大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

できることを今すぐやれば、答えが見つかり気分も晴れる。できないことに不満を言うだけなら、ますます心が重苦しくなる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

できることを今すぐやれば、答えが見つかり気分も晴れる。できないことに不満を言うだけなら、ますます心が重苦しくなる。

■できないことは華麗にスルー。できることに注力しよう

冷静かつ客観的に考えてみれば答えがわかることはある。慌てず一息ついて状況や環境をよくよく分析してみれば、自分が取るべき最善策が何かがわかることだってある。

小川健次Blog
一方で考えたってわからないことはある。明日の予測はできても確証なんかどこにもない。予測していた今日と、実際に過ごす今日が全然違うなんてよくあること。人間万事塞翁が馬。

同時に、取るべき最善策がわかっていても、正しい答えがわかっていても、自分じゃ今はどうすることもできないことだってあるでしょう。

人間の可能性が無限大。なんて言いますがね、ありゃ嘘です。可能性には限度がある。アンドロメダで機械の体でも手に入れない限り、人は必ずいずれ死ぬ。死ぬまでの限られた時間の中でできることしかできないんだから。

限られた時間の中である以上、自分ができることには限度がある。どうしたって手が届かないことや、自分にはどうすることもできないものはある。

だから考えてもしょうがないことについて、いつまでも考えてても時間の無駄。そりゃ考えてわかることなら、考えればいい。論理的に順序立てて考えて、答えに近づけるなら、それを端折らず考えればいい。でも、そうじゃないなら、考えると言いながら、実は問題を先送りにしてるだけ。

自分の力が及ばないことについても同じですよ。力を尽くせばどうにかなるなら、そりゃ計画立ててやればいいだけ。でもどう考えたって自分の力の範疇超えてることについて、あれこれ言ってても問題は何も解決しない。

考えた計画がうまくいくかどうかわからない。そりゃそうでしょ。だってまだ実行してないんだもん。それがうまくいくかどうかわかるのは、それ実行してみたときだけ。考えてみたところでわかりませんよ。

TVや新聞でニュース見ながら、世相がどうのこうの。政治がどうのこうの。あなたが世相や政治に影響与えられる立場なら、それについて考え行動すればいい。そうじゃないなら、それ言いながらイライラしているだけ時間と労力の無駄でしょう。

考えても答えの出ないことについて考えてみたり、できないことや力の及ばないことについて悶々としたところで、心がイラつくだけ。不安が募るだけ。ストレスになるだけで得なことなんて何もない。

そうしているくらいなら、まずは今の時点で自分ができることをやればいい。それ以上考えてるだけ無駄だから。あれこれ迷っているだけよりも、できないことをどうのこうのと言ってるよりも、遥かに前進できるでしょ。

考えたって答えの出ないこと、自分が直接的に影響を及ぼすことのできないことのために、限られた時間を使うことは文字通り浪費ですよ。その時間を他に使えばできることはもっとあるはず。

現実に今目の前にあることで、今すぐできることなんかいくらだってある。取り組めば今すぐ解決できることだってたくさんあるでしょう。

もちろん、そのすべてはいっぺんにはできない。ならば優先順位をつけた上で、一つ一つ片づけていけばいいだけのこと。今すぐやれることはたくさんある。

まずはできることをはっきりさせる。その優先順位を決める。そしたら後はごちゃごちゃ言わない。あれこれグズらない。今すぐやればいいんです。今すぐ。あれこれ空想するより行動したほうが結果は出る。

<参考過去記事>
本気で実現したいと思うから、今の行動と未来の結果が生まれる。ただ空想するだけなら、その場楽しいだけで何も生まれない。

できることを今すぐやらず、それを先延ばしにしながら、状況が環境が、って言ったところで空しいだけ。今できることは限られてる。だったらそれやればいいんです。

そこで、自分が前進しない責任の所在を、自分の力の及ばないところに求めようとしたり、ありもしない未来への確証を求めようとして、目の前の問題解決を先延ばしにするから、結局何も先に進まなくなるんです。

■迷っているうちに時間は過ぎる

ちゃんと足元を見て、今ある目の前の問題に対して向き合えば、できることもやるべきことも明確になる。あとはあれこれ言わずにそれやればいいだけ。動けばいいだけ。

上でも言った通り、未来の確証なんかどこにもない。どの選択肢が正しいかなんてものやってみなけりゃわからない。ならば最後はカンでもいいし、好き嫌いでもいいですよ。とにかく自分のできることを何でもいいからやってみる。

何かをやれば何かが起こる。犬も歩けば棒に当たるが、歩かなければ当たらない。仮に結果として痛い思いをすることになっても、それは未来の糧になる。すべての経験は財産になる。

まあ言ってしまえば、あれこれいろんな理由を並べて何もせず、ただ時間だけを費やすのが、一番もったいないってことです。それに何よりそんなの面白くない。ハッピーじゃない。

別に無理してできないこをやれと言ってるわけじゃない。できることをやればいいだけ。そんなに難しいことじゃないでしょ。ホントはできるのにやってないだけ、先延ばしにしてるだけ。失敗するんじゃないかと不安に思っているだけ。

どうにもならないこと、それ以上考えてもしょうがないことについて、あれこれ言ったり考えたりすることで、望みの結果が手に入るならそれもいい。人生何が起きるかわからない。超ラッキーだけでの大逆転も可能性としてはゼロじゃない。

って、まあそんなことこそ非現実的なんてこたぁ皆わかってるんでしょうがね。そんな超ラッキーを待つよりも、自分でそれを手に入れるために動くほうが、どう考えたって可能性は高いもん。

ならばまずは動くこと。迷ったらとにかくできることをやってみる。止まって考えていても答えは出ない。どうにもならないことはどうにもならないんだから、自分ができることをやるしかないんです。

さんざん考えて、これはうまくいくと思ったことでも失敗することはあるし、適当にやってみたらうまくいったなんてこともある。未来のことはわからない以上、考えてるということを停滞の理由にしないことです。

どっかで「えいやっ!」と決めて動くのであれば、5年後よりも1年後よりも、それこそ1か月後よりも、今が一番いいのは当たり前。

<参考過去記事>
今すぐやると、問題のほとんどが解決できる。条件が整うのを待つよりも、見切り発車のほうが結果にグッと近づく。

どうやったって力の及ばないこと、今考えたって答えのわからないことに、右往左往したところで得るものなんか何もない。

ならば動けばいいじゃないですか。止まっていても何も得られない。ただただ時間が過ぎる。気づけば平成も28年。気づけば今年ももう4ヶ月過ぎる。あー時間が過ぎるの早いのねえ。なんて言ってるうちにまた時間は過ぎる。

主体的に意味があって立ち止まることも必要でしょう。でも、なんとなく意味もなく道に迷うこと、立ち止まってしまうことがあったなら、まずできることに今すぐ取り組んでみればいい。すると進むべき道が勝手に開けてくるってもんでわ(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事