大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

結果を出したければ、結果を出せる環境に身を置けばいい。心を惑わすものは手放して、欲しい結果にのみ集中しよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

結果を出したければ、結果を出せる環境に身を置けばいい。心を惑わすものは手放して、欲しい結果にのみ集中しよう。

■弱さを消すのではなく、弱さが出ないようにする。

ここぞというときに、甘い自分が顔を出す。自分で自分に厳しくなきゃいけないときなのに、つい目先の誘惑に流される。厳しくなれきれない。

小川健次Blog

ここは集中して乗り越えなきゃいけないぞ。そんなことはわかっているのに、つい手元にスマフォを引き寄せて、ゲームを始めてみたり、どうでもいい相手井にどうでもいいLINE送りはじめてみたり。

自分で自分を制御しなけりゃいけないのは重々承知。だけど、どっかで気が緩む。どっかで心に隙が生まれて、視線が別のほうに向いてしまう。甘い誘惑に流されて、気付いたときには当初の計画総崩れ。あのとき強く決意した私は今どこへ?

どんなときでも自分を律することができる。目標を達成するための揺るがない信念を抱ける。そういう人ならそれが一番。それ基本だし。とはいえ、現実にはそういう人は多くない。やっぱりどっかで流される。どっかで自分に甘くなる。強い自分でいたいと思いつつ、なかなかそのとおりにはならない。

そりゃね、誰だってサボりたくなることだってありますよ。弱音吐くことだってあるでしょう。目の前の書類仕事を横にやって、ビール飲みたい衝動に駆られることは僕にだってある。

だからと言って、そういう情動が悪いわではないでしょう。人は誰しも楽をしたいと根源的に思う生き物ですよ。だいいち、もっと楽しくで気持ちいいことしたいと思うのは自然な感情でしょう。

とはいえ、それに流されてしまえば結果的に何も手に入らなくなる。そんなことは皆わかってるから自分を律する必要性を感じているし、もっと強い信念を抱けるようになりたいと思うんです。

そういう人になれるならいい。生まれながらの素養があつ人もいるし、ある程度の訓練によって養うことだってできるんだから。自分の甘さに打ち克てる、心に芽生えた弱さを自分の手で摘み取れる。そんな強靭な意志を持てるようになれば話しは解決。

でもなかなかそういう人もいないもの。まあ中にはそういう人もいるんでしょうし、相応の訓練でそういう意志を身に着けることだって不可能なことじゃない。

が、そこまで大げさな話しじゃなくてもね、もっと簡単に自分の甘さを排除できる方法はある。時折顔を出す、甘い世界に流れようとする自分が顔を出さないようにする方法もある。やるべきことに集中し、心ブレずに初志貫徹する方法はあるんです。

簡単に言えば決断。決めて断つ。過去記事でも言いましたが、自分が進もうと思う道を決め、それと無関係なことは断つ。

<参考過去記事>
決断すれば、未来の理想の自分を引き寄せる。やるかやらないかで迷ったときは、やると決断すればいい。

決めて断つんです。つまり、自分の甘さが顔を出しそうなものは身近に置かないんです。遊びの誘惑をしてくる友達からの電話は着信拒否。テレビは粗大ゴミへ。そもそも弱い自分が顔を出さない状況にすればいい。

身の回りでそれができなきゃ環境変える。やらざるを得ない環境に身をおけばいい。そこに行けばいい。そういう人とのみ関わって、そうじゃない人との関係なんか切ってしまえばいいんです。弱い自分を否定するのではなく、それを認めた上で、その自分が出てこないようにすればいい。

■執着を手放して、集中すべきことに集中できる環境に身を置く。

サボりたいと思うことが悪いわけじゃない。持続力がないから信念がないワケじゃない。よほどの人でもなきゃそういう一面は誰にでもある。問題はそういう自分が心の中にいるのを知っていながら、具体的な対策をたてないことですよ。

ホントに集中しなきゃいけないなら、集中できない自分が顔を出す可能性も考慮すべきでしょ。だから事前に集中力の妨げになるものはすべて排除すればいいだけですよ。もしくは気が散る原因の存在しない環境に身を置けばいい。

ホントに貯金したけりゃ、強制引き落とし型の定期預金でもすればいい。別れた男との未練を断ち切って執着手放したければ、今すぐ携帯からメモリ消して、SNSも全ブロックで関係断絶すればいいだけでしょ。そうすりゃ力を注ぐべきところに注げるようになる。

そもそも、心に一切の弱さを持ってない人なんてほとんどいないんです。それでも強く自分を保ちながら、結果を出せる人ってのは、その自分の弱さを知っているんです。自分の心に隙が生まれるであろう可能性を否定していないんです。

だから事前に対策たてられる。弱い自分が顔を出さない環境づくりに力を入れる。環境づくりができなければ、自分が弱くなれない環境に身を移す。

いきなりそういう環境に身をおけば、最初は違和感あるかもしれません。ひょっとして苦しいと思うかもしれない。でも人間って結局は良くも悪くも環境に順応するもんでしょ。朝5時に起きて仕事なんて絶対無理と思ってても、そういう仕事を一ヶ月もやれば慣れるもの。

いや、ホント。極論ですがね、折れない強いメンタルを作りたければ、つまんないビジネス本を買って読むより、ブラック気味の会社で飛び込みセールスを半年もやれば、強いメンタルできますよ。

まあ、そこまでいくと半年経つ前に心折れる人もいるので、それはそれで考えもんですが、要するに本気でそうしたいなら、そうなるための環境を作りなさいよ、ということですわ。その決断をしなさいよ。ってことですよ。

LINEの友達全削除。携帯のメモリ全削除。住む場所変える仕事を変える。テレビも捨て酒捨てて。そうせざるをえない環境を作る。もしくはそういう環境に身を移す。

同時にこれまでのあれこれも全部手放してさようなら。あなたはあなたの決めた道を行けばいい。それ以外のことは決めて断って執着も手放してしまえばいい。前述のとおり最初は慣れずに違和感あっても、どうせ慣れる。順応できる。

<参考過去記事>
過去を手放して心を自由にすれば、できることは無限にある。過去のあの人に執着しなければ、理想の出逢いと未来が手に入る。

いいじゃないですか。弱い自分がいたって、誘惑に流される自分がいたって。そんな自分も認めた上で、必要な対策を取ればいいんだから。集中力が持続する自分になるより、集中力が持続せざるをえない環境に身を置くほうが、よっぽど現実感も即効性もあるってもんです。

んじゃ早速、あなたのやるべきことをやるために、その邪魔になりそうなものを捨てるところから始めましょうか(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事