小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

他人の無意味な言葉に縛られず、自由でいれば軽やかな心でいられる。みんないろいろ言う割りに、その言葉のほとんどに意味はない。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

他人の無意味な言葉に縛られず、自由でいれば軽やかな心でいられる。みんないろいろ言う割りに、その言葉のほとんどに意味はない。

■発する言葉、聞く言葉のほとんどに意味はない

極端な独り言ってのは別にして、僕たちが言葉を発するときってのは、当たり前ですが自分の意思を誰かに伝えたいときですよ。

小川健次Blog

でもね、だからと言って、発する言葉のひとひとつに対して明確な意図、そして目的のある意味を込めているかというと、実のところそうでもない。

だって、言葉を発する度に、いちいちその一つ一つが明確な意図と意味を込めてたら、日常の何気ない会話なんか成立するわけない。そんなこといちいち考えてたら、何も言葉にできなくなる。

だいいち、それ聞かされるほうだって、いちいち集中しなきゃいけないから、面倒くさいわ大変だわで、関わるのも嫌になる。

もちろん、時と場合、発する人や聞く人の立場次第で、言葉は深く考えて、明確な意図と、目的のある意味を込めて発しなきゃいけないこともある。何も考えずに適当なこと言ったおかげで、景気動向に影響与えたり、国際情勢に緊張状態を生みだすわけにもいかないでしょう。

まあそういう特殊事情でもない限り、僕たちの日常生活の中に存在する会話のほとんどは、これといって大した意味もなければ、何の目的もなく、その場そのときの思い付きなんです。

思いつきだから、何を言ったかも何を言われたかも覚えてない。だって意味ないんだもん。覚えておくことにだって意味ないでしょう。

例えばあなが今日発した言葉。今日耳にした言葉。そのうちどれくらいを覚えてますか。どれくらいが心に深く刻印されていますか。そう考えてみると、実のところほとんど覚えてないでしょ。そもそもこのブログの昨日の記事だって覚えてないでしょ。

そりゃね、仕事のことや家庭のこと。あらためて重要だと理解しながら聞いたこと、発した言葉であれば覚えているでしょう。っつーかそれは忘れちゃダメでしょ。でもそれ以外のことはどうなのか。ランチしながらした会話、会議の中での雑談など、どれくらいが心に残っているか。

考えてみれば、こういう会話があったよね。そういやあいつがあんなこと言ってたな。そのくらいのことは覚えていることもあるでしょうが、どういう流れでその会話になり、お互いがどういう言葉を発してなど、一言一句覚えていることなんて覚えてない。

そうやって、ほとんどの言葉を僕たちは覚えていないにも関わらず、現実の日常生活では、それで支障をきたすことってほとんどないでしょ。自分が発した言葉、自分が聞いた言葉。そのすべてをいちいち覚えてなくたって、別に今だって困ってない。

要するに、誰がどこで何言ってたなんてのは、あなたにとってはあんまり意味がないことなんです。それ言ってる人もそれほど深い意味があって言ってるんじゃないんです。その場そのときその状況に応じて何となく思いつきで言ってるだけなんです。

ホントに意味があるなら、意味が伝わるように話すでしょ。相手だってそうやって話してくれる。仮に態度や姿勢がそうじゃなくても、なんとなく空気でそれが重要かどうかなんてわかるじゃないですか。

<参考過去記事>
大切な人とは正面から向き合って話すから、心の距離がググっと近づく。誠実に向き合おうとするから、お互いの想いが通じ合う。

日常で僕たちが口にしたり耳にする言葉ほとんどは、良くも悪くもそんなもんですよ。大した意味もなければ大した考えもないものばかり。

そんなもんをいちいち気にしたり、そんなことに過剰に反応するのなんてバカバカしいことこの上ない。それにストレスまで感じてるようであれば、それこそ無駄。労力の無駄使いですよ。

