小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

手放すことを恐れるよりも、停滞することを恐れよう。重いだけの執着を手放せば、身軽になれて前進できる。

小川健次

引き寄せと目標設定の原理原則
小川健次
↑ 大阪 7/28(土) ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑






LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

手放すことを恐れるよりも、停滞することを恐れよう。重いだけの執着を手放せば、身軽になれて前進できる。

手放す勇気が新しい可能性に気づかせる

両手で持てる量には限りがある。手の大きさによる個人差はあるでしょうし、中には足を使える人もいるかもしれない。
小川健次Blog
それでもどこかで、もうここまでという限界は来る。無限に抱え込める人などいないし、無限に抱え込めるものなどない。

欲しいもの、抱え込みたいものは無限大。それでも抱え込める量には限りがある。

全部を抱え込もうとすれば、限界超えた以上のものは、どうやっても手に入らない。だって持てない、抱え込めない、それ限界。すべての人に愛されたい好かれたい。批判はされたくないし、意見もされたくない。それ言ってたら何も行動できなるでしょう。何かをその手にしたいと思うなら、何かを手放す必要がある。

ちなみに、僕が毎朝無料配信している、小川健次メールマガジンや、毎朝一言のLINEのメッセージにしたって、人によって好き嫌いがある。皆に好かれようと思ったら、何も言えない以上、多少ドン引きされるつもりがなきゃ、あのノリも維持できませんよ。

そのどちらの選択が正しいか誤っているかということじゃない。そのどちらかを選択しなければ、何も手に入れることはできない。どちらかを手放さなければ、それ以上は抱え込めない。

そりゃ何も手放すことなく、すべてを手に入れることができればそれがいい。とはいえ時間は有限。死ぬまでに限られて時間の中でできること、手に入れられることは必然的に限られる。

もちろん、すべてがノルかソルかの二者択一じゃありませんよ。うまいこと折衷策を編み出しての良いとこ取りをすることもあるでしょう。だとしても、結局それは他の部分を削っての妥協策。限界に収まる範囲にまとめたに過ぎない。

持てる量、抱え込める量には限界があるんです。あれやこれやとその全てを手に入れたいと思うことは、結局のところ何もしたくないと言ってるのと同じこと。何かを手放したとき、はじめて新しいものが手に入る。

とはいえ、手放すことを悲観する必要はない。手放すということは、同時に何かを手に入れられるチャンスを得るということ。前進できることにワクワクと心躍らせていいことですよ。

<参考過去記事>
苦しいこともしんどいことも、執着を手放せば消えてなくなる。目先のことではなく、未来のための選択をしよう。

手放すものは、その場そのときその状況によって違うでしょう。時間なのかお金なのか。それとも大切な人なのか、仕事なのかはわからない。でも手放す分だけ身軽になれる。手放した分だけ新しいことを抱え込めるキャパが増える。

往々にして常に新しいことにチャレンジできる人ってのは、手放す勇気を持てる人。今まで抱え込んでいたものの中から、取捨選択してスパッと手放して身軽になれる人なんです。

失うものではなく、手に入るものに目を向けよう

馴れ合いの人間関係や、惰性でやってる仕事。別れた男の思い出や、過去の成功体験、それを引きずって、いつまでも抱え込んでいたところで、新しいものを手に入れることなんかできやしませんよ。

抱えたまま墓場までいきたい。それ手放せないくらい価値がある。それ以上に価値あるものなどあるわけない。そう自分で覚悟しているんならそれもいい。そうでもないのに、いつかそのうち手放そうと思ってるなら、

と っ と と 今 す ぐ 捨 て ち ま え。

無価値だと思いながらひきずってる思い出や、惰性で関わっている人間関係を手放すから、新しい視点でモノが見える。新しい発見が生まれ、新しい人と出逢うんです。だから望んだものを手に入れるチャンスに恵まれ、結果的にそれが手に入る。

一方、手放すつもりは微塵もなかった大切なものが、不可抗力によって手放さなければならなくなった。強制的に手放す羽目になった。そういうこともある。

自分の意思に反したことであれば、そりゃ悲しいし悔やしいですよ。だけどその感情もどこかで手放すんです。大切だったものなら忘れる必要はないし、忘れることなどできやしないでしょう。それでもあえて感情を手放す。

悲しくて悔しくて落ち込んでいる状態だとしても、そこを乗り越えた先にあるものに目を向ければいいんです。経験は未来に活きる。今は苦しくても手放せば、それと同等のものが必ず手に入る。

手放すということは、単に大事なものを失ってマイナスになることじゃない。より大事なものを得るためのプロセスにしか過ぎないんです。失うことへの不安や恐れではなく、得られるものへの期待感に心を向ければいいんです。

<参考過去記事>
引き寄せの法則で、出会いたい人に出会う方法。あなたは理想のパートナーと、最高のご縁で結ばれる。

今の時点で無意味で無価値だと自分で理解しているものへの執着心は、単なる停滞の要因にしかならない。考えてみればいいじゃないですか。今自分が執着していることで生み出されるもののと、それを手放すことによって生まれるもの。どちらが自分にとって価値あると感じるものか。

その上で、絶対に手放すべきでない価値あることは、守り抜けばいいだけのこと。誰にでも譲れないものはある。それはそれで大事にすればいいんです。

だいたいね、手放して本当の本当に困ることなんて実のところそうそうないでしょ。なんだかんだで手放してみたら、あれ? なんか全然影響無かったわ。そう思うことがほとんどですって。

僕たちがその手に持てる量には限界がある。ならば新しいものを手に入れたければ、勇気を持って手放してしまえばいいんです。すると、今まで以上の幸福が手に入る、本当に手に入れたいものが引き寄せられるってことですわ(^。^)y-.。o○

引き寄せの法則の、決定版講座
↓ ↓
早期割引実施中
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。