大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当にやりたいと思うなら、それをやれる環境をつくればいい。進みたい道に障害物があるのなら、障害物のない道を歩めばいい。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

本当にやりたいと思うなら、それをやれる環境をつくればいい。進みたい道に障害物があるのなら、障害物のない道を歩めばいい。

■人は怠惰で楽をしたいと思うのが自然なこと

やらなきゃいけないことがある。それでも気持ちがそちらに向かない。集中できない。仕事がまるではかどらない。そんな気分のときはある。

小川健次Blog

自分を律しなければいけない。ここで止めておかないといけない。わかっちゃいてもブレーキ効かないこともあるでしょう。


そりゃセルフコントロールは重要だし、どんな場面でも自分で自分を支配できればそれがいい。とはいえ、そうはいかないこともある。そうなれない場面もある。

よほどの人なら、どんな場面でも自分を律することができるのでしょう。余計なことで心に波風たてたり、気分や感情で心揺さぶられたりすることなく、自分の道を進み続けることができるのでしょう。

でもね。ほとんどの人はそうじゃない。そもそも人間なんて怠惰なもんですよ。いかに楽して生きたいか。そんなことを優先して考える生き物でしょう。気分に左右されるし、感情にも揺さぶられる。放っておけば怠惰な自分に流される。

だからやるべきことをやれないのが悪いのじゃない。集中すべきときに集中できないのが悪いわけでもない。

人間誰でもそういう弱さがある。楽をしたい欲求、怠惰でありたい願望はあるんです。むしろそれが自然といえば自然なのかもしれません。だからそんな自分を責める必要もない。それはそれでいいんです。

もちろん、それらの怠惰な感情を押さえつけられる、強靭な意志を持てる人ならいいんです。どんなにサボりたい気持ちが芽生えても、その場で踏みつけて二度と生えてこないようにできる、鉄の意志があるならば。

でもね、そうじゃないなら、鉄の意思を持てないなら、怠惰な感情のある自分をコントロールするための、具体的な対策を講じる必要があるでしょ。

言ってみれば、怠惰であることが自体はいいんです。問題なのは、怠惰である自分をコントロールするための対策を講じない、講じようとしないことでしょう。やればいいのが解っているなら、やれるようにすることですよ。

要するに、そうならざるを得ない環境に身を置く。そうならざるをえない環境を自分でつくることです。それなら別に今のままでもすぐできる。特別な訓練だっていらないし、誰にだってできること。

その場そのときその状況に流されるだけではなく、どんな場面や状況であっても、流されないようにするための具体的な対策を環境として作ってしまえばいいだけのこと。

人間関係にしても同じことですよ。その場の出逢いに一喜一憂するのではなく、自分を律することができる状況環境を自分で作っておけば、感情に流されることなく、大切な人との関係だって深めることができるもの。

<参考過去記事>
【図解あり】信じるから縁ある人と結ばれる。疑念や不安は縁ある人を遠ざける。

人間は誰であれ、良し悪しに関わらず環境に順応するものですよ。当初はあれこれ思うことがあっても、慣れてしまえば順応できる。住めば都なんです。

ならばそういう環境に身を置けばいい。自分がそうならざるをえない、そうしたくなるような状況環境を作るのか、そういう人達ばかりがいる状況に、移るかすればいいだけのことでしょう。それなら誰でもすぐできる。

■自分を責める前に、環境を整備しよう。

サボりたいと思うこと、集中力が持続しないこと、強くなれないことが悪いわけじゃない。それは責めてもしょうがない。責めるべきはその対策をしないこと。しようとしないことでしょう。

ホントに集中したいと思うなら、集中力の妨げになるものはすべて排除すればいいじゃないですか。やらなきゃいけないと思うなら、やれる環境にすればいいだけのこと。

心を強くしたいなら、心を弱くする原因のあるものを断絶すればいいんです。

ついテレビを観てしまって集中できないなら、今すぐテレビは粗大ごみへ。ダイエット中なのについ食べてしまう自分に問題意識があるのなら、冷蔵庫を捨てるか、冷蔵庫の扉に鎖でもかけりゃいいんです。

なんとなく惰性で甘えてしまう人間関係があるならば、そんな関係とはさようなら。携帯のメモリは今すぐ全削除。住む場所変える、仕事を変える。惰性で甘えられないような環境に身を置けばいいじゃないですか。

いつもと違う場所に行く。これまで関わったことのない人と関わる。世界を変える。状況環境を変えればいいんです。今が自分にとって楽すぎるならば、楽じゃないところへ行けばいいだけ。

念のため繰り返し言いますが、別に自分自身を否定する必要はないんです。弱い自分がいるのはOK。怠惰な自分でいいじゃないですか。だけども、ときに自分を律する必要もある。そこで弱い自分に負けてしまうなら、負けない環境をつくるということ。

自分自身をより向上させるために、自分がやりたいことをやるために、最適な方法を考えるということ。そのための環境整備をするということですよ。

どんな場面での常に自分を律することができる強い人。あらゆる誘惑に打ち克ち、どのようなときも最初から最後まで意志を貫徹できる人はそうそういない。

だったら、そうじゃない自分のことをまず認める。弱い自分、サボりたい誘惑に勝てない自分のことも受け容れる。そこを無視して、俺は大丈夫、私はできてる。そうやって現実に対して目をつぶっても話しは先に進まない。

そういう自分を認める。自分の弱さも受け容れる。その上でその状況や環境をつくればいいだけ。自分にとって必要な環境に身をおけばいいだけでしょう。

<参考過去記事>
魔が差すくらいなら、魔が差す状況に身をおかなければいい。自分の弱さを自覚しておけば、些細なことで傷つかなくなる。

結局のところ、ホントの意味で強い人、何かを成し遂げるまで集中力を発揮する人ってのは、意志の強さ云々というよりは、その対策をしっかりと決断して行える人。そのために自分の弱さも認めている人ですよ。

自分の弱さに対して自己嫌悪に陥いるだけで、同じことを繰り返しているだけならホントに疲れる。それこそ、そんな自分が嫌になるだけ。その悪循環の堂々巡り。それを断ち切ったらどうですか。

デッカイ夢や目標掲げたり、そのための方法についていろいろ考えるのもいいけども、ますそれできる環境を作ることも大事でしょう。そしてそれは今日からでもできますわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事