大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

人に愛される話し方とは、誠実に想いを言葉にすること。口の上手さよりも、相手を尊重できる思いやりが、言葉に魂を宿らせる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

人に愛される話し方とは、誠実に想いを言葉にすること。口の上手さよりも、相手を尊重できる思いやりが、言葉に魂を宿らせる。

■なぜ上手く話せないのか。

言葉にしたいと思うことは、そのまま言葉にすればいいだけのこと。変に言い回しや表現について、あれこれ考えてから言おうとするから、うまく言えなくなるってもんです。

小川健次Blog

うまく相手に興味を持ってもらえる話し方をしたい。嫌われない言い方をしたい。そう考えるのはそりゃ誰でも普通。でもそればっかり考えてると、逆に何も言えなくなるってものでしょう。


何か言葉を発しようとする度に、いちいちこういう言い方しないと嫌われるんじゃないか。こういう順序や言い回しじゃないと変な人だと思われるんじゃないか。そんなこと考えてるから言葉に詰まるんです。

だいたいね。あれやこれやとうまい言葉を見つけ、小奇麗な言い方考えて、それをそのままスムーズに言葉にできるかといえば、そんなことないでしょう。言い慣れない言葉を言おうとして、むしろたどたどしくなって自己嫌悪。

せっかくあれこれ頭の中でいろいろ考えたのに、うまい言葉を言おうとしていたはずなのに、いざ話しをはじめてみたら、言おうと思ったことの半分も言えやしない。挙句の果てには全然関係ない話しをし出して、伝えるべきことすら伝わらなくなるんです。

当たり前ですがね。会話は一人でするものじなく、相手もあること。あなたが話すように相手も話す。

あなたの話しに対するレスポンスが、あなたの予想どおり期待どおりとは限りませんよ。予想外や期待と違う反応が返ってくることなんてよくあること。そのときに、事前にあれこれ考えすぎてると反応できない。まともに反応できなくなる。

だから言葉に詰まるんです。だから本来伝えたいことを伝えられないまま、うやむやになって会話が終わってさようなら。せっかく考えた会話の手順がまるで無駄になる。

そりゃまあ、ときと場合によっては、事前によく考えて、周囲の空気を読みながら慎重に言葉を選んで発しなきゃいけないこともあるでしょう。でもそのときは意識しなくても自然に慎重になる。当たり前のことだからいいんです。

そんな極論の話しは横に置いておいて、もっと日常的に、どうも自分の想いがうまく相手に言葉で伝えられない。言いたいことがうまく言えない。そう自覚することがあるならば、少しばかり自分を振り返ってみればいい。

言葉に慎重になりすぎて、先にあれこれ考えすぎていやしないか。相手に嫌われないように、言葉を選びすぎていないか。自分を大きく見せるために、日頃使わない言葉を無理に使おうとしていないか。

それにね、その場限りのとってつけたような言葉や、薄っぺらな小手先会話テクニックで、自分を飾ろうとか、相手を思い通りに動かそうなんていう、セコイ考えで発した言葉でどうこうしようとしたところで、うまくいくわけなんありませんよ。

薄っぺらすぎて相手に見透かされるだけ。それに結果に執着しすぎてるから、どんどん縁も遠ざかる。

<参考過去記事>
引き寄せの法則を使えば、恋愛でも仕事でも出逢いたい人に出会える。執着を手放すから、理想のパートナーとの不思議な縁が結ばれる。

言葉を発するときにあまり考えないことです。思ったことは素直に言葉に出せばいい。

相手にしてみりゃ、知りたいのはあなたの口の上手さ、トークスキルのレベルじゃないんです。あなたの思っていること、考えていること、あなたという人のパーソナリティを知りたいのだから。

■自分の言葉で話すから自分のことを伝えられる。

言ってしまえばミもフタもありませんが、会話なんて上手くたって嫌われる人は嫌われるし、口下手でも人から好かれる人は好かれるもんじゃないですか。

縁があれば結ばれる人とは結ばれる。縁がなければどんなにその場は盛り上がっても、最後は自然にさようなら。だから上手く話すことにばかりエネルギーを使っても、疲れるだけであまり意味ない。

だからこそ、中途半端に飾った言葉を発するよりも、そのままの想いを言葉にするほうが百倍伝わる。相手の魂を揺さぶる発話ができるんです。

ストレスを感じない関係ってのは、往々にして駆け引き抜きで、思っていることが素直に言える関係じゃないですか。逆にストレスを感じる関係は、小手先でいろいろ考えて電卓叩きながら、計算して話そうとするときだったりするもんです。

計算するからストレス感じる。しかも結果計算どおりにいかないともっとストレスになり、ますます話しづらくなる。言葉を発しずらくなるという悪循環。

相手の態度や姿勢をあまり気にしないことですよ。そこは勇気を持てばいいじゃないですか。相手はあなたの話しを聞くためにそこにいる。駆け引きで誤魔化さずに思っていることを言えばいいんです。

勝手にネガティブな解釈をしないことです。こう言わないと嫌われそうだ。この言い方だと怒りそうだ。勝手に相手を決めつけない。そんなネガティブな想いを抱くから、それが相手にも伝わって相手を身構えさせることになる。

まずはあれこれ考えることなく、言いたいことを言ってみればいいじゃないですか。思っていることを。伝えてみればいいんです。それで人間関係壊れませんよ。そのくらいじゃ嫌われない。もちろん相手を傷つける言葉は問題外。

まあ想いを素直に言って壊れる関係なら、どうせ近々壊れる関係だったんです。傷の浅いうちに壊れて良かったじゃないですか。

駆け引き抜きで思っていることを言葉にしてみたところで、実際はどうということはない。いつもと何もかわならい。相手の表情もその場の雰囲気も変わらない。むしろ素直に想いを言葉にできる誠実さを愛される。

ならば、あとは流れに従って話せばいいだけ。余計な計算がないから、自然に言葉にできる。言葉に窮することなく、スムーズな会話で伝えたいことが伝えられる。だから心が通じ合う。だからお互いストレスのない心地よい関係になれる。

<参考過去記事>
大切な人との関係は、真正面から向き合うほどに深くなる。素直に心の内を見せてしまえば、愛と信頼が引き寄せられる。

いちいち話し方についてなんか考えなくていいんです。綺麗に話そうとか、上手に言おうなんて考えなくていい。言葉で相手をコントロールしようなんてできないし、そんなこと考えてるときほど、ロクでもない結果にしかならないもんです。

頭の中で電卓叩いて話さない。小手先テクニックなんかいりませんから。相手を最大限尊重し、あとは想いを言葉にすれば、中途半端な会話術を勉強するより、よっぽど人に愛される話し方になるってもんですわ(^。^)y-.。o○

■想いを言葉で自然に伝えられるようになるテクニック
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://ogawakenji.com/seminar

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事