■他人の言葉に縛られなくていい

日常会話のほとんどは、記憶にも印象にも残らないような、思い付きレベルのものばっかりなのに、そこに自分が関係している会話になってくると、なぜだか気になる記憶に残る。

そりゃまあ、誰だって自分のことは気になりますからねえ。直接の名指しじゃないにしても、自分に関する話題については、意図せずともどうしても心に留まってしまうもの。

でもね、それ気にしてるのはあなただけですよ。それ言った本人はもすっかり忘れてるから。え?オレそんなこと言ったけ? そんなもんです。だって言いたいだけ。口にしてみたいだけ。何となくその場の流れで言っただけ。ただそれだけなんだから。

言葉を発する人にしてみれば、あなたや、あなたに関連することについての会話も、それ以外の会話も、実のところ別に大差ないんです。あなたのことだから意味があったわけじゃない。別のあの人のことだから何か意図があったわけでもない。両方とも単なるその場の思い付き。

もちろん、上でも言ったように、そうじゃないこともありますよ。あなたに伝えたい、あなたの腹に落として欲しい。そう思って言葉にするときはある。そういうときはそういうときで、お互いちゃんとわかりますよ。

あなただってそうでしょ。あなたが会話の中で、誰かについて触れるとき。特別に意味があってのことじゃない。単なる話題として言っただけ。その人をどうこう思うワケでもなく、何となくその場のノリで言うだけでしょうよ。

ホントに意図と意味をその人に伝えたいと思うときは、ちゃんとそういう話し方、そういう姿勢になるでしょ。ちゃんと相手に伝わるように心に残るように言うでしょbr>

だからね、他人がどこで何を言ってたか、あなたに何をどんな言い方したかなんて、気にしても意味がない。意味のないことに反応して気にするから、あの人にこう思われてるに違いない、あの人は私をこう評価してるに違いない、あの人は私こと好きだ、嫌いだ。そんなことで右往左往することになる。

無意味な言葉にいちいち反応して一喜一憂してるから、相手のホントの気持ちを洞察できなくなる。疑心暗鬼になるし不安になる。なぜだかビクビクすることになるんです。

繰り返し言いますが、みんな日常の些細なことで、そこまでいちいち考えて発言なんかしませんよ。それが仮にあなたのことであろうと、あなたに向けられた言葉であろうと、そのほとんどは単なる思いつき。言いたいだけ。言ってみたいだけ。

なので基本的には他人の言葉なんていちいち気にしないことです。そもそも言った本人が忘れてしまうような言葉を、聞いたほうが気にしててもしょうがない。

目先の細かい言葉のあれこれ拾って、あのときああ言った、あそこでこう言われた、なんてことをウジウジ考えるのではなく、その人の日頃の言動全体を通して、どんな想いを持っている人なのかということについて、考えを至らせるからお互いの関係が良好になるんです。

<参考過去記事>
あの人の心に寄り添って、本当の想いに応えればお互いが幸福になる。言葉や態度で右往左往することなく、心の声にも耳を傾けよう。

そりゃあね、いくら単なる思い付きで意味のないこととはいえ、許せない発言については100倍返しでいいんです。もしくは、そういう無思慮はヤツとはとっととさよならしたほうが話しは早いかもしれませんがね。

いずれにしても、意味のないことに縛られる必要なんてないんです。華麗にスルーでいいんです。そもそも意味のないことに、わざわざ自分で意味を加えてまで、それに振り回されてても得るものないでしょ。疲れるだけだし。

自分で縛りつけている、他人の言葉。そこから自由になっていいんです。それだけで肩は楽になる。そして余計なストレスもなくなり、本当に意味のあることで大切な人と向き合えるようにになるもんですわ(^。^)y-.。o○

スルー力を高めるには

■小川健次特別セミナー開催決定
東京8/20 大阪9/3 名古屋9/4 福岡9/11
愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
小川健次セミナー

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。