大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あの人のことを決めつけるから、苦しくなる。あの人のことをもっと知りたいと思うと、心地よくなる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あの人のことを決めつけるから、苦しくなる。あの人のことをもっと知りたいと思うと、心地よくなる。

■人の気持ちはわからない

あなたがこれまで生きてきて、その中で体験したこと、見聞きしてきたこと、その全てを人に語ることなどなんかできないでしょう。

小川健次Blog

あなたに毎日の生活があり、今日まで歩んできた道があるように、僕やあの人にも毎日の生活があり、今日まで歩んできた道がある。
そして、あなたと同じように、あなたと関わるすべての人も、これまで体験してきたこと、見聞きしてきたことのすべてを、人に語ることなんできませんよ。

僕だって、このブログや小川健次メールマガジン、おまけに各種セミナーや講演会を通じて、僕自身のことを、結構好き勝手にいろいろ話してますがね。それでも全てなんか語れるわけがない。いやまあ、語られても困るでしょうが。

あなただって、身近で大切な人に、すべてを話してるワケがない。別に秘密にしているワケじゃなくても、話していないことなんかいくらでもある。今日のランチは何だったか。隣の席の同僚と何回無駄話しをしたか。そのいちいちを話さないでしょ。

あなたにはあなたにしかわからない世界がある。それは外の世界の人はわからないんです。わかるわけもないし、わからなくていいんです。

にも関わらず、大して仲良くもないのに、あなたのことを何でも理解しているようなワケ知り顔で、あれこれ言ってくるような人がいたら、そりゃムカつくでしょ。こいつは私の何を知ってんだ? そういう思いに駆られるでしょう。

いや、仲の良い相手に対しても同じことです。どんなに身近で大切な相手でも、あなたのすべてなんて、そうそうカンタンに理解できない。

それは他の人でも同じこと。あなたが、日頃関わる人に対して、その人のことを何でもわかってる。すべてを理解している。そんな態度で接すれば、そりゃ反感持たれて当たり前。お前に何がわかるんだ。そう思われてウザがられるのがオチですよ。

これまでの人生を通じて積み上げた経験。その中で感じた思いや感情。そして背負ってる何か。そのすべては他人になんかわかりませんって。

親子や夫婦。数十年生活や苦楽を伴にした相手のことだって、完全にわかることなんてできない。そりゃ付き合い長い分、おおよそのことは理解できるでしょう。だとしても、最後の最後は誰も自分の世界の全てを、人に見せることはできないんです。

まあ、ホントに固い絆で結ばれた関係ならね、そもそもお互いの違いも理解し合えてますしね。解り合えないことはある、という点においての合意ができてるんだもん。

<参考関連記事>
違いを愛せる心の余裕が、大切な人を引き寄せる。全部を合わせようとしなければ、もっと楽に付き合える。

ホントはわかるはずなんかないのに、心のどこかで、勝手にその人のすべてをわかった気になる。わかるワケなんかないのに、私はあの人のことなら理解しているから。そうやって勝手に決めつける。それが、そもそものボタンの掛け違い。

結局そうなると、あなたの言うことやること、そのすべては、相手から見ると押し付けにしか感じられないんです。だからウザがられる。おまけに、喜んでくれるに違いない、そうしたあなた期待も裏切られてガックリくる。誰もハッピーじゃないでしょ。それ。

■あなたはあの人のことをわかってない

相手の気持ちを想像する。想いに寄り添う。気を遣う。そりゃ人間関係では当たり前。でもそれは、決めつける、ってこととは違うでしょ。

人生いろいろ。みんないろいろ。眉毛の太さもいろいろ。みんな違ってみんないい。会社の同僚だろうが、家族だろうが、彼氏彼女だろうが、みんな他人。そしてみんな自分の人生を生きていて、そのすべてを他人が理解することなんかできやしない。

ならば、あなたがすべきは、決めつけるよりも、知ろうとすること。理解しようとすることでしょう。

あなたの考え、あなたの価値観に基づいて、この人はこう思ってるに決まってる。この人はこうしたいに決まってる。そんな決めつけを前提に接するから、話がかみ合わなくなる。コミュニケーションに齟齬が生じる。だからなぜだかお互いイライラする。

もちろん、知ろうとしたからといって、その人の全てを理解できるかといえば、そんなこたぁないですよ。でもね、完全にはわからないという前提で、まずは、あなたがわかろうとするかどうか、その人の想いや事情を汲もうとするかどうか。そっちのほうがが大事でしょ。

そこそこの付き合いもある。お互いのこともだいたいわかってる。だからこの人はこういう人、だからこう言っておけばいい、こうしておけばいい。そんな勝手なラベルを貼ってしまわないことです。そのラベルに書いてあること、だいたい間違ってますから。

そうやって馴れ合いで思考を停止させるから、つまらないことで行き違いが生まれるんです。誤解が生まれて無用なストレスになるんです。あなたはその人のことを、まだまだ知らない。まだまだ理解できてない。だからこそ知ろうとすることに意味がある。

当たり前のことですがね、相手に敬意を払うこと。そしてあなたが謙虚でいること。つまりはリスペクト。まだまだ理解しきれない、その人の気持ちを謙虚に知ろうとするんです。

その人の言葉やふるまいの裏側に、その人の本当の想いは何か、それを汲み取ろうとして寄り添うことです。決めつけることができるほど、あなたはその人を理解していない。そんな謙虚さが、愛と思いやりのある関係をつくるというものでしょう。

<参考過去記事>
想いを伝えたいなら、相手の心に寄り添おう。相手を尊重すれば、お互いの心が満たされる。

謙虚さを忘れ、馴れ合いのまま、勝手に相手を理解したつもりになってしまうから、お互いがストレスになる。そのストレスが積み重なったときに、やがてどっかで大爆発して大惨事。そのときピーピー泣いてももう遅い。

ならばこそ、まずは、あなたが接する身近な人、大切な人に、まずは興味を持って関わってみることです。付き合い長い相手でも、あらためてその人を理解しようとしみてるんです。そんなあなたの心の動きが、お互いの心の距離をググっと縮めますから(^。^)y-.。o○

【引き寄せの法則の原理原則】

DVD愛とお金
販売決定記念キャンペーン実施中
5/22(月)まで。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事