大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

その一言を我慢できれば、破局しなくて済むことがある。感情に任せて、余計なこと言うくらいなら黙っていよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

その一言を我慢できれば、破局しなくて済むことがある。感情に任せて、余計なこと言うくらいなら黙っていよう。

■口を閉ざせば余計な危険は回避できる。

どんなに親しく、どんなに密な関係であったとしても、人と人との関係である以上、コトの大小に関わらず、コミュニケーション上の事故は起こりうる。

小川健次Blog

まあ、それがラブコメ漫画なような、お互いにとって、ポジティブな事故ならいいのでしょう。が、お互いを傷つけ合うような事故なら、目も当てられない。

些細な言葉の解釈の違い、言った言わないの記憶違い。原因を突き詰めてみれば、恐ろしいくらいにどうでもいいことなのに、気づいたときには事故った上に、二次災害、三次災害にまで発展する大惨事で、何が何だかわからなくなる。

そして最悪の場合は。ただ傷つけ合っただけ、お互い何も得るものなかったね。おまけに未来永劫さようなら。そんなことにまでなるから救われない。

もちろん、人によって言葉の意味づけや解釈なんて変わるもの。それに。その場そのときその状況によって、機嫌の良し悪しだってあるでしょう。誰が悪いわけでもない。単なる不可抗力で、誤解や勘違いが生まれることはある。コミュニケーションエラーはいつでも起こりうる。

それはある意味では自然なこと。事故はある。そりゃしゃあない。僕の小川健次メールマガジンを読んで、事故のリスクを減らすことはできても、ゼロにはならない。でもね、肝心なのはそのときどうするか。どう対処するかなんです。

コミニュケーションエラーが起こる。当事者の片方、もしくは双方が噛み合わなくてイライラする。言葉を誤解したり、されたりしてムカついてくる。そしてやがて、蓄積されたイライラムカムカの感情が爆発することになる。つまりはキレる。

あんたのことなんか、ホントは好きじゃなかった! 大っ嫌い! もう出てくわよ! 二度とメールも電話もしてこないで!

別にそれが本心ってワケじゃないでしょう。それでも、感情が爆発している状態だから、自制できない。どんなに日頃は冷静にいる人でも、爆発した感情を自分でコントロールすることは、そうそうカンタンなことじゃない。

頭の奥のほうでは、理解しているんです。これ以上は言っちゃダメ。これを言ったら終わってしまう。もうダメ。もう言うな。それでも勢い余って、相手を傷つける言葉がどんどん出てくる。そして言えば言うほど、自分自身をも追い込み傷つける。

それはもうコミュニケーションエラーの範疇じゃない。誤解というレベルも完全に超えてるんです。誤解であれば、いずれそれが解けることもあるでしょう。でもね、そこまでキレてしまえば、単純な決裂ですよ。修復には大きな困難が伴うことになる。

<参考関連記事>
誤解を解く方法に執着しなくても、わかってもらえるときがくる。心から信じれば、想いは必ず届くから大丈夫。

ならば、一息ついて、何も言わないことですよ。相手とのコミュニケーションでイラつくことはある。それこそ相手によっては、あなたを挑発するような言葉を、放ってくることもあるかもしれない。でもね、ジッと耐えて何も言わない。お口にチャック。手はおひざ。

一旦口を開けば、言葉とともに感情が溢れてきてしまう。言葉が暴走し出すんです。だったらそうなるより前に、口を開かない。そうして5秒でも耐えてみればいいんです。その5秒で冷静さを取り戻せる。余計なことを言って大惨事を招くことはなくなるから。

■感情に支配された言葉は華麗にスルー。

感情に流されて、その場の勢いで発する言葉ってのは、往々にしてロクな結果にならないもんですよ。そんな経験の一度や二度は、あなたにだってあるでしょう。

それは相手だって同じこと。だから、相手が感情に流されるまま、あなたが傷つくようなことを言ってきても、そこは華麗にスルーしとけばいいんです。相手は今感情に支配されているだけ。その言葉は本心じゃない。ただ言いたいだけ。冷静じゃないだけ。

それに反応しない、のっからない。あー言われても、こー言わない。黙って流す、スルーする。そうすりゃ相手も、のれんに腕押し。バカバカしくなってきて冷めますよ。冷めればいつものあの人に戻るんです。だからそれまで、ほんのちょっとの我慢です。

そうなってしまったら、あれこれ小手先でどうにかしようしても無駄。口を開かず黙って耐える。

確かに、ガンガン言ってくる人を前に、黙っているのもストレスでしょう。でもね、そこであなたまで、感情に支配され、お互いがガチンコ状態で、抜き差しならない状態になってしまえば、もうあとは破局に向かってまっしぐら。そうなるよりは遥かにマシでしょ。

言うまでもないことですが、そもそもそうなるよりもっと前に、お互いが気遣い合って、感情的にならなきゃいけないような場面は回避するのが一番ですよ。。

でもね、上でも言ったように、人と人との関係はわからない。男と女の問題であれば絶対なんてものもない。事故は予測不能なところで起こるもの。ならば、それを回避する努力は当然だとしても、そうなったときの対処もしっかりできるようにしておくことでしょう。

特にそれが、あなたにとって、決して失いたくない大切な人との関係ならば、そんな感情に流されての、不用意な一言で破局を迎えてしまうってのも、やりきれませんよ。

黙ってやり過ごすとはいえ、どうしても黙っていられないこともあるでしょう。譲れないこと、許せないこと、そういうところに手を出してくる相手にはどうするか。そんときゃ遠慮はいりませんよ。徹底的に100倍返し。どうせそんなヤツなんだから、最初から決裂上等。

とはいえ、そんな特殊なケースはあまりない。多くは日常の身近な人とのコミュニケーションエラーを起因とするもの。だからね、感情に流されて言葉を発しないことです。そのときは5秒でいいから黙るんです。それだけで随分冷静になれるから。

言葉に限らず、出逢いや別れの問題も同じですよ。少し頭を冷やすだけで、現実と向き合える。不要な痛手を被らなくなる。

<参考過去記事>
不倫のドロ沼も失恋の痛手も、数秒考えれば回避できる。素早く決断できるように、選択の基準を明確にしておこう。

感情に流されて発せられる言葉ってのは、往々にしてロクなもんじゃないんです。ロクなもんじゃないクセに、結果に対しては大きな損害を与えてくれる、困ったちゃんなんです。だったら封じる。5秒黙ってしまえば、やつはもう出てこないから。

5秒で消えなければ、少し空気を変えてみる。そこから離れる。タイミングを外す。方法はなんでもいいですよ。そうして冷静になってみるとわかるんです。あ、スゲーあぶねーこと言わなくて良かったー、と(^。^)y-.。o○

<小川健次本人による動画解説付き>
小川健次個別コンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事