小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分と他人の違いを認めれば、ストレスが無くなり信頼が生まれる。その人のありのままの心を受け容れれば、お互いが幸福になれる。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 東京・大阪・名古屋 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


本当の自分を取り戻す
小川健次
↑ 8月鹿児島 2日間 ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

自分と他人の違いを認めれば、ストレスが無くなり信頼が生まれる。その人のありのままの心を受け容れれば、お互いが幸福になれる。

■自分は自分で他人は他人。

誰だって自分が一番可愛いと思うもの。自分が思い通りにしたいし、自分の好きにしたい。やっぱり自分が満足したい。

小川健次Blog

それはそれでいい。でもそれは、あくまでも自分基準であって、他の誰かは他の誰かの基準がある。自分の基準と他の誰かの基準は違うもの。


自分が満足するから、他の誰かも満足するかといえばそれは違う。自分が好きなものを皆が好きかといえば、それも違うでしょう。自分は自分で他人は他人。よそはよそ。うちはうち。

だからそれを基準に他人に接しても他人はドン引き。自分の満足とアンタの満足違うでしょ。その価値観を押し付けないで。それを無理矢理強制しないで。

そんな相手の心の状態を無視して、一方的に自分の価値観を押し付ける。自分の常識を強制する。私が楽しいんだから、あなたも楽しいでしょ。私が好きなんだから、あなたも好きに決まってる。いや、それちょっと待て。

相手にしてみりゃありがた迷惑大きなお世話。ぶっちゃけウザいし面倒くさい。

自分としては良かれと思っているから、やってるし言ってるし薦めてる。でも相手はそれに対して前向きじゃない。あなたのために言っているのに。あなたのために進めてるのに。なんでわかってくれないの。

そうしてお互いの関係がギクシャクしはじめる。良かれと思ってやってるのに、何でそれを受け容れてくれないの。こうすれば満足できるはずなのに、なぜそれを言う通りやってくれないの。

それが思い通りにならないからイライラする。自分で勝手に期待する。私はが良いと思うもの。この人も良いと思って当然だ。でもそうじゃない。なんかムカつく。腹ただしくなる。

単なる一方的な押し付けにすぎない。なのに、そのとおりにならないから、なぜかその責任をその相手に押し付ける。私の気持ちをわかってくれないあいつが悪い。想いに同調してくれないあいつは最悪。自分は悪くない悪いの全部あいつのせい。

相手にしてみりゃワケわかりませんわな。なぜか勝手に期待されて、勝手にイライラされて怒られる。ワケわかんないし面倒くさい。関わるのやめとこーっと思われて、気が付いたときにはさようなら。フと気づいてみるといなくなってる。

あのね。相手と自分は違うんです。自分の考え自分の価値観を相手に押し付けるというこは、お互いにとってメリットになることなんか何もないんです。

まずは自分がどう思うかではなく、相手がどう思うかを考えなければ、お互いの信頼関係なんか結ばれませんよ。自分の気持ちがどうこうよりも、相手の気持ちを考えないと。

<参考過去記事>
本当に大切だと想う人なら、その人の気持ちを優先しよう。大切な人の笑顔のために力を注ぐことが、自分の幸福への近道になる。

相手の気持ちを無視して、自分の気持ちのみを優先sるのは、結局のところ自己満足にしかすぎないんです。他人の心を支配して、他人を思いどおりに動かそうという傲慢な心の動きなんです。

まずは相手の気持ちを優先する。自分とその人は違うんだから、その人の思いに気を配る。そういう余裕ある接し方が、結果的に相手の心の余裕になる。他人は自分の心の鏡にしかすぎませんよ。

■相手を認めるから、自分も認めてもらえる。

他人は他人。自分は自分。まずその前提は忘れないことですよ。どんなに近い相手でも、相手と自分はそれぞれ違う。あなたの価値観は相手の価値観と違うんです。

自分は自分。それでいい。その上で、相手のパーソナリティを知って認める。それが自分にとって期待したことと合うかどうかは関係ない。良いも悪いも含めて、事実としてその人がどんな考えを持っているかを知って認めるんです。

この人はこういう人なのね。こういう価値観なのね。それで納得。それ以上もそれ以下もない。その人はあくまでもその人。あなたの分身じゃない。あなたとは別の人ですよ。

相手を認めて支配しようとしないこと。それはつまり、相手の人間性を、あるがままに認めるということ。

すると、その人とどういう関わり方をすることが、お互いにとって幸福な未来をつくることになるのか。お互いの信頼関係を築くことができるのか。冷静になって考えられる。

一方的な価値観の押し付けではなく、お互いの考えを尊重し合えているから、お互いにとって心地よく、安心できる関係性ってやつが出来上がるんです。

さらに、そういう付き合いの延長で、今まで見えていなかった、相手の違うパーソナリティが見えてくる。あ、この人こういう一面もあったのね。こういう考えを持ってたりもするのね。そこに気づくから自然に相手に対する感情も変わってくる。

会う回数や時間が増えるにつれて、ますますお互いのことが好きになれる。もっとお互いのことを知りたくなれる。ホッとしながらも刺激的で充実した関係性が育まれる。

自分の価値観のみを基準にし、相手も同一だと勝手に決めつけて、こう反応してくれるに違いない。そんな自分勝手な期待感からは、お互いにとってのストレスにしかなりませんよ。

相手の心は支配できない。最後は相手が決めること。あなたができることは付き合い方を変えることくらいなものですよ。そしたらあとは手放す。決めるのは相手。相手の心は相手にある。だから手放す。相手を信用して任せてしまえ。

いいじゃないですか。それぞれ違う価値観、違う生き方考え方であったって。そんなお互いの違いに惹かれるから、今お互いが近くにいる。ならば信じて心を委ねる。するとお互いの関係はもっと深まりますから。

<参考過去記事>
相手を信じて心を委ねるから、愛が引き寄せられる。縁ある人との関係は、お互いがホッとできる安心感で深まっていく

まずは相手のことをあるがままに認めることです。自分と違うことを認めるんです。お互いが違うという前提の上で、お互いにとって価値ある最適だと思える付き合い方をする。だからこそお互いを認め合える関係になる。

あの人は自分のことをわかってくれない。あの人は期待に応えてくれない。そんな考えが頭をよぎったら要注意。それは相手を支配したいという自己中心的な考えの現れだから。

他人は自分の心の鏡。うまくいってるときも、そうでないときも全ては自分の心に原因がある。そんなことを忘れなければ、人付き合いに余計なストレス感じることなんか、ほとんど無くなるってもんですわな(^。^)y-.。o○



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。