小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分から愛を注ぐイメージが、理想のパートナーを引き寄せる。イメージをプラスに積み上げると、大切な人とのご縁が結ばれる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分から愛を注ぐイメージが、理想のパートナーを引き寄せる。イメージをプラスに積み上げると、大切な人とのご縁が結ばれる。

■イメージの基本はマイナスの回避ではなく、プラスの積み上げ

心に描いたイメージが鮮明であればあるほど、そのイメージどおりの人にめぐり逢えるし、そういう人を引き寄せる。

小川健次Blog

強く鮮明に描かれたイメージは、潜在意識に作用し、思考と行動がそれを実現するように、スイッチ押して方向付けをするんです。


そしてイメージすべきポイントは、その人の容姿やパーソナリティはもちろんのこと、その人とどんな道を歩んでいきたいか。その人との関わりで自分自身がどのように幸福になっていきたいのか。

つまりは、肯定的なイメージであり、物事やライフスタイル全体が、プラスに積みあがっていくことをイメージするんです。

一方で、こういう人は嫌。こうなりたくない。こういう関わり方はNG。こうなると不幸。と、不安を基にしながら、それを回避しようとするイメージは最悪。回避どころかそのとおりになるから。

だってわざわざ不幸をイメージしてるんだもん。そればっかり気にしてるんだもん。あーなりたくない。こーなりたくない。あ、でもそうなっちゃった。言ってみれば不幸になるのが好きなんです。そんな自分を愛してるんです。

そしてもう一つ。相手に依存するイメージ。自分の問題を、理想の人が解決してくれるイメージを描くのも、これまた最悪パターンの一つですわ。

欲しいモノを買ってくれる。親の面倒見てくれる。好きな家に住まわせてくれる。私を幸福にしてくれる……etc

あのね。それ単なる依存だから。自助努力を放棄して、単に自分に都合よく楽して問題解決したいだけでしょう。

同時に自分で自分の力を信じていない証拠。自分で問題解決できないと思ってる。問題解決できるイメージができないんです。だから理想の人をイメージしているようで、それが実現しないのをイメージしているのと同じこと。

それに、問題解決を理想の人に絡めるということは、理想の人がいないと実現できないという、ネジ曲がっていて、かつ曖昧なイメージにもなる。だから何も手に入らないんです。だからいつまでも自分独りの世界で堂々巡りしてるんです。

だから解決したい問題についてはそれはそれとして、別にイメージすればいいこと。依存ではなく自分の力を信じればいい。心をフラットにして執着を無くせば、自然とそれは解決できる。

そして理想の人のイメージは理想の人ですればいい。前述のとおりあくまでもプラスの積み上げ方式で。そして執着しないで、さもそれが自然かつ当然のように確信できると、引き寄せの法則が発動する。

<参考過去記事>
期待と執着を手放すと、仕事も恋愛もうまくいく。ありのままの現実を受け容れて、引き寄せの法則を発動させよう。

まあ、自助努力を放棄して、依存目的で誰かと付き合いたいなんて思う人は、誰からも相手にされなくて当たり前といえば当たり前。

どんなにイメージしてみても、結果誰からも華麗にスルーされるのがオチでしょう。

■イメージに従って動けば縁を引き寄せる

まず自分の相手を鮮明にイメージすること。それが大前提。そしたら、そのパートナーとどのように幸福になっていきたいか。どんな付き合い方をしたいかをプラスに積み上げていく。

主体はあくまでも自分なんです。誰かに愛を注がれるイメージではなく、ます自分が愛を注ぐイメージですよ。

つまりは、自分がどうやってその人を幸福にすることができるか。どういう付き合い方をすればその人が笑顔になってくれるか。そしてそれを実際にやっている自分をもイメージするということです。

幸福にしてくれる誰か、笑顔にしてくれる誰かなん現れない。そのイメージは単なる依存。そして執着。だからそんなヤツはいない、そう割り切ってイメージから捨ててしまっていいんです。

周囲の状況環境なんか気にしない。誰がどうのなんてのも気にしない。まずは自分がそうなるイメージ。自分がそうできるイメージを描けばいい。そして確信できれば執着なんか手放せる。

まあ現実的に考えてみても、相手依存であれこれ条件考えてたら、条件が増えれば増えただけセグメントがきつくなる。出逢う母数が減るわけだから機会損失になるだけのこと。結果自分でハードル上げてるってことなんですがね。

家にこもって体育座りしながらイメージしてれば、理想の人がいきなり家に上がり込んできて口説いてくれるかっていえば、んなことあるワケない。あってもそれ理想の人やない。それアブない人や。

自分で描いた自分のイメージに従って行動すればいいんです。動くんです。偶然という不可抗力に頼るのではなく、自分で道を切り開く。幸福にしてくれる誰かに見つけてもらうのではなく、幸福にできる誰かを見つけに行く。

理想のパートナーを鮮明にイメージしつつ、必ず出逢えることを確信するんです。そして自分は理想とする人を幸福にしている、笑顔にしているところもイメージする。あとはそれに基づいて行動する。

するとどこからともなく、そういう人が現れる。それこそホントに引き寄せる。これ引き寄せの法則。もしくご縁の力。

<参考過去記事>
心からその人のためだけを想うと、必ず愛は引き寄せられる。見返りへの執着を手放して愛を注げば、大切な人との距離はグッと縮まる。

いやまあ、それもあるとは思いますが、そこまで覚悟決めて、自分イメージをはっきり持ちつつ、自分の道を歩んでいる人なら、誰も放っておかないってもんですよ。必ず誰かが声かける。

恋愛ごとや結婚ごとに限らずとも、依存したりされたりの関係でいるよりも、お互いを自立した一人の人間であることを前提にした、尊敬し合える関係であるほうが、信頼の絆は強くて固くなるというもの。

言ってしまえば、自分が理想の人から、理想の人だと思えるような生き方すれば、その人との縁は自然と引き寄せられるってことになるんでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。