変えられる。

どんな人と関わっていたいか。どれだけの数の人と関わりたいか。それはその人次第。あくまでも自分で設定したフィルターに応じて決まるもの。どんな人と関わるかそれは自分でコントロールできるんです。

年収1億円以上で身長185センチ以上。イケメンで国立大卒で長男じゃない30歳以下の男にしか興味が無い。それ以外は寄ってこないで。と思っていれば、そういう人しか近づかないんです。それ以外の近づいてきてもすぐに勝手に去っていく。

もちろん、そういう人でも近づきたいと思えるくらいの魅力や条件が、自分自身に整っているというのが、当たり前の大前提ではありますがね。

それはそれでいいんです。フィルタリングがしっかりしてるから、関わる人も自然と絞れる。とはいえ、関わる人を絞るということは、その分の絶対数が減るのは必至。だから出逢う人数とのトレードオフを、どう折り合いつければいいかも考える。

要するに、対象を絞りすぎれば出逢う回数は減るのは当たり前。なのに出逢いがないって言ってもしょうがない。逆に出逢いの数だけ多すぎても時間の無駄。

だからそこは明確な目標とそのための計画。自分が目指すことのために、どんな人と関わりを持ちたいと思っているのか。そしてその人と関わりを持つにはどうすればいいのか。

条件面に限ったことではなく、日常の中での自分のライフスタイルについても同じこと。たくさんの人との関わりの中で生きたいのか、限られた人との関係のみにしたいのか。

その上で、たくさんの人との関わりを持ちたいなら、そう考えそう振舞うことですよ。上っ面だけそういう態度でいたって見透かされるし、心で思っててもそれを態度で示さなければ誰もわからない。

逆に、限られた人との関係だけを大事にしたいのに、なぜか人に近づいてこられる人は、関わりたい意思を持つことです。それを態度で示せばいい。その雰囲気は相手に伝わりやがて近づいてこなくなる。

どちらが正しいという話しじゃない。どちらが自分にとって好ましいと思えるか。どちらが自分にとって好ましいと思えるか。自分次第で出会いの数や、出逢える人は自由に変えられるんだから。

まあ、それでも最後の最後は、ちゃんと縁がある相手とは結ばれてしまったりするのが、また人生の不思議というか面白さなのかもしれませんが。

<参考過去記事>
本当に大切な人とは魂が縁でつながっている。落ち着いて心の声に従えば、その縁は必ず結ばれる。

いずれにしても、出逢いの数や出逢える人は、自分次第で決められる。小手先テクニックでどうにかしようとするより前に、自分がどんな人とどんな関わり方をすることで価値が生まれるかを、ちゃんと考えてみたほうがいいかもしれません(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事