小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦手な人や嫌いな人とも、欲しい結果が明確ならば協力し合える。お互いの欲しい結果を優先すれば、人間関係のストレスは消えて無くなる。

人気記事一覧

小川健次セミナー
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
↑↑ 8/2 東京(水)↑↑


小川健次セミナー
執着を手放して、引き寄せの法則を学ぶグループセッション
↑↑ 7/24(月)19時 東京↑↑


新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

苦手な人や嫌いな人とも、欲しい結果が明確ならば協力し合える。お互いの欲しい結果を優先すれば、人間関係のストレスは消えて無くなる。

■本当に求める結果に焦点をあてよう

よほど寛大な心の持ち主でもなければ、関わるすべての人を心から愛することは難しい。というより無理ですよ。僕だって無理ですわ。

小川健次Blog

その人が良い人か悪い人かに関係なく、生理的に合う合わないはあるでしょうし、その場そのときの立場や状況によっても、人との接し方は変わるもの。人と人との関係なんてはそんなものでしょう。

関わるすべての人を愛し、そして認めて受け入れる。なんてことができる意識高くて愛の深い人は、それでいいのでしょう。が、多くの場合、それもなかなか難しい。世界人類を愛することができても、身近なあいつのことは許せない、なんてことがほとんどですよ。

嫌いな人がいるのはしょうがない。どうやったって合わないのもしょうがない。理屈でどうこう説明されても、ダメなものはダメ。一緒にいること自体が苦痛。そういう関係をゼロにできればいいが、現実には何かしらの形で関係ってのは生まれてしまうもの。

お互いさまですよ。僕だって苦手だと思う人もいるし、その逆に僕のことを生理的にダメという人だっているでしょう。いいじゃないですか。だからこそ人と人との関係は面白いというもの。

だからこそ、そういう人との関係は華麗にスルー。これ基本。でもね、そうは言っても、現実の日常生活の中では華麗にスルーができないこともある。仕事上や他の人との関係上、苦手だと思う相手と関わることから避けられないことってのもある。

そういうときは、スッパリと割り切ってしまうことです。私はこの人はダメ。でも私にとっての優先事項は、求めている結果を得ること。この人との関わりは、そのために必要なプロセスである。そう割り切る。

ホントは嫌い、関わるのも苦手な相手なのに、それを誤魔化して自分の感情押し殺し、変な気を遣ったりしようとするから、逆にお互いギクシャクするんです。ダメならダメでいいじゃないですか。それを認めつつも、見るべきは求める成果なんです。

そこで変に気を遣ったり、無理して自分を誤魔化すから、お互いが余計なストレスになる。コミュニケーションがうまく取れなくなって、本来ならうまいくいくものでさえ、うまくいかなくなってしまう。そうしてお互いの疑心暗鬼がさらに深まり、ますますストレスが大きくなる。

それ、優先順位が間違ってるでしょ。その人と何とかうまくやろう。それを先に考えてるから話しがややこしくなる。まずはあなたの目的、手に入れるべき成果が優先でしょ。それを手に入れるための手段方法として、その人との関係をどうするかを考えればいいんだから。

あの人と合わないからどうのこうの。あの人が足を引っぱるからどうのこうの。それ関係ないから。まずはあなたが何を優先事項としているか次第だから。

<参考関連記事>
他人からの批判は、決めて動いてしまえば気にならなくなる。やりたいことをやり切って納得できれば、誰もあなたを批判しなくなる。

あなたが得たい結果。そしてそのためにやるべきこと。それをはっきりさせて、そのために決断して行動していれば、相手だってアホじゃないんです。そのためにお互いが何をすべきかを、割り切って考えてくれるもんですよ。

するとお互いが、好きか嫌いか合う合わないに関係なく、お互いの利益のために、心のベクトルの向きを合わせられる。表面上だけの余計な気遣いをし合って、お互いが無駄にストレス感じたり、コミュニケーションエラーが起きることもなくなるんです。

■その関係から生まれる価値を優先しよう

苦手な人がいる。嫌いな人がいる。合わない人がいる。いいですよ。そんなのは普通のことだから。それに、その人のことが嫌いでも。合わない相手だって関係ないですよ。大事なのは、あなたが求める結果を得られるかどうかだけなんだから。

あなたが、自分一人でできること以上のことをやろうとするなら、どうやったって他人の力は必要なんです。そのときにその人が好きか嫌いかなんて関係ないでしょ。あなたが求める力を発揮してくれる人かどうか、お互いの利害が一致するかどうか。そっちのほうが重要でしょ。

すっごく極端なこと言ってしまえば、お互いにとって最悪な関係の相手だとしたって、お互いにとって最高の結果を出せる関係であれば、それはお互いにとって価値ある相手。単なる傷の舐めあいもたれ合いの関係よりも、はるかに意味ある関係ですよ。

もちろん、苦手だ、嫌いだはそれでいい。無理して好きになる必要もない。いいんです。あ、この人嫌い。この人苦手。それだけのこと。

こわばったつくり笑いをしたところで、相手もそれであなたを好きにはなりませんよ。そんな上っ面のことに力を使うくらいなら、お互いが求めている結果を得るために、どうすればいいかを割り切って話し合うことのほうが重要でしょ。焦点あてるのはそこだけだから。

嫌いだろうが苦手だろうが、関わることで仕事が先に進む。お互いが求める結果が手に入る。ならば割り切ってしまえばいい。

とはいえ、相手を否定だけは絶対にしない。単に嫌い、単に合わない。それだけのことで、相手も人格を否定されるいわれはない。だから嫌いな相手、合わない相手であってもリスペクト。合わない相手でも、あなたにできないことができる。あなたが持っていないものを持っている。

それさえ嫌、同じ空気を吸うのも苦痛。そもそも人間として認めたくない。と思うくらいの相手なら、ごちゃごちゃ言わずに二度と会わないように物理的な距離をとればいい。そこまででもないなら、どんな人にも尊敬できること評価できること、認められることはある。

好き嫌い、合う合わない。そりゃ人間同士だからありますよ。でもそんな小さなことをウジウジ考えてるなら、その人を通じて学べること気づけること、その人と力を合わせることで得られるものに、目線を向けたらどうですか。そのくらいの割り切りあってもいい。

それにいくら嫌いな相手とはいえ、せっかく縁あって関わる相手。その人との関わりから少しでも学びや気づきを得ようとするほうが、単に人の悪口言って愚痴ってるだけより、はるかに生産的でしょう。

<参考過去記事>
ご縁ある大切な人だからこそ、すべてを認めて許して受け入れ合おう。魂が共鳴し合う本当の付き合いは、善悪の感情を超えたところにある。

嫌いな人がいる、合わない人がいるってことが、あなた自身が前進できない理由や、あなた自身のストレスの理由にはならないんです。あなたが優先順位を明確にして、決めて行動すればいいだけだから。周囲の人とは割り切りでも求める成果のためにうまく付き合えるんです。

それにね、嫌いなだったり、合わなかったりする相手とも、望む結果のためにお互いをリスペクトし合い、生産的な関係を作れる。そのくらいの度量になることを自分に課してみたほうが、あなた自身の可能性を広げるだけでなく、人との関わりを楽しくできるってもんでしょう(^。^)y-.。o○

<求める成果を生み出せる、理想のパートナーとの出逢い方>

■小川健次特別セミナー
・名古屋11/12(土)・鹿児島11/19(土)
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ

関連人気記事

本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。