大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

駆け引きを手放して、言いたいことを言えば想いが伝わる。心の声に従って言葉にすれば、お互いの距離がグッと近づく。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

駆け引きを手放して、言いたいことを言えば想いが伝わる。心の声に従って言葉にすれば、お互いの距離がグッと近づく。

■想いは言葉にするから相手に届く。

言葉というやつは、直観的に発するときが一番自然かつ、うまく話せるもので、事前にあれこれ考えるほど、なかなか思い通りに話せなくなるもの。

小川健次Blog

いちいち頭の中で、どうすればうまく話せるか、どうやったらこちらの都合よく言葉を伝えられるか、そんなことばっかり考えてるから、言いたいことや思うことが言えなくなるんです。

そもそも、いっつも大事な場面では、どうすればうまく言えるか、どうすれば綺麗に話せるか、そんなこと考えてるでしょ。でも、だからと言ってうまく話せているかといえば、実のところそうでもないじゃないですか。

だから、話す前にあまり考えないことですよ。言葉にする前に頭の中で、キレイな文章にまとめようとしないことです。どうせその通りになんか言えないし、そんなこと考えるほうに気を取られて、ホントに言いたいことが言えなくなるだけ、伝えたいことが伝わらなくなるだけ。

だいたいね、どんなに綺麗な言い回しをしようが、上手い話術を駆使したところで、嫌われる人からは嫌われる。わかってもらえないことはわかってもらえない。逆に好かれる人からは好かれるし、信頼される人からは信頼されるってもんですよ。

ちなみに、僕が毎日配信している小川健次メールマガジンも、あまり細かいこと考えずに書いてます。どうせ考えて小奇麗にまとめても、嫌われるときは嫌われる。だから好き勝手にやりたい放題。だからストレスなく継続できる。

それに、あなたへの信頼度や注がれる愛情の量は、あなたの話しが上手いかどうかで、決まるわけじゃないでしょ。だからそこ気にするとこじゃないんです。

にも関わらず、どっかで仕入れてきた付け焼刃の小手先テクニックを駆使して話せば、相手を説得できると思ったり、小奇麗に話さないと本当の想いが伝わらないんじゃないかと思うから、話す前にいろいろ考える。うまく話せるかどうか不安になる。

本題とはまるで関係ないことに心を奪われる。話しの内容、伝えたい想いよりも、話し方や伝え方にばかりを考える。だから、逆にしどろもどろで何言ってんだかわからなくなる。結局本当に言いたいことも言えず、伝えたい想いも伝えられない。って、アホでしょ。

<参考リンク>
人前で緊張せず自然に話すコツは、自然な自分でいること。その場だけうまく話そうとしなければ、大事な場面でもうまく話せる。

何かを言う前に、いちいちあれこれ考えない考えないことですよ。うまく話そうとか綺麗に言おうとか考えない。思ったことを自然にそのまま言葉にすればいいんです。

もちろん場面によっては、ちゃんと一呼吸置いて冷静に考えた上で、発言しなきゃいけないこともある。場面によってはその一言が事態を大きく変えることになることもある。でもまあ、そういうときはそういうときで、自然といろいろ考えるから、そこまで気にすることでもない。

■言えば心の距離が縮まる。

どうも言葉がすんなり出てこない。肝心な場面で言いたいことが言えなくなる。ホントに伝えたいことが、伝わえられない。もし、あなたがそう感じることがあるならば、話し方だとか言い方を云々考える前に、まず見直したほうがいいことがある。

やたらと言葉に慎重になりすぎていないか。相手に嫌われないように言葉を選びすぎていないか。そして、どうにかうまい会話運びをして、自分が主導権を握ることで、相手をコントロールしようとしていないか。

そもそも、よほどの職業洗脳屋でもなければ、誰だって日常会話で相手を思い通りにすることなんてできやしませんよ。それ以前に、そんなに気の利いた会話で、想いのすべてを相手に伝えることなんかもできやしない。それができるなら世の中に誤解なんて存在しないんだから。

それにね、誰だってコミュニケーションがうまくいっているときというのは、自分の発する言葉についてあれこれ考えず、心で思っていること、感じたことを素直に言葉にしていているときだったりするじゃないですか。もちろん最低限の気遣いはあった上で。

その逆に、いまいちコミュニケーションがうまくいかない。いまいち心がすれ違っている気がする。どうも言葉が相手に届いてない。そういうときってのは、頭の中で余計な計算しながら、言葉を発っしようとしていることが多いもの。

だから思ったこと、言いたいことは口にすればいいんです。それだけのことで、言いたいことは言えるし、伝えたいことは伝わるから。

相手にしたって、小奇麗な言葉を並べられて、小洒落た言い回しをされてる割りに、結局何が言いたいんだかわからない話しを聞くよりも、あなたが言いたいと思ってること、伝えたい想いを言葉にして聞かせてほしいんです。それ以外のどうでもいいことは時間の無駄ですよ。

自分は言いたいことを言いたい。でも相手のせいで緊張して、言いたいことが言えなくなっている、と感じることもあるかもしれない。それね、全然関係ないですよ。だってそれあなたの勝手な思い込みだから。あなたの心の立ち位置変えれば言いたいことも言えるから。

<参考過去記事>
他人は変えられなくても、あなたの心の立ち位置は今すぐ変えられる。勝手な期待と押し付けを手放して、お互いが心地よい関係になろう。

もし、誰かと会話をしながら、どうもうまく伝えたいことが伝えられていない。そう感じてしまうことがあったなら、余計な駆け引きを考えるのをストップして、思ったことをそのままストレートに言ってみる。それだけで想いがカンタンに伝わるようになるから。

まあ言ってしまえばミもフタもないんですが、会話の上手い下手かなんてのは、その人を信用する要素としてはまったく不要なもの。結局は人として好きか嫌いか。尊敬できるかできないか。そっちのほうがよっぽど重要ですしね。あ、あと眉毛の太さ(^。^)y-.。o○

想いを言葉に変える方法

個別具体的な相談はこちらで
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事