大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

人間は自分が考えているような人間になる。他人にどう思われるかよりも、自分が望むセルフイメージを優先しよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

人間は自分が考えているような人間になる。他人にどう思われるかよりも、自分が望むセルフイメージを優先しよう。

■他人からの印象よりも、なりたい自分の姿を優先しよう。

あなたが自分で思い描く、今の自分自身の姿というのは、往々にして他人から見た場合を異なるもの。

小川健次Blog

ある程度コミュニケーションの密度が濃い、家族や家族に準ずるよう関係にある人からであれば、それなりに一致することもあるのでしょうが、それでも見えてる姿に差異はある。

あなた自身が思い描く、あなたという人間のイメージと、他人から見るあなたという人間のイメージには、多かれ少なかれ違いがある。それはそれで当たり前でしょう。

眉毛凛々しい超絶イケメンという僕自身のイメージも、あなたから見れば、触ると壊れてしまいそうな、ガラスのハートを持った美少年だったりするじゃないですか。

人によって見え方や感じ方は違うもの。出逢うときやタイミング。お互いの立場によってまた変わる。僕のAさんという人物への評価と、あなたのAさんという人物の評価が違うのと同じこと。あなた自身が見るあなたと、他人から見るあなたは違う。

違うのはいい。そりゃ人によるんだから。でもね、そこで大事なのは、他人からの評価と、自己評価。自分で思う自分の姿と、他人から思われている自分の姿。そのどちらが自分にとって都合がいいか。そのどっちの自分でいることが、自分が幸福をその手に掴める姿であるのか。

人間は自分が心に思い描いた自分になる。自分の心で受け容れたイメージに従って、思考と行動する。良いか悪いか好きか嫌いかに関係なく。

ホントの自分はこういう自分。こういう自分でいるときが一番心地よい。そんな自分のイメージが描けていても、無責任な周りの意見や空気に流されて、わざわざ本来の自分とは違う自分のイメージを作ろうとする。望んだ自分と違う自分を演じてみる。

君はこういう人だよね。あなたはこういうタイプでしょ。あなたにはこれが一番で、こういうところがダメだ。他人は好き勝手に言うんです。別に悪意があってのことじゃない。あなたが見るあなたと、他人から見るあなたが違っているだけ。それを言ってるだけ。

なのにそのイメージに引きずられる。本来望んでいた自分がどこかに消えてなくなる。そうありたいというより、そうしなきゃいけない自分に追い立てられる。なんだかモヤモヤするし、なんだか疲れる。他人の期待には応えてるのかもしれないが、自分の期待に応えられない。

<参考過去記事>
自分で決めて自分で動くと、結果に納得できるし気持ちいい。周囲の人の意見や状況環境に流されず、自分で決めて自分で動こう。

他人なんてのは無責任にいろいろ言いますからねえ。そんなもんに同調するために、その都度自分のイメージ変えようとしていりゃ、そのうち自分が一体何をしたいのかさえ見失ってしまうもんですわ。

いや、もちろん、自分が理想とする自分でいるために、参考になる他人の意見には耳を傾ければいい。他人の目や意見を通すことで自分を客観的に見ることもできる。だからそこはバランスの問題でしょう。スルーすべきことと、耳を傾けるべきことは切り分ける。

■自分を基準にすればブレることは無くなる。

他人があなたをどう思い、他人があなたに何を言うかは、とりあえず横に置いておけばいいんです。まずは、あなた自身が、あなたという人間をどう思いたいのか。どんな人間でありたいと考えているんかか。どんな自分でいるのが心地良いのか。それ決めるのが先でしょう。

それがはっきりしてしまえば、その自分を強くイメージしていればいいだけ。そのイメージと関係ない情報はスルーすればいいだけ。やがてそれが潜在意識下でセルフイメージとして定着してしまえば、あなたの思考と行動はセルフイメージどおりになる。

判断基準も行動基準も明確になって迷わない。理想のイメージの自分ならこう考える。理想のイメージの自分ならこう行動する。他人がどうこうではなく自分が基準。

とはいえ、世の中全部が全部、自分を基準に押し通すわけにもいかないでしょう。時と場合と状況に応じて、自分を抑えなきゃいけないこともある。仮面をかぶらなきゃいけないこともある。だとしても、自分のイメージの基準が明確であれば、根っこはブレない揺るがない。

他人が見るあなたの評価は、あくまでもその人の主観にしかすぎない。「あなたってこういう人だよね」「お前ってこういうタイプでしょ」と言われたところで、それはその人にはそう見えているだけのこと。ホントのあなたじゃないんだから、引きずられる必要はない。

基準は自分。他人からどう思われるか、他人からどう評価されるかを基準に、自分の思考と行動パターンを決めるのは、単なる主体性の放棄でしょう。従順には見えるかもしれませんが、そりゃ単なる都合のいいヤツですよ。

そうやって他人の意見に右往左往。あの人にどう見られるか。あの人がどう思うか。そんなことばっか考える。自尊心さえ失って、自分のセルフイメージもどんどん下がる。おまけに相手からも都合のいいヤツ扱いされる。ひたすら痛々しいだけの悪循環。

いいんです。自分優先で。自分が求める自分の姿。自分が一番納得して腑に落ちる、心落ち着く自分の姿のイメージで。それでも好かれる人には好かれるもんです。それに嫌われる人には何やったって嫌われるし。

ちゃんと、自分はこうありたい。というイメージを鮮明に描けていれば、それがセルフイメージになる。セルフイメージどおりの思考と行動になる。他人の意見に右往左往しなくなる。自分を軸に相手との距離感をしっかり測れる。言いたいこと言うけど可愛げがあるから嫌われない。

<参考過去記事>
最適な距離感を保てれば、仕事も人間関係もうまくいく。行き詰ったときは、距離感を見直して視界と思考を拡げてみよう。

繰り返し言いますが、人間は自分が想い描いたイメージのとおりになる。ということは、その思い描くイメージを、無責任な他人の意見任せにしちゃダメですよ。自分がこうありたいと思うイメージに従って、思考と行動をすればいいんです。やがてホントにそうなるから。

他人の意見は他人の意見。参考になることは参考にしてあとはスルー。理想の自分ならどうするか。理想の自分なら何を言うか。そんな基準で判断して動いてみたらどうですか。意外とストレス無くて心地いいもんですから。それにセルフイメージももっと鮮明になる。

そしてときどき、信頼できる第三者の目を通じて、自分のイメージと行動に齟齬がないか、ブレてることはないかを確認しておけば、やがてあなたは、ホントにイメージしたとおりの自分になるってもんですわ(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事