小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

傷ついたとしても、傷はやがて癒えるから大丈夫。痛みを恐れず自分の心に従えば、想いは現実になる。

人気記事一覧

小川健次セミナー
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
↑↑ 8/2 東京(水)↑↑


小川健次セミナー
執着を手放して、引き寄せの法則を学ぶグループセッション
↑↑ 7/24(月)19時 東京↑↑


新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

傷つくことを恐れず、素の自分をさらけ出すから愛が近づく。傷つくことを恐れ、自分を守ってばかりだから愛が遠のく。

■傷を負うことを恐れると、深手を負う。

どんなに慎重に、相手のことを気遣って接していようとも、些細なことからこじれた話しになることはある。

小川健次Blog

別にそうしようと思ったわけでもない。誰が悪いわけでもない。なのにこじれて、理不尽に傷つけられる。そんな経験をしたことは、あなたにだってあるかもしれない。

まあでも、傷つくことも一つの経験。その経験は未来の糧にもなるし、傷が癒えたときには、それ以前よりよっぽど強くなる。男も女も負った傷の数だけ魅力が高まる。器が大きくなる。傷つくことは、マイナスなことばかりじゃないんです。

しかも、それは意図せず起きたこと。だったらいつまでも凹んでいてもしょうがない。

ならば
小川健次Blog

と、言いたいところですがね、

傷ついたその場そのとき、その瞬間はたまりませんよ。

なんでこんな理不尽な目に遭わにゃならんねん。そう思うのはフツ―のこと。だから、できることなら、傷つくような目には逢いたくない。痛い思いはしたくないし、できればそれは避けて通りたい道。

誰だって痛いのはイヤですよ。そりゃ僕もイヤだし。だから傷つかないように、自分を守ろうとするのは皆同じ。でもね、それも程度の問題ですよ。

傷つきたくない! 痛い思いしたくない! そんな恐れと不安に心を支配されてしまえば、あなたは言いたいことも言えなくなる。やりたいこともやれなくなる。あなたの本当の姿が覆い隠されてしまって、誰もあなたという人のことがわからなくなってしまう。

ただただ傷つかいこと、痛い思いをしないことが目的化するから、小手先と上っ面だけのコミュニケーションになる。

どうすれば自分が傷つかないで、あの人に私の想いを受け容れてもらえるか。どうすれば痛い思いをせずに、恥ずかしい思いをすることもなく、周囲に私のことを理解してもらえるか。そんな都合のいいことばかり考えて、結局その答えも見つからずで、何もできない。

でもそれって、全部あなたの都合優先でしょ。あなたが傷つきたくない。痛い思いをしたくない。自分を守ることばっかりで、あなた以外の人のことはまるで考えてない。言ってみればそれは、自分は傷つきたくないけど、他人は別に傷ついてもいい。そういうことでしょ。

そんなヤツの話しを誰が聞いてくれるのかってことですよ。そんな自分だけを優先する人を、誰が受け容れたいのか。誰も聞きたくありませんよ。受け容れたくもない。この人って自分だけが可愛くて、こっちのことは傷ついてもいいと思ってるのね。そう思われてさようならですよ。

<参考過去記事>
愛ある言葉が人を動かし、愛をその手に引き寄せる。相手の想いを優先し、見返りへの執着を手放して言葉にしよう。

傷つくのがイヤだから、なんとかうまくやろうと、小手先でいろいろやってみた挙句、もっと傷つくことになる。痛い思いをしないよう、どうにかうまくやろうとした挙句、もっと痛い思いをすることになる。気づいたときには、傷だらけのボロ雑巾。

あのね、何やったって傷つくことはある。痛い思いはするんです。どうせ傷つく、どうせ痛い思いもするんです。ならば、ビビッて小さくなりながら、小手先でどうにかしようとしてないで、ドーンと、生のあなたを出してしまえばいいんです。

■自分からそうすれば痛くない

傷つくは嫌だし、痛いのも嫌。それはそれでいいですよ。でもね、それを恐れるばかりの自己保身に走ったところで、得られるものは、周囲からの冷ややかな視線くらいですよ。

結局あなたがホントに何をしたいのか、何を伝えたいのか。そんなことがわからないし、伝わってこない。上っ面の駆け引きや計算でのやりとりで、ただ自分優位にコトを進行することばかり考えてる人のことを、誰も信用したいと思わないし、だいいち面白味を感じない。

もちろん、社会的な生活を営む上では、人と人との関係にはある一定のルールがある。そのルールを効率よく活用したり、運用するために、駆け引きや計算、そして妥協、場合によっては演技だって必要な場合だってある。それにしたって程度の問題。

あなた自身が、求めていること、望んでいること、伝えたいこと、それらをそのまま言葉や態度に出せば、その結果として傷つくこともある。でもね、それをそのまま言葉や態度に出さないで、なんとかうまくやろうとしても、うまくなんかいかないでしょ。

自分が傷つきたくないとか、痛い思いをしたくないとか、そんな想いへの執着はとっとと手放して、素直な自分になってみる。駆け引きも計算も横に置いて、言いたいことを言ってみる。伝えたい想いを届けてみる。そしてやりたいことをやってみる。

それでホントに傷つくこともある。痛い思いをすることもある。でもどうせ、何やったって傷つくときは傷つくし、痛いときは痛いから同じですよ。

それにね、傷つくことを避けてばかりいると、傷つくこと、痛いことへの耐性がどんどん下がりますよ。だからちょっとの痛みで凹んで立ち直れなくなるんです。そして、ますます臆病になる。そしてまた傷ついてしばらく動けない。そんな悪循環に陥るんです。

さらには、予想外の不意打ちを食らったりしたら、もう目も当てれないほどの大惨事。

一方で、自分から主体的に、素直な想いに従った結果であれば、傷を負っても治癒は早い。だって最初っからそういう覚悟もできてるし。だからすぐ切り替えられる。それにね、出発点が常に自分だから、不意打ち食らうことだってないんです。

あなたのできることには限りがある。あなたは、あなたのできることしかできない。他人の心は支配できないし、どうにもならないことは、どうにもならないんです。世の中駆け引きや計算では、どうにもならないことばっかりですよ。

だったら素のあなたの想いを言葉にすればいい。行動にすればいい。それで傷ついたって、それはあなたの未来のために重要な経験の一つなんです。

<参考過去記事>
意味があるから出逢いがあるし、意味があるから別れがある。出逢いも別れも、もっと幸福になるために必要なプロセス。

傷つくことや、痛みを感じることを恐れず、素直な自分になってぶつかってみる。今のあなた自身のことより、あなたが求める成果、あなたの大切な人の幸福にフォーカスしてみる。すると、目先の痛みなんか、知れたもんです。傷なんかどれもかすり傷。

それにね、自分をさらけ出してドーンと直球で行けば、あなたの想いも皆がちゃんとわかってくれる。だから人との信頼関係も深まるってもんでしょう。そして結果的に、執着を手放して、望みの結果を引き寄せることになる。ってことすわな(^。^)y-.。o○

【想いを届けるテクニックを学ぶ特別講座】

2017/01/21(土)大阪※満員御礼
2017/01/28(土)名古屋
2017/02/04(土)福岡
2017/02/11(土)東京
2017/02/19(日)大阪←追加開催決定!
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ

関連人気記事

本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。