大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛と感謝を言葉で発すると、愛と感謝が返ってくる。愛と感謝を言葉で伝えると、皆がハッピーになる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

愛と感謝を言葉で発すると、愛と感謝が返ってくる。愛と感謝を言葉で伝えると、皆がハッピーになる。

■発した言葉によってイメージが形づくられる

言葉を発すれば、その内容はどうあれ、それを耳にした人の心はもちろん、発した本人の心にも少なからずの影響を与えるもの。

小川健次Blog

言葉は心の中でイメージに転換される。イメージは潜在意識に影響を与え、思考と行動を司る。イメージにはそれを現実化させようとする力がある。

もちろん、言葉の一つ一つ、それぞれの単語に対する価値観は、皆それぞれ違う。時と場合によっても違うでしょう。同じ言葉でも、意味づけと解釈が異なれば、心に与える影響だってそれぞれ異なりますよ。

七輪の上で焼かれた特上牛カルビ。と聞けばヨダレが出る人がいる一方で、菜食主義者は嫌悪感を抱くかもしれない。お腹が空いてるときに聞けば、食欲増すかもしれないが、食いすぎて腹一杯の時に聞けば、逆に気分が悪くなるかもしれない。そういう意味での違いはある。

それら細かい単語レベル、状況環境レベルで言えば、言葉そのものによって生まれるイメージに違いある。とはいえ、根っこの部分で、相手のためのを想っての言葉かどうか、愛を込められた言葉かどうか。その印象そのものには単語の違いを問わず、共通のものを感じるでしょう。

言い方や単語の選び方に関係なく、この人の言葉には愛がある。この眉毛の人のメールマガジンには優しさがある。そういう想いは雰囲気を通じてても伝わってくるし、伝えられる。

言い方や単語の選び方に違いがあっても、あなたに向けて発せられた、ありがとう。愛してる。そういう主旨の言葉を言われれば、その人の想いを感じることができる。その言葉を言われて、この野郎! とブチ切れるシチュエーションなんてそうそうない。

同時に、そういう主旨の言葉を発する人の心だって、この野郎! と思ってなんかいないでしょう。いや、最初は少しくらいそういう想いがあったとしても、言葉を発すると微妙に変化が訪れる。発した言葉に従ったイメージが心の中に形づくられるから。

発した言葉、言われた言葉。それが双方の心の中で、肯定的なイメージとなる。潜在意識へのポジティブな影響となる。だからなぜだか気分が良くなる。そう言ってくれる人に好意を抱きたくなる。そう言った相手に興味が湧いてくる。お互いの心の距離がグッと近づく。

言った人は言ってるうちに自分の気分が良くなる。言われた人も言われているうちに気分が良くなる。だからお互いをもっと好きになる。感謝したくなる。力を貸したくなる。お互いがもっと一緒にいたいと思い合える。信頼関係だって深まっていく。

その人に向けて、愛や感謝を込めてた言葉を発することで、あなたが損することなんか何もない。失うことだってないでしょう。あなたの言葉一つで、身近な人が幸福になり、あなた自身の心も満たされる。得することしかないんです。

<参考関連記事>
身近な人の幸福のために力を尽くせば、理想のパートナーを引き寄せる。笑顔と幸福を皆で分かち合えるイメージは、現実化する。

だからと言って、適当に言葉にするだけ、何となく言うだけ。なんてのは言うだけムダ。発した言葉を相手の心に届けないと、意味がない。ちゃんと思いを込めて、相手の心と向き合って、言葉を届けるから意味がある。

そしてそれは、相手のために発するための言葉。見返りを求めて、つまらない駆け引きや小細工なんか不要ですよ。期待も見返りも求めずに、素直な想いを伝えればいいんです。それが相手の喜びになり、力になれば、結果的にあなたの心も満たされる。

■愛と感謝の言葉が愛と感謝を生み出す

身近にいる人や、大切な人はもちろんのこと、日常的な関わりの中で、あなたが愛や感謝を伝えたいと思うなら、それを真正面から言葉にして伝えればいいんです。

愛と感謝の想いを込めた言葉は、必ずその人の力になる。同時にあなた自身の力にもなる。

言えば、あなたも相手も幸福になる。お互いの気分が良くなる。些細な言葉一つでも、得られる力は無限大。その些細なことを、些細なことだからと言って、ついサボる。言わずともわかるだろ、と決めつけて言わない。だからポジティブなイメージが膨らまなくなる。

繰り返し言いますがね、あなたが発する言葉は、相手だけでなく、あなた自身の耳を介して、あなたの潜在意識にも入り込むんです。愛と感謝の言葉がイメージとして膨らんでいくから、あなた自身の思考と行動自体も、強化されていくんです。

最初は小さな愛や感謝の想いでも、それを言葉にしているうちに、あなたの心の中で、イメージとして膨らみだんだん強くなっていく。すると発する言葉の説得力も強くなる。やがて相手も、その想いを返してくれるようになってくる。

往々にして、多くの人から愛される人ってのは、関わる人に対して、愛と感謝の想いを言葉に込めているでしょう。その人に言葉をかけられると明るくなれる。自信がつく。だからもっと話をしたい。その人に自分も言葉をかけたい。そう思う。

自分から言葉に愛と感謝を込めて発するから、それが返ってきて自分も明るくなる。自信になる。するとますます多くの人に、愛と感謝を込めた言葉を発することができるようになる。その好循環が生まれてるんです。それもまずは言葉ありき。

ありがとう。愛してる。なんでもいいんです。言葉も表現方法もいろいろあるでしょう。そこは時と場合に応じて、自分で選んでくださいよ。大事なことは、あなたがその人に愛と感謝を伝えようとすることなんです。そして実際に伝えることなんだから。

あなたの身近な人、大切な人、関わる人に言葉を伝える。愛や感謝を言葉にして伝える。それだけでお互いがハッピーになる。お互いの信頼関係も深まり絆も強くなる。

相手の人がどんな人かなんてのは、この際関係ないんです。あの人がこうだから、ああだから。そんなこと言っててもどうにもならない。でもあなた自身の心のスイッチは、あなた自身で変えられる。あなたが発する言葉は、あなたが選べる。

<参考関連記事>
あなたの心のスイッチを切り替えると、心地良くなる。相手に心のスイッチを切り替えさせようとすると、ストレスで苦しくなる。

他人のしょうもない悪口言ったり、重箱の隅をつつくような、つまらない小言で攻撃したりしても、何も生まれるものはないでしょう。なら愛と感謝の想いを込めた言葉を発したらどうですか。ありがとう。愛してる。そのほうがよほど利益になる。

今日関わる人、今一緒にいる人たちに、まずは愛と感謝を伝えてみたらどうですか。そんなにあらたまって、大げさに言うようなことじゃないんです。いつもの会話に一言添えて届ける。それだけで、今日一日をお互いがハッピーに過ごせますから(^。^)y-.。o○

想いを伝える方法を学ぶ特別講座

『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事