大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

傷つくことを恐れず、素の自分をさらけ出すから愛が近づく。傷つくことを恐れ、自分を守ってばかりだから愛が遠のく。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

傷つくことを恐れず、素の自分をさらけ出すから愛が近づく。傷つくことを恐れ、自分を守ってばかりだから愛が遠のく。

■駆け引きと計算ばかりが深手を負う原因になる。

人と関わっている以上、誰がどう意図するわけでなくとも、傷ついて痛い思いをすることはある。

小川健次Blog

傷は負っても癒えれば超回復で強くなる。その経験を通じて成長できる。そう思えれば傷を負うのはマイナスなことばかりじゃない。


負った傷の分だけ耐性上がって強くなる。その経験が糧になり未来に活きる。後になってみれば、あそこで傷ついたのも良い思い出。あんなこともあったねと、ビール片手に笑って話せるときがくる。

いや、そうは言っても、その場はイヤですよ。傷つくのは痛いし、わざわざしんどい思いなんかしたくない。できることなら傷つくことなく無難に過ごしたい。

まあ、特殊な性癖でも持ってなきゃ、傷つくのを避けたいと思うのは当然。それはそれでいいんです。とはいえ、それも度が過ぎればちょいと考えものでしょう。

傷ついたり痛い思いしたりするのを恐れるあまり、それを避けようとするあまり、本当の自分を覆い隠してしまう。言いたいことが言えなくなる。伝えたい想いを伝えられず、表情さえもぎこちなくなる。

そうやって、素の自分を出せないから、上っ面の駆け引きや、計算で人とコミュニケーションを取ろうとすることになるんです。

自分が傷つかないようにどうやって想いを届けようとか、自分が痛い思いをしないように、自分が恥ずかしい思いをしないように、どういう段取りを踏めば相手に振り向いてもらえるか。そんなことばかり考える。

つまりは、傷を恐れるばかりに、相手のことなど視界に入ってないんです。結局のことろ自分のことばっかり考えてるんです。大事なことは自分が傷つかないことで、そこに相手の想いや都合は入ってない。

そういう自分のことしか考えてない人の話しを、誰が聞きたいかってことですよ。そういう人の想いを誰が受け容れてくるのかってことなんです。

そんな人の話しは誰も聞きたくないでしょ。想いだって受け容れたくないですよ。あーこの人は自分が一番可愛いのね。こっちのことなんて全然考えてくれないのね。

だから話を聞いてもらえない。だから想いを受け容れてもらえない。傷つかないようにうまくやろうと、痛い思いをしないで愛を手に入れようとしたものの、結局のところ傷まみれのボロ雑巾。痛いばかりで得るものなくなるんです。

得たいものがあるならば、あれこれ守ることにばかを考えず、手放す勇気くらいは持つ必要があるってもんでしょう。

<参考過去記事>
手放すことを恐れるよりも、停滞することを恐れよう。勇気を持って手放せば、今まで以上の喜びと幸福が手に入る。

もちろん、人と人との関係である以上、駆け引きや計算、それこそ空気を読んでの演技も必要かもしれない。でもそんなの必要最小限。自分を守ることよりも、求めたい結果に対して素の自分を出せばいいんです。

傷つきたくないという自己保身からは何も生まれない。何も伝わらない。相手にしたって、自分のことを駆け引きや計算でどうにかなると思われれば、面白いとも信用したいと思わない。

■当たって砕けるから強くなる。

自分の心がどこかにあるのか、ちゃんと確認しておくことでしょう。自分はホントにその想いをその人に伝えたいのか。伝えることで得たい結果をホントに求めているのかと。

そこに確信を持てるなら、あとは自分に素直になればいいじゃないですか。駆け引きも計算も必要ないですよ。

単に自分が傷つきたくない、痛い思いをしたくないという自己保身を捨てて、素直な自分になってみる。相手の想いや都合優先し、その人の幸福のために言葉にする。想いを届ける。

相手だって信じて委ねられればそれを受け止めてくれる。信じれば信じてくれる。だからそこで初めてお互いが腹を割って話しができる。

そりゃ想いが届いた結果、傷つくことや痛い思いをすることもありますよ。でもそれってどんなときでも同じですよね。それに正し想いが届かないまま誤解をされて終わってしまい、もっと深手を負うよりずっとマシですよ。

余計な駆け引きや計算することにばかり気が向いて、ギクシャクするわストレスたまるわ、挙句の果てがボロ雑巾って、そんなん何もいいことありませんわ。

だったらドーンと素の自分で当たって砕けろ。いいんです。最初から当たって砕ける覚悟であれば、開き直っていられるから、傷を負っても治癒は早いしすぐ切り替えられる。そしてその経験が糧になる。

傷つくことを避けてばかりいても、耐性がどんどん下がる。ますます臆病になってしまう。だから不意打ち喰らったときに立ち直れないほどの傷を負うし、治癒まで時間がかかるし後遺症まで引きずるってもんでしょう。

どうせ他人の心は支配できない。ならば素の自分になってしまえばいい。自分を守ることより相手の立場を優先してあげればいいじゃないですか。

<参考過去記事>
他人の心を支配しようとしなければ、執着から解放され愛を引き寄せる。付き合い方を変えれば、大切な人との関係はグッと深くなる。

ビジネスのだろうが恋愛だろうが同じこと。自己保身の小手先テクニックの駆け引きしてみたところで、そんなのだいたい見透かされてる。手間をかけ遠回りしところで、期待どおりの結果が手に入らず深手を負うだけ。

傷つくことを恐れず、素の自分をさらけだす。ドーンと直球投げればいいんです。そのほうがお互いの信頼関係も深まってうまくいく。

自分の想いに素直になればいいじゃないですか。それで痛いこともあるかもしれない。だとしても、そのほうが望みの結果に近づく、愛を引き寄せる。駆け引きと計算だけじゃ、寂しいことにしかなりませんもんね(^。^)y-.。o○

■素の自分をさらけ出して愛を引き寄せる方法
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://ogawakenji.com/seminar

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事