小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

今すぐできない言い訳をしている人は、一生かかっても何もできない。夢や目標の内容よりも、今すぐやれるかどうかが成否を別ける。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

今すぐできない言い訳をしている人は、一生かかっても何もできない。夢や目標の内容よりも、今すぐやれるかどうかが成否を別ける。

■夢や目標だけじゃ絵に描いたモチ

目標を高く持つこと、夢を大きく持つこと。それ自体は自由だし、どうせなら、少しくらいはホラがあるくらい、景気のいい話しのほうがいいでしょう。

小川健次Blog

どうせ未来のことはわからない。明日死ぬかもしれないことを考えるなら、未来は明るくでっかく考える。これ基本。

それがホントに実現できるかどうか。そんなもん結果論ですよ。できるかどうかなんて、結果が出てみないとわからない。だから、できるかどうかをグダグダ言ってても、何もはじまりゃしないんです。

重要なことは、それが本当にできるかどうかなんていう話しじゃなくて、あなたが本気でそれをやろうと思えているか、その結果を手にしていることを、鮮明なイメージとして描けているかどうかですよ。

別にホントにやりたいと思うわけでもなく、手に入れているイメージを描けているわけでもなく、なんとなくでっかい目標設定している俺かっけー。夢叶えるとか言ってる私超すごーい。みたいな夢見る夢子でいるだけならば、何も生まれるわけがない。

掲げた目標なり夢なりを、ホントにやりたいと思う。理由に関係なく、心の底からふつふつと沸き起こる熱い何かによって、どうしても手に入れたいという、情動が生まれている。だから行動が生まれ結果に近づく。それがなければ何も起きませんよ。

僕が毎日無料で配信している小川健次メールマガジンにしたって、あれこれ色々言っていますが、その話しだって結局はメールマガジン内のこと。現実社会の行動で活かさないと意味がない。

それに限らず、本屋に行って自己啓発関連の本たくさん読む。自己啓発系のセミナーにたくさん行って仲間も増える。皆で夢について熱く語り、あの本この本についてあれこれ意見を交わして、高まった気分で布団に入る。

なのに、翌朝目が覚めると、なぜだかいつもと変わらぬ毎日のスタート。出勤して不平や不満、あいつが悪いこいつが悪い、上司がどうの、環境がどうの。こんなはずじゃない。俺は違う。私は違う。でっかい夢持ってセミナー行って仲間もいるんだ。

いつかやつらの足元にビッグマネー叩きつけてやる。・・・と言い始めてもう数年。あ、気付いたらもうこんな歳か。

ずっと目標を高く持っていたはずなのに、夢もでっかいはずなのに。意識高い仲間も一杯いるのになぜか何も変わらないし、何も起きない。自分はホントはスゴいはずなのに。それが発揮できないのは運が悪い。あいつが悪い。政治が悪い。

そりゃそうでしょ。だって自分で足を踏み出さなきゃ、何も起きるわけないんだもん。

<参考関連記事>
最初の一歩を踏み出すから、夢や目標がホントに実現する。できることを今すぐやれば、迷いや不安は消えてなくなる。

夢を描けば勝手にそれが実現するなら、こんな楽なことはありませんよ。とはいえ現実ってやつは何もしないヤツには、何も与えてくれないというシビアな性格。

だったら話しは簡単で、夢を叶えるため、目標を達成するために、やるべきことをやればいい。あれこれ理論や理屈なんかはどうでもいい。まず話しをするらなら、できることを今すぐやってからじゃなきゃ誰も何も与えてくれやしませんよ。

■今すぐできないことは現実化しない

巷に出回ってる、さまざまな自己啓発本を読破して、その内容はもちろんのこと、成り立ちやら裏話しやらについてまで、誰よりも詳しく知っているけど、現実社会では何もしていない人。その一方、本なんてわずか数冊しか読んでないけど、そこで学んだ内容を即座に行動する人。

大きな夢をブチ上げて遠い目をしながら夢を語っているけど何もしない人と、まずは今すぐるできることを即座に行動に移す人。

いずれの場合だとしても、望んだ結果に近いのはどちらの人かってことですよ。そりゃ言うまでもなく、考えるまでもなく行動に移す人でしょう。そもそも行動に移さなきゃ何も起きないんだもん。犬も歩かなければ棒に当たることさえないんだもん。

だいたいね、自己啓発本読んだだけで成功するなら、世の中から自己啓発本なんてとっくの昔に消えて無くなってますよ。

一応言っておきますが、自己啓発本を否定しているわけじゃない。そりゃ読んで損することはないし、読んだほうがいいに決まってる。でもそれは前提条件であって、絶対条件じゃない。それこそ目標を達成するための必要要件でさえないでしょう。

どうせ一度の人生ですよ。夢はデッカく持ったほうがいいし、目標だって限りなく高いほうがいい。でも現実社会で何も行動しないなら、それはまさに絵に書いたモチに過ぎない。

夢がデカいのも目標が高いのもいいんです。どんな夢だろうが目標だろうが本人の自由です。でもね、ならばそれをやるために、今日、そして今何やるのか。そこまでブレイクダウンしないで、現実感が伴うことはないでしょう。そもそもヤル気だって起きませんよ。

夢を描き、目標を設定しているのに今日、そして今というレベルにまで落とし込めないなら、もう一回考えたほうがいい。その夢や目標って、実は本気でやろうと思ってないでしょ。それ言ってる俺カッケー、その夢描いてる私すごーいと思いたいだけでしょ。

ホントに実現したいなら、今すぐできることを考えるんです。その結果どうなるかのイメージが生まれる。心の底から実現したいという想いがこみ上げてくる。ジッとしていられなくて、今すぐできることをやりたくなる。そしてホントに今すぐ動き出す。

<参考関連記事>
心から信じて疑わないから、引き寄せの法則によってそれが現実になる。どうにもならないことへの執着を手放して、自分と自分の未来を信じよう。

夢の大きさや目標の高さなんてのは、人それぞれ違うもの。それが良いか悪いかなんてには関係ないことですよ。そんなことより、それを実現するために今すぐ何をやるか、そしてホントにそれを今すぐやれるかどうかのほうが、はるかに実現可否の要素としては大きいんです。

他人がどうの状況環境がどうの、なんていう色んな事情は、この先だってなくなることはないんです。だったら今すぐスタートできないことは、この先一生かかってもやれないってことと同じことですわな(^。^)y-.。o○

今すぐやるべきことを明確にしたければ


<個別面談で具体的な問題解決をサポート>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。