小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

白黒はっきりさせるも曖昧にしておくも、明確な目標を基準に考えよう。望むものがはっきりしていれば、素早い決断ができる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

白黒はっきりさせるも曖昧にしておくも、明確な目標を基準に考えよう。望むものがはっきりしていれば、素早い決断ができる。

■決めないのが問題ではなく、決められないのが問題

世の中のすべてが白黒はっきりつけられる、常に二者択一のことならば、話しはカンタンそうではあるけども、それはそれで面倒そうなこと。

kawasemi

当たり前ですが、全部が全部白黒はっきりできるものでもない。はっきりしないほうがいい場合もあれば、その場はグレーにしておくというのもありでしょう。


それでも決断は素早く。いついかなる場合もこれ基本。決断をせずにただボーっと時間を過ごしたところで、何も生まれるわけじゃない。というより時間の無駄。

とはいえ、今すぐ決めないほうがいいこともある。明日になればAかBかの答えがわかること、明日まで待っても何ら影響が無いことならば、そのまま明日まで待てばいいだけのことでしょ。

そしてAとBのいずれも自分にとって価値あることならば、それはそれでどちらか一方を捨てる必要もない。共に活かせることで、より大きな結果生まれるならば、それも一つの選択肢。

自分にとっての選択の基準が明確かどうかということです。決断や判断を恐れて先延ばしにしているのか、主体的に意味を持って先送りにしつつ、ときにその両方を活かそうとしているのか。

つまりは、それが自分の明確な目標の達成に近づくことなのか、そうでないことなのか。そこ曖昧にしといたほうが、目標達成に近づくのか。それともはっきりさせたほうが目標達成に近づくのか。

その場そのときその状況や環境によって、どの選択が正しいかは変わるもの。だから自分の基準。自分の設定した目標を基準にすればいいだけのこと。

<参考過去記事>
心にアンカー(錨)を落としておけば、波がきても風が吹いても流されず、ブレない自分でいられる。

決めないのが問題なのではなく、決めることに臆病になることに問題があるんです。悩んだところで意味のないことに悩むのが時間の無駄なんです。

生きてりゃそりゃいろいろありますよ。全部が全部白黒つければいいことでもない、今すぐ決めなきゃいけないことでもない。でもそれは優柔不断を肯定する、決められない自分を正当化するという意味じゃない。

悩んでもしょうがないことは今すぐ決める。今すぐ決めるべきは今すぐ決める。白黒はっきりすべきははっきりさせる。それ先延ばしにしても失うことばかりで得るものなんか何もない。

今すぐ決めること、今すぐ決めなくてもいいこと、グレーもしくは玉虫色でいいもの。その分別を自分の明確な目標を基準に仕分けできいるかどうか、即時に判断できるほど目標が明確かどうか。

■基準は自分の設定した明確な目標

だから何でもかんでも0か100かで一刀両断する必要もない。好きか嫌いかはあるけれど、好きな部分も嫌いな部分もあるならば、それをひっくるめてすべて受け容れるのもありですよ。

その人のある部分が苦手でも、ある部分を尊敬できる。そしてその尊敬できる部分を持つ人との関わりが、自分の設定した目標の設定に近づくのであれば、それはそれで付き合い継続すればいいじゃないですか。

嫌いなところがある。それ気に入らない。だから決断してさようなら。いやちょっと待て。その場の感情や目先の損得に流されてどうするよ。それによって自分にどんな価値が生み出されるのか。

この仕事のこういうところが苦手だな。だったら決断してとっとと辞めちまえ。こらこら。それちょっと違うでしょ。見るべきはその仕事を通じて自分がどうなろうとしているか。それに近づくかどうかでしょ。

言ってしまえばそれ素早い決断じゃないでしょ。単なる中途半端の行き当たりばったり。主体性もなく、いずれたださまようだけの未来とこんにちは。

良し悪しは別にして、この世は矛盾に満ちている。好きだけど嫌い。苦手だけど得意。やりたくないけどやりたい。それいちいち整えようとしたってうまくいかない。うまくいかないどころかギスギスして疲れるだけですよ。

ならば清濁合わせ飲む。でもそれ飲んだその先何があるか。飲むことでどんな未来を描こうとしているのか。そこは見据える、目を離さなさい。目を離すから変なモン飲んでお腹壊すことになるんです。

自分で設定した明確な目標に対して、決断すべきと曖昧にすべきと、どちらがその達成に近づくか。それを基準にすればいい。

思い付きのいきあたりばったりだったり、中途半端で物事を投げ出すことは決断するということじゃないんです。そしてただ決めるのを恐れて問題を先延ばしにするのは、単なる優柔不断。

まあ自分にとってのゴールがはっきりしていれば、そこから逆算すればいいだけなんだから、選択基準も明確になる。自分で決めて自分で納得できる結果を生み出せる。

<参考過去記事>
図解あり/自分で決めると結果はどうあれ納得できるし楽になる。流されると結果に不平と不満が募ってストレスになる。

いまいち物事決められない。すぐに決めても結果が思い通りついてこない。

もしそう感じることがあれば、一度振り返って考えてみることですわな。自分は目標を明確にしているだろうか。明確な目標を基準に判断できているだろうか。と。

それはっきりしていれば、決めることもそうでないことも、はっきりするってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。