大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人の幸福を優先するから、相手からも大切な人だと思われる。自分の幸福だけを優先すれば、めんどくさい人だと思われる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

大切な人の幸福を優先するから、相手からも大切な人だと思われる。自分の幸福だけを優先すれば、めんどくさい人だと思われる。

■手放して想いに寄り添えば返ってくる。

自分がそうして欲しいと思うこと。それをやってもらえれば誰だって嬉しい。自然と笑顔もほころぶものです。

小川健次Blog

そして、それをやってくれた人のことを好きになる。いや、好きになるまではいかないしても、少なくとも嫌いにならない。敵だとは思わない。


逆に言えば、自分がイラっとすること、ムカっとくることをやられれば、笑顔になる前にこめかみに青筋立つでしょう。こいつ私に悪意でもあるのかしら。そう思うし、そう思う相手のことは敵視してしまいがち。

動機は関係ない。悪意が善意かに関わらず、それをされた人は、それをされたという事実に基づいて喜んだりムカついたりするんです。

まあ言うまでもなく当たり前のことですがね、心地良くいたいし笑顔でいたいなんてのは皆思うこと。だからこそ、自分を心地よくしてくる人、自分を笑顔にしてくれる人とは、関係を深くそして長く保ちと思うもんでしょう。

だからその逆、自分の気分を悪くさせる人とは接したくない。関わりたくないし距離を取りたいと思うのは、ごくごく自然な心の動き。

ならば話しはカンタン。その人に受け容れてもらいたいと思うなら、その人が心から嬉しいと感じることをすればいい。その人が心からの笑顔になれることをすればいい。それだけのこと。

そして、その一方で、その人の気分が悪くなることをしない。その人が悲しい思いをしないこと、心が暗くなるような接し方をしないこと。

ほんの少しでいいんです。一息入れて考えてみる。自分がこれから発する言葉、自分がこれからしようとすることは、相手が嬉しいと思うことだろうか。笑顔になることだろうか。相手にとって価値あると思ってもらえることだろうか、と。

だからと言って、別に相手に媚びるということじゃない。意味なくご機嫌取る必要なんかはないんです。筋は通すべきは通す。その上で相手の心に寄り添えばいい。それでその場は険悪になったとしても、ホントに相手のことを想っていれば必ず伝わる。

<参考過去記事>
大切な人の心に寄り添うから、想いを言葉にできて信頼関係が深まる。自分を守ることを優先するから、何も言えずにお互いの溝が深まる。

だいたい、意味なく相手のご機嫌取ったところで、相手も嬉しいとなんて思わないですよ。せいぜい都合がいい女か便利な男扱いで終了さようなら。そんな関係から生み出される価値など何もない。

しかもそれって、相手のためじゃなくて自分のため。相手が喜ぶためじゃなく、自分が嫌われないように、自分が切られないように。そんな執着まみれの感情は、相手の心にも伝わりますよ。

■幸福のマッチングポイントを見つける。

ごく自然に湧き上がる、その人に喜んでほしい、その人に笑顔になって欲しい、そんな思いに従えばいい。そしてそれを実現するために、自分に何ができるか、何を言うべきか。そう考えればおのずと選択肢は絞られる。

そうしてあれこれ考えて、その人のために何かやってみたところで、喜んでもらえないこともあるでしょう。価値観なんて人それぞれで違うもの。そこでのすれ違いだって可能性はゼロじゃない。

だとしても、ホントに純粋なその人への想いに基づいての言動であれば、ちょっとくらい引かれたところで、嫌われることはありませんよ。上でも言ったように、それがきっかけで険悪になったとしても、必ずわかってもらえる。

もちろん、好んでわざわざ引かれたり険悪になる必要もない。だからこそ、常日頃からその人の気持ちに寄り添って考えること、その人の心に想いを馳せることは忘れない。それが大切な相手ならなおさらのこと。

そして同時に、自分自身がその人のために何ができるかも、しっかりと知っておくことです。できないことをあれこれ考えたってしょうがない。できることで力を尽くす以外にないんだから。

その人が求めているコト、その人が喜ぶことは何か、そしてそのために自分が何ができるか。そのマッチングポイントを外さなければ、お互いの関係がこじれることなんて実はそうそうないんです。

そこを無視して、ただ自分の寂しい心を満たしたい。自分が癒されたい。自分が楽になりたい。自分を優先で考えるから、マッチングポイントが見えなくなる。ただただ自分。そんなヤツの相手なんか誰もしないでしょ。めんどくさい。

人は自分が扱われたように人に接する。つまりは、あなたの接し方が、相手のあなたへの接し方を決めるんです。他人は自分の心の鏡。

自分を喜ばせてくれる。自分を笑顔にしてくれる。そんな人を邪険に扱う人などいない。そうされればそうしたくなる。あなたが誰かを喜ばせれば、その人もあなたを喜ばせてくれる。

その与え合える関係こそが、ホントに心から喜びを分かち合える関係というものでしょう。。お互いが余計なストレスや不安を感じることのない、自然で心地よく、それでいてお互いにとっての価値あるものを生み出せる関係。

<参考過去記事>
自分から愛を注げば、理想のパートナーとの出逢いを引き寄せる。お互いが心から幸福になれる関係は、与え合うことで育まれる。

その人が喜ぶこと、笑顔になれること。それはそんなに大それたことじゃない。メールや電話の一本入れる、辛そうなときに支えてあげる。日常の中のそういうことですよ。つまりは相手に寄り添っての気遣いというやつ。

小さなことでも積み上げてみることです。そうやって積み上げた大切な人への想いが、いつか雪崩のようになってあなたの上に降ってきますから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事