大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

やらかす前に、その状況から離れよう。自分の弱さも知っておけば、痛い思いをしなくなる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

やらかす前に、その状況から離れよう。自分の弱さも知っておけば、痛い思いをしなくなる。

■人は誰でも流される。

細心の注意を払っても、やらかしてしまうことはある。他人の不注意や、偶然が重なっての事故が原因なのかもしれない。それでも結果的にはやらかしたことになる。

小川健次Blog

自分は絶対そうならない。私は決してやらかさない。そう自信を持っている人でさえ、まさかの坂に遭遇することはある。

そりゃまあ、人生なんていつ何が起こるかわからない。生きている以上はゼロリスクなんて存在しない。まったく予期していない事態なんて、誰にだって遭遇するリスクがあるんです。結果、やらかすことは、あなたにもあるし、僕にもある。

リスクはゼロにならない以上、リスクにビビッていたら何もできなくなるだけのこと。自動車事故に遭遇するリスクがゼロにならなきゃイヤ、なんて言ってたら車運転できないでしょ。僕もクレームのリスク考えてたら、ブログや小川健次メールマガジンなんてやってられない。

とはいえ、これまでに培ってきた経験を踏まえて考えてみれば、どこにどんなリスクがありそうかは想像できる。リスクとリターンを考えたときに、それをやったほうが損か得かくらいは、無意識のうちに頭の中で電卓叩いて計算できる。

それが自分自身の心の問題であれば、なおさらのこと。ここまでいったら、感情の揺れが大きくなって、自分のコントロールが効かなくってしまう。ここまでだったら、多少の波風立っても、自分を見失わずにいられる。そのくらいの自己分析はあなただってできているでしょう。

自分自身の心の乱れによって生まれるリスクだって、これまでの経験からある程度の想定はできる。それを織り込んで、自分のできる範囲をコントロールしているんです。

それでも、やらかしてしまうことはある。よせばいいのに、ムカついてたからといって、余計な一言を発して大騒動になってみたり。関わらなきゃいいのに、昔付き合ってたダメ男から連絡きたからといって、それに応えてドロドロ関係が再スタート。

自分は絶対そうならない。自分は自分でコントロールできる。ここまでだったらうまく凌げる。自分で自分をわかっているだけに、そう自分を過信して、あっさりコントロールの範疇を超える。そしてやらかす。そして今夜も酒瓶を抱いて泣いて寝る。

少し考えてみればわかるんです。なんとなく自分は大丈夫。そうやって必要以上に自分を過信することなく、流されることなく、数秒でも考えて、起こりうる事態を想定しておけば、リスクは思っている以上に大きいのが、わかることだってあるでしょう。

<参考過去記事>
不倫のドロ沼も失恋の痛手も、数秒考えれば回避できる。素早く決断できるように、選択の基準を明確にしておこう。

どんなに自分を律していても、魔が刺すときってあるでしょ。あっさり、自分の感情が、自分の想定の範囲を超えてしまうこともあるんです。

そりゃね、完全無欠の人などいない。少しくらいは魔が刺して痛い思いをするのもいい。それがちょっと痛い思いくらいで済むならいい。後で笑って済ませるくらいのレベルならいい。でもね、そうじゃないなら目も当てられない。悔いても悔いきれないでしょ。

■自分で自分を信じすぎない。

徹底して自分を律することができる、仙人みたいな人ならね。何があっても動じないでしょう。どんな場面でも感情に流されることなく、自分を見失うことなく、ただただ自分の道を究めていける人なら、それこそやらかすことだってない。あっても大したことじゃない。

でも多くの人は、もちろん僕もですが、感情の支配からは逃れられない。感情に揺さぶられて、自分の想定をあっさり超えてしまう言葉を発したり、行動をしてしまったりすることがある。

他愛もないことかもしれないし、言動そのものが大したことじゃないかもしれない。でもそのわずかな想定外の言動が、大事に至ることもある。大切な人を傷つけて、お互いの距離を遠ざけることになるかもしれないし、経済的物質的な損失になったりするかもしれない。

だったらね、最初から、ヤバいところには近づかないこと。自分を見失ってしまいそうな状況をつくらない。そういう状況になったらすぐ離れる。

顔合わせれば、なあなあで都合のいい女扱いしてくる男には合わない。連絡とらない。余計な一言発っしてしまう可能性の高い、イラつく会議には出席しない。酒グセ悪けりゃ人とは飲まない。無駄遣いしそうなら、バーゲンのちらしはゴミ箱へ。

良い意味で自分を信用しないこと。自分を過信しないことです。あなたが、ちゃんと自分をコントロールできているのは、それはそれでいいじゃないですか。でもね、人はコントロールできなくなるときもある。感情に流される弱さも持っている。

そのあなた自身の弱さも、ちゃんと認めておくことですよ。そうすれば、その弱さが出ないように、あらかじめ対策できるでしょ。

他意はなかった。悪意はなかった。あのときはどうかしてた。魔が差しただけ。そりゃあなたにとってはそうかもしれないが、それによって出た結果は変えられない。やらかした事実は事実として残るんです。それが取り返しのつかないことになら目も当てられない。

それまでお互いを大切にし合える関係だったのに、あなたがちょっと自分のコントロールを失って、余計な一言発したり、ちょっとした悪さをしたおかげで、一瞬にしてガラガラと音をたたて、その関係が崩れることなんてのは、よくある話し。

だからそういう場面を作らない。近づかない。無理に自分の感情を押さえつけるのではなく、自分のコントロールできる範囲に自分をとどめておくんです。

<参考過去記事>
感情をコントロールするには、心を押さえ付けないこと。エネルギーの方向性を調整すれば、結果はうまくいく。

自分の心が揺れているとき、精神的に不安定で、誰かを傷つけてしまいそう。弱い自分に流されてしまいそう、その場の欲望に心を支配されてしまいそう。そんなときは、人に会わない。必要に応じて距離を取る。そうするだけで、やらかさなくて済む。

弱いのも流されるのもいいんです。コントロールを失って、心乱れたっていいんです。でもね、そうなってもやらかさないよう、対策はしておくことですよ。それだけのことで、痛い思いをする機会、がっかりして自分で自分を責める機会は減りますから(^。^)y-.。o○

■やらかさない対策をする方法

<小川健次セミナー開催のご案内>
——————————————————-
◎愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
熊 本 04/22(土)
http://ogawakenji.com/seminar/mokuhyo
——————————————————-
◎恋愛力を高める、脳と心の使い方
東 京 05/13(土)
大 阪 05/20(土)
名古屋 05/27(土)
http://ogawakenji.com/seminar/renairyoku
—————————————————-

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事