大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人との心の距離は、プラスアルファを積み重ねると近づく。小さなことでも、あの人の期待と想定を上回ろう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

大切な人との心の距離は、プラスアルファを積み重ねると近づく。小さなことでも、あの人の期待と想定を上回ろう。

■想定内のことが感情を揺さぶる。

大切なあの人のため、大切なお客様のため、家族のため。せっかくあなたが力を使って、その人のためにやったのに、いまいち喜んでもらえないことがある。

小川健次Blog

だからと言って、別にあなたが嫌われてるワケじゃない。あなたのやったことが的外れだったワケでもない。ましてや、人が嫌がるやったワケでもない。

なのになぜだか喜んでもらえない。別にあなただって暇じゃないでしょ。そんなに余裕があるワケでもない。だけども、大切な人だから。そんな想いで一生懸命やったのに、それを喜んでもらえなければ、ガックリくるし、寂しくもなる。不安にだってなるでしょう。

その一方で、あなたから見て、別に大したことしているワケでもないのに、いつも周囲の人を喜ばせている人がいる。褒められて認められ、かつ喜んでもらえてる。どう見てもそんなにスゴいことやってない。私のほうがいろいろやってるのに。

それを理不尽だと思う気持ちも、わからなくもない。なんであの人は喜ばれ、私は喜ばれないのか。でもね、別にそれ理不尽でもなんでもない。だって、人の感情の揺れというヤツは、事前に想定した出来事から、どのくらいズレるかによって決まるんだもん。

冷蔵庫にアイスクリームが入ってるのを知ってる人にとっては、アイスを食べるという結果が手に入ることは、想定内のこと。冷蔵庫を開ければ、そこに欲しい結果があるってことは、わかりきってることだから、喜びの対象にはならない。

一方で、暑いわー。アイスでも食いたいわー。ちっきしょー何か冷蔵庫に入ってねーかなー。と、思いながら開けた冷蔵庫の中で、アイスクリームを見つけたら、そりゃ飛び上がっての大歓喜。想定を上回ることが起きれば、そりゃ喜びますわ。

カンタンな話しですよ。あなたがあの人に対してやっていることは、あの人にとっては想定内のことだから。もちろん、それはそれで喜んでくれてはいるのでしょう。でもそれはあくまでも想定内のことだから、一般的かつ社交的な意味でのありがとう。

逆にいつも人を喜ばせる人は、人の想定を上回る何かをしている。それは別に何か大げさなことじゃない。あなたから見てもスゴイことをやってるかどうかじゃない。人の求めや期待に対して、何かしらのプラスアルファの付加価値を乗せているかどうか。

もちろん、そのためには、相手の心を知っていること。ちゃんと相手の心の内側に寄り添っていることってのが大前提ですがね。

<参考関連記事>
想いを伝えたいなら、相手の心に寄り添おう。相手を尊重すれば、お互いの心が満たされる。

誰であれ、想定内のことが起きたところで、別に何とも思わない。もちろん、そのために力を貸してくれた人には、ありがとうとは思うでしょう。感謝もしますよ。でもそれまでのこと。

その一方で、想定外のことが起きれば、心は揺さぶられるんです。まるで期待していないし、考えてもいなかったようなことをされれば、そりゃ飛び上がって喜びたくなる。それをしてくれた人に、全力でお返ししたくなる。その人ともっと距離を近づけたくなる。

■プラスアルファの気遣いが、お互いの心を近づける。

期待や想定を上回る、と言っても、そんなに大げさな話じゃない。あなたができないことを、無理してやれってことじゃない。

そもそも、あなたは普段から、誰かのために力を尽くしてるわけでしょ。一生懸命やってるわけでしょ。でもね、相手から見たら慣れてしまって、普通のことなんです。別にその人の視野が狭いワケでも、器が小さいワケでもない。人なんて慣れてしまえばそんなもん。

だったらいつもと違うことをやればいい。日頃はやらない、何か別のアプローチで、プラスアルファを相手に試みればいいんです。

その人の期待や想定を上回る。あなたのできることで、こういうことをやってあげれば、あの人は嬉しいだろう。あの人の力になれるだろう。あの人は喜んでくれるだろう。そんなことを考えて、それを日々のやり取りの中に加えてみればいい。

いつもより元気よく挨拶してみる。いつもより笑顔になってみる。そんなことだっていいですよ。コピーした資料をファイリングまでしておくとか。ちょっと駅まで迎えに行くとか。まあ細かいアイディア挙げていけば、キリがありませんが、そういうこと。

大事なことは、あなたがその人のために、どれだけ力を尽くしたかじゃないでしょ。その人がどれだけ喜ぶこと、笑顔になることができたかだもん。

どんなに身近で大切な人だとしても、何となく、付き合いや関わりが深く、そして長くなってくると、日常がルーティンワーク化してしまう。そうするとお互い想定内のことで、完結してしまう。せっかく気を遣っていても、それさえ想定内になってしまうんです。

まあ、そうやって平穏な日常というのもある意味では大切なことでしょうが、それも度が過ぎれば、お互いの心のすれ違いの原因にもなる。これだけやってるのに解ってくれない。理解してくれない。やっぱり私たちダメなのね。そして緑色の紙に署名捺印。

繰り返し言いますがね、些細なことでいいんです。些細なプラスアルファで、相手の期待や想定を上回る。だから相手も喜び、あなたも嬉しい。そんなことの積み重ねが、お互いの愛や信頼を深めていくってものでしょう。

もちろん、あくまでも些細なことの積み重ね。それが今すぐどうこうなるものでもないでしょう。でもね、その些細なプラスアルファの積み重ねが、後になってボディブローのように効いてくるんです。逆に言えば、そこ怠るからカウンター喰らって倒される。

<参考関連記事>
今すぐ見返りがなくても、愛し続ければ愛される。あなたが注いだ愛は、あなたを裏切ることはない。

まあ、何よりも、あの人の期待や想定を上回って、あの人を喜ばせたろ、驚かせたろ、って考えてるときって、あなたも楽しいでしょ。それこそ見返りへの執着なんか手放せてる。だから相手も素直に喜んでくれる。だから大切な人の愛を引き寄せる。

まずは今日、あなたの大切な人、身近な人を喜ばせるプラスアルファを、何か一つやってみればいいんです。それだけ今日のあなたの気分は良くなる。そしてあの人の気分も良くなる。みんながハッピーになれるってことですわな(^。^)y-.。o○

【プラスアルファの行動を生み出す方法】

DVD愛とお金
第二期キャンペーン実施中
6/12(月)まで。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事