大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

心折れずに信じてやり続ければ、必ず望む結果に近づいている。必ず最後はうまくいくイメージを描ければ、そのとおりになる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

心折れずに信じてやり続ければ、必ず望む結果に近づいている。必ず最後はうまくいくイメージを描ければ、そのとおりになる。

■停滞しているに見えても前進している。

やるべきことをやり、目の前の問題を一つ一つ丁寧に解決し続けているのに、なかなか思い通りの結果にならないときってのはありますよ。

小川健次Blog

持てる力のすべてを出し切って、やれることをやり切っているにも関わらず、どうにも歩みが進んでいるとは思えないこともあるでしょう。

でもね、そこで結果が出ない、前進を実感できないから、やーめた!と言って投げ出してしまえば、そこで終了さようなら。それまでのことは、無駄にはならないかもしれないが、まあそういうこともあったよね、という思い出話しになるだけのこと。

そのときに、どのようなメンタルをつくるかというのは、今週末の東京を皮切りに、開催スタートする『愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座』の中でも紹介しようと思っている、いろいろな事柄に共通する割と重要なテーマ。

まあ、どんなことだろうが、誰であろうが力を尽くしていても結果に近づいている実感が持てない、やってもやっても何かがプラスに作用しているように、感じられないことってのはありますよ。

最初のうちはいいんです。スタートした直後は割といろいろ実感できる。だって最初だからどれもこれもが新鮮に感じるんだもん。これまでなかった刺激も多い。自分が変わっていったり、成長したりも実感できる。日々起こることのすべてが成果に近づいていると感じられる。

とはいえ、そういう面白さや充実感もスタートしてからある時期のところまででしょう。経験や、実績に比例して、だんだん新しい刺激ってのは少なくなる。要するに慣れですよ。慣れ。だから何か足踏みしているような感覚、止まっているんじゃないかと不安になる。

すると、自分にそれはできないんじゃないか。そもそも意味ないんじゃないか。どうせ無理、どうせ無駄。そんな投げやりな感情が沸々と生まれてくる。やる気も無くなりて、結局それまでやってきたことをあっさり放り出す。

と、そうなる前にちょっと待て。あのね、スタート直後だろうが、ある程度経っていようが、行動してればそれは蓄積されてるんです。目には見えなくても力を尽くした分のリターンは必ず。その経験がやがて自分にとって大きな糧になるのは間違いのないんです。

今ちょっと停滞しているように見えるだけ。そう感じているだけ。ならそこで投げ出さいことですよ。やり続けている自分を信じるんです。それに、そうやって積み上げた経験という糧が、後でボディーブローのようにジワジワと効いてくることもある。

もちろん、常識的かつ論理的な推察の結果、どうやったって今の延長でいくのは無駄、そもそも手段や方法が間違っている。このままならホントに徒労になる場合もある。それはそれで、手段や方法変えればいいだけのことでしょう。

でもそれは、建設的な方針な転換であって、途中で投げ出すってことじゃない。やり続けていて、まだ結論も出ていないことを、ちょっと不安になったことを諦めるなら、そりゃ投げ出すのと同じこと。

昨日は出口が見えなかったことでも、今日なら見えるかもしれない。肌で感じられないかもしれないし、目では見えないかもしれない。でもやり続けている限り進んでいるんです。積み上がっているんです。投げ出すのはまだ早い。

<参考過去記事>
今日のあなたは、昨日よりも成長していてチャンスに満ち溢れている。昨日できなかったことでも、今日のあなたにはできるかもしれない。

歩いていれば前に進んでるです。やってれば積み上がってますから。放り投げてしまえば、これまでのこともそれで終了さようなら。

積み上げ続けていればが、やがて沸点に到達するんです。それまでは投げ出さないで火を消すな。

■信じれば心は折れない

やり続けていれば、それまでの積み上げてきたものがバーンと弾けるときがくる。道がドーンと開けることがくる。そこからまた上昇カーブは急に上向きになることだってある。コツコツは勝つコツ。

これまでの経験を振り返ってみればいいんです。ちょっとやってみただけで、すぐに望みの結果が出たことよりも、不安に耐えつつもやり続けてたら、どっかでそれが結果になったということのほうが多いでしょう。

そりゃほんのちょっと、ちょちょいっとやってみただけで、望みの結果が手に入るならそれがサイコー。それが一番。でも現実にそういう話しなんてないでしょ。そんなのはファンタジーですよ。仮にあったとしても奇跡レベルでの稀な話し。

だから、ちょっと前進を実感できない。結果が出なくてしんどい。そう思うことがあったとしても、そんな奇跡に期待して放り投げるようなことしないで、とにかくやり続けてみることですよ。

停滞しているように見えるだけなんだから。それはスタート期を過ぎたら必ず通る道なんだから。そこはそういうもんだと割り切って、淡々とそして粛々と力を尽くし続ければいいんです。やり続ければいいんです。必ず前進してるから。

なのに、あきらめてブン投げて、運や奇跡という不可抗力や、周りの状況や環境、そして他人に身を任せてしまうのも、もったいない話でしょ。バカバカしいことこの上ない。やってれば結果が出るはずなのに。

だからと言って、上でも言ったように明らかに生産的でないことを継続したり、どう論理的に考えても未来のないことを、改善や改革も無しにバカの一つ覚えのように継続するのとは、意味合いが違うことなのでそこはバランスの問題。

それに、本気になるわけでもなく、ただダラダラと馴れ合いの継続っても時間の無駄。だったら他のことをやったほうがいい。

言ってしまえばミもフタもないことですが、信じることですよ。必ず最後はうまくいく。途中の経過はどうであろうと、必ず望みの結果を手に入れられると。揺らがないことです。いや、揺らいでもいい。でも最後は信じる。

そしてイメージ。望みの結果を手に入れていることをイメージとして描けていれば、心折れることないんです。折れそうになっても最後は折れずにいられる。だってあなたが心に描いたイメージは現実になるんだから。

<参考過去記事>
あなたのイメージした結果が引き寄せられ、思考は現実化する。良いことも悪いことも、すべての現実はあなたの心の影。

ちょっと壁にぶち当たったからって、やるべきことから目をそらさなくていいんです。今できることをやり続ければ結果になるから。やろうと決めとこと、手に入れたいと望んだことのために、今できることを、やると決めたことを精一杯やり続ける。

前進が実感できないことはある。成果を感じられないことはある。でもそれ目に見えてないだけ。必ず前進してるから。必ず結果に近づいているから。それをイメージして信じればいい。最後の最後は信じる力の強い人が勝つってもんですしね(^。^)y-.。o○

というわけで、信じられるイメージの描き方は以下で

■小川健次特別セミナー開催決定
東京8/20 大阪9/3 名古屋9/4 福岡9/11
愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
小川健次セミナー

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事