大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

言うべきことを言うから、愛される。言うべきことを言わないから、フラれる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

言うべきことを言うから、愛される。言うべきことを言わないから、フラれる。

■自分のことを優先するから遠ざかる。

あなたの言葉で誰かが元気になることもあれば、あなたの言葉で誰かを傷つけることもある。言葉によって心満たされ、言葉によって心乱される。

小川健次Blog

発話者の意図とは別に、それを聞く人の意味づけと解釈次第で、言葉それ自体がまるで違う内容になる。ということは昨日の記事でも言った通り。

だからこそ、時と場合、その相手に応じて、あなたが発する言葉には注意が必要なんです。言葉を選ぶことだって大切でしょう。

とはいえ、あまり注意しすぎる、慎重になりすぎる。その結果、言うべきことさえ言えなくなったら本末転倒。まあ、僕が配信している小川健次メールマガジンくらい好き勝手なのも考えものですが、あまり慎重すぎるのも考えものですよ。

そもそも、いくら慎重に言葉を選ぶと言っても、結局それで言葉を発することができないのなら、意思の疎通ができないだけでしょ。それこそ言わないことで誰かが傷ついたり、あなたが何かを失うことにだってなりかねない。

それに何より、その「慎重になる」ってのが何のため、誰のためかってことも見過ごせないポイントでしょう。

その場そのときその状況環境の中で、最適解かつ最大公約数的に、最善と思われる選択をするため、慎重に言葉を選ぶ。もしくは黙して語らない。その結果として相手や皆、あなたにとって良い結果を得ようとするために、慎重になるのか。

それとも、慎重という言葉を隠れ蓑に、ただ自分が傷つきたくない、自分の身を守りたいと、自分のことだけを優先して、あなたが本来言うべきことを、言わない、言えない理由にしているだけなのか。

もし、あなたが、これを言って嫌われるのは避けたい。断られて傷つくのはイヤ。うまく言えなくて評価を下げられたくない。皆から変な人だと思われたくない。という、自分のことを中心にしているのなら、そりゃその人との関係がうまくいかないのもある意味当然。

だって、優先すべきはそこにいる人たちの思いじゃなく、自分を守ることでしょ。相手や、皆のため、その想いに寄り添うため、慎重に言葉を選ぼうとするのではなく、いかに自分が傷つかず、いかに自分に都合よく立ち回れるかを考えるために、言うべきことが言えないんでしょ。

そういう空気感ってのは伝わりますよ。あ、この人って自分のことばっかりや。なんか面倒くさいわー。だから気づいたときには距離が離れていく。後悔しはじめた頃には、もう手の届かないところへさようなら。

<参考過去記事>
本当に大切な人なら、その人の幸福を優先しよう。愛されたい想いを手放せば、愛してくれる人を引き寄せる。

そりゃあね。冒頭でも言ったように、ときと場合に応じて、相手のため皆のため、言葉に慎重になったほうがいいこともある。あえて口を開かず黙っておいたほうがいいこともある。言いたければ何を言ってもいいってことはない。当たり前ですよ。

でもね、黙ってたほうがいい、慎重になったほうがいい、そういうときと場合なんてのは、空気感でわかるじゃないですか。そんなときに、わざわざ波風立つようなことは、意識しなくたって何も言わないもんです。

■その人のことを優先するから信頼される。

どんな言葉を発するか、そこで言葉を発するか黙るか。その基準は明確なんです。本当にその人、その人達のためなのかどうか。そこに自己保身や見返りへの執着などの私心がないか。

あなたが本当に、その人のため、皆のためと思うのであれば、言葉にすればいいんです。そこで黙る必要なんかない。例えそれがその場で、受け容れてもらえなかったとしても、その言葉に込められた想いは必ず届く。それで嫌われたり、評価が下がることなんてありませんって。

もちろん、人と人との関係である以上、あなたがいくら私心なく発した言葉であっても、相手のそのときの意味づけ次第では、誤解を受けることもある。想いを理解してもらえずに、場合によっては一時的な決裂になることだってあるでしょう。

でもね、それを恐れて、言うべきことを言わず、本当に伝えたい想いを伝えられなければ、結局ホントの思いをわかってもらえないまま。

そしてお互いがホントの気持ちを理解し合えないままでいるから、微妙なすれ違いが起こる。そのすれ違いが積み重なって、やがて決裂。そうなってからの決裂だと、そこに至るまでの時間が掛かってる分、修復そのものも難しい。

だったら、仮に言い方伝え方が悪くて、誤解されるリスクがあったとしても、早いうちにちゃんと想いを言葉にしておけば、その場ダメでもやがては理解してもらえるときがくる。これ絶対。

あなたがその人に伝えたい。それを言葉にすることが、必ずその人のためになることだと、確信できていることならば、迷うことも躊躇することもないんです。言えばいいんです。伝えればいいんです。そこで口を閉ざす理由はどこにもないから。

見返りへの期待は執着しない。そこに自己保身の私心も手放す。心のどっかで、自分を満たしたい。自分を守りたい。自分のメリットにしたい。そんな想いが頭をよぎるから、何も言えない。言っても中途半端に遠まわしな言い方になるから、まるで伝わることがない。

一応繰り返し言っときますが、単に言いたいことを言え、思ったことを言えってことじゃない。あくまでも主体は相手。相手や皆にメリットがあるかどうか。その上で、常識の範囲で時と場所と空気に応じて、言うべきことを言えってことですよ。

いいじゃないですか。他人の心をあなたは支配することはできない。あなたができることは、あなたがその人のためだと思うことを、駆け引きなく言葉で伝えることですよ。それで何かを失うとか考えるから、ホントに失うハメになる。

<参考過去記事>
返信がない理由を考えて、不安に心を支配されると愛を失う。失う心配から自由になれば。より大きな愛を引き寄せる。

私心なく人のことを想って何かを言える人ってのは、誰からも信頼されるもの。だからこそ、本当に相手のことを想って、言葉を発することができる人ってのは、いつだって大切な人を引き寄せる。逆に自分の都合ばっかを優先する人はウザがられて遠ざけられるんです。

まずは頭の片隅で叩いてる電卓を捨てることです。そしてあなたが、その人のためと思えることがあるならば、勇気を出して言ってみることです。それで嫌われることなんかないから。むしろお互いの心の距離がググッと近づきますから(^。^)y-.。o○

【大切な人を引き寄せる言葉の選び方】

・5/20大阪(残少)・5/27名古屋
・6/21東京

恋愛力を高める、脳と心の使い方

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事