大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ホメる人はホメられ、妬む人は妬まれる。うまくいかないときは、妬むよりホメるとうまくいく。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

ホメる人はホメられ、妬む人は妬まれる。うまくいかないときは、妬むよりホメるとうまくいく。

■嫉妬のエネルギーは何も生み出さない

頑張っているにも関わらず、期待通りの結果にならなくてイライラする。特別にこれといった理由もないけど、ムカムカする。

小川健次Blog

別にそれが誰かのせいってことでもない。自分が悪かったり、事故だったりが原因だってこともわかってる。

なのに、自分がうまくいっていないと、身近な誰かを責めたくなる。おまけに自分が凹んでいるときに、身近なあの人が、うまくいっているのを見ると、なんだかますますムカついてくるし、気分も今よりずーっと凹んで、ガックリしてしまう。

ムカついたり、ガックリするくらいならまだマシですがね。その感情がエスカレートしだすと、あの人の失敗を祈るようになったり、実際に足を引っ張ってやろうなんていう、ドス黒い何かが、心の奥底でモゾモゾと動き出したりしてしまう。

そんなときこそ、癒しと潤いに満ち溢れた、ポップでキュートな僕の小川健次メールマガジンでも読んで、一息ついてりゃいいんでしょうが、心の奥底でうごめくドス黒い何かってやつは、なかなか動き出したら止まってくれない。

だからといって、その人に何か恨みがあるってことでもない。その人のことを嫌っているわけでもない。というより、むしろその人のことは、好きだし尊敬もしている。応援してるし頑張ってほしいとも思ってる。その人との関係だって大切にしたいと思ってる。

それなのに、あなた自身がうまくいってない、あなた自身が気分が悪い。そんなときに、うまくいってるのを見ると、どうもムカつく心がザワつく。うまくいってるあの人を、心から称賛したいと思えない。

つまりは嫉妬。だいたいね、あの人がうまくいこうが、いくまいが、あなたに影響があるワケでもないでしょう。なのにムカつくってのは、自分とその人を比較して、相対的に自分が劣っていると思うから。そしてそう思う原因があの人にあると思うから。

だって、もしあなたが望み通りの結果を手に入れているなら、うまくいってる人を見て、ネガティブな感情なんて湧いてこないでしょ。あなたの心に余裕があるから、その人を手放しで称賛できるし、もっと応援して力になってあげようとさえ思うじゃないですか。

ならば、他人に対して否定的な感情を消し去る方法は、カンタンなんです。あなた自身が望んだとおりの結果を出すこと。それによって、あなたが心に余裕と平穏を手に入れること。

そして、それはボーっと口開けて待っていても、空から降ってくることはない。あなた自身が手に入れるために動いていかなきゃいけない。一度や二度の失敗で止まっている場合じゃない。気が乗らないからと言って止まっている場合でもないでしょう。

<参考関連記事>
迷いと不安は、止まっているから湧いてくる。動けば心は前向きになり、迷いも不安も消えてなくなる。

まあ冷静に考えてみてもね、嫉妬のエネルギーで、他人はおろか、あなた自身がハッピーになることもないじゃないですか。むしろイライラ増大するわ、しなくてもいい喧嘩や衝突するわで、失うことのほうが大きいだけだし、精神衛生上も健全じゃありませんしね。

ならば、うまくいってないとき、他人の成功をみて、青白い炎が心の中で燃え上がりそうなときほど、とにかく他人と自分を比較しないことです。今あなたがやるべきことに集中すること。例え今は結果が伴わなくても、必ずゴールに近づくと信じて前進を続けることです。

■褒めて認めるから、褒められ認められる

人は良くも悪くも人との比較によって、自己のアイデンティティを確立するもの。自分よりうまくいってる人を見て、悔しいと思うこともあれば、もっと頑張ろうとも思う。自分よりうまくいってない人を見て、安心してしまったりするものですよ。

そういう意味では、自分がうまくいってないときほど、うまくいっている人の行動から、重箱の隅つつくような揚げ足をとることで、溜飲下げた気になりたがる。そうやって自分のムカつきを押さえて、気晴らしをした気になりたがるんです。

でもね、それやったところで、現実には何も変わらないんです。空しいだけ寂しいだけ。そして後になって振り返ったときに、自分を惨めに思うだけ。

だから断言しますけどね、うまくいってる人の悪口言うヤツ、邪魔するヤツってのは、自分がうまくいってないんです。いや、うまくいってたとしても、嫉妬してるんです。うまくいってる人の悪口言って、その人を下げ、相対的に自分を上げて満足したいだけなんです。

そんなの寂しいだけじゃないですか。現実に得るものもないし。おまけに、周囲からは、うまくいってない嫉妬しているだけのヤツ、そんな評価をされてしまう。

ならば、逆に、あなたがうまくいっていないときほど、青白き嫉妬の炎を心の中に燃やさずに、その人のことを褒めて認めてみたらどうですか。成功した人、うまくいった人、幸福を手にした人に、賛辞を送る。応援してあげるんです。

そりゃ最初はね、少なくない違和感があるでしょう。私はうまくってないのに、なんで? 心ではそう思うこともあるでしょう。でもいいんです。とにかく言葉と態度で嘘でもいいから示してみる。祝福に賞賛。愛と感謝。満面の笑顔でおめでとう。

上でも言いましたけどね、余裕があるときは褒めることもできる、認めることもできる。ならばそれを形から入ってしまうんです。心の中でどう思っていようと、言葉と態度で祝福する。称賛する。するとホントにそんな気分になってくる。そしてあなたの心に余裕も生まれる。

ポジティブな言葉を発すると、その言葉はあなたの心の中で、ポジティブなイメージを育む。だからあなたの言動が本当にポジティブに変わってくる。ホントに余裕が生まれるんです。

すると嫉妬も消えてなくなる。自分のやるべきことに集中できるし、誰に対しても優しくなれる。だから周囲の人も、今度はあなたを心から応援してくれる。あなたの周囲には、あなたが発する言葉どおりの人が集まり、あなたの望みの結果を引き寄せる。

<参考関連記事>
あなたの言葉とイメージが、あなたに最適な人を引き寄せる。プラスの言葉にはプラスの、マイナスな言葉にはマイナスの人が集まる。

あなただってそうでしょう。嫉妬に基づいた誰かの悪口を言ってる人なんて、応援したくない。というより、面倒くさくて関わりたくない。そんな人より、誰かを素直に応援できる人、褒めて認めようとする心の余裕がある人と、関わりたいし、そういう人を応援したいと思うでしょう。

うまくいってないとき、イラついているときほど思い出すんです。そして今日から即実践する。誰に対しても、ムカつくあんちくしょーにでさえ、笑顔で、おめでとう。やったね。すごいね。するとあなたの気も晴れて、皆があなたを応援してくれますから(^。^)y-.。o○

■イチロー選手や中村俊輔選手も学んだ心の訓練法
↓ ↓
メンタルトレーニングで、理想の自分に近づけ
↑↑ 大阪 05/21(日)↑↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事