小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

歩み寄りができるから、お互いが幸せになれる。押し付けるから、お互いが不幸になる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

歩み寄りができるから、お互いが幸せになれる。押し付けるから、お互いが不幸になる。

歩み寄りができるから、お互いが幸せになれる。

あなたにとって、どれだけ大切な人であろうと、身近な家族であろうと、他人は他人であって、あなたじゃない。そして他人である以上、その人の考えや行動は支配できない。
小川健次Blog
もちろん、言葉で伝えること、態度で示すことで、その人の心に影響を与えることはできる。だとしても、それをどう理解し、どう処理するかの意思決定をするのは、あなたじゃなくてその人。

あの人の意思決定を受けて、あなたとしては、それが期待どおりじゃなかった。言ってほしい言葉が返ってこないし、そうして欲しいことをしてくれない。そう感じることがあるかもしれなお。でもそれしゃあない。だってそれ、その人の意思なんだもん。

僕が毎朝無料で配信している小川健次メールマガジンLINEのメッセージをはじめ、YouTubeの動画にしたって、その内容があなたの期待と異なることもあるでしょう。それだって、それが僕の考えなのでしゃあないこと。

彼は彼で、あなたはあなた。それぞれに自分の意思がある。好き嫌いや考え方の違いがある。それを第三者が支配できない。期待するだけ無駄なことだし、あなたが期待するほどに、それは相手への押し付けになり、相手にウザがられるだけ。





あなただってそうでしょ。他人に何をどう思われ、何を期待されようが、決めるのはあなた自身なんだから。それについて、横からあれこれ言われても、面倒くさいと思うだけ。

にも関わらず、彼はこうすべき。私がこう言ったのだから、彼はこういう対応して当然。私がこれだけ愛したのだから、彼が私を愛さないなんてヒドイ。そんな勝手な期待を抱え込み、その期待を前提に、あの人と接するから話しがおかしくなる。一緒にいても幸せを感じなくなる。

要するに、その手の見返りに対する期待感ってのは、愛じゃないってことよ。あなたが満たされることが優先で、そのために他人を思い通りにしたいだけ。あの人のことなんか実は愛していやしない。愛されないのには、そういう理由がある。

<参考関連記事>
愛しているのに、愛されない理由は〇〇だから。愛する人と結ばれるために、必要なこと。

まずは期待に執着して、それを押し付けないことよ。だって、あの人が何を考え、どんな選択をしようが、それはあの人の自由。その自由を、あなたが奪う権利はないでしょ。そして、その権利を奪おうとするから、面倒くさい女と思われて遠ざけられる

本当に大切と思う人、本当に愛している人と、幸せな結婚をしたいならば、期待への執着を手放して、その人の選択と決断を尊重すればいい。それがあなたの期待と違っていたとしても、まずその選択と決断を尊重して受け入れる。話しはそこから。

押し付けるから、お互いが不幸になる。

あの人の選択と決断を尊重するということは、卑屈になって、言いなりになれってことじゃない。

期待に応えないと、振られてしまう。あの人の思いどおりに振る舞わないと、あの人を失ってしまう。そんな不安に心を支配されるから、ただ言いなりになるだけの召使いになる。都合のいい女扱いされて、気づいたときにはポイ捨てされることになる。

あの人に自分の意見や考えがあるように、あなたにはあなたの意見や考えがあるのだから、あなたはそれに基づいた選択と決断をすればいい。そして、その選択と決断は、無理をして自分を押し殺し、相手の期待に応える必要はない。

あなたにはあなたの意見や考え方がある。あの人にはあの人の意見や考えがある。お互い別の人生を生きてる別の人。その当たり前の大前提で考えれば、お互いが相手を支配しようなんて思わない。お互いがお互いを尊重し合えるはず。





そこで、お互いの考えや意見、そして選択や決断に違いがあれば、お互いがそれを受け入れながら、譲れるところは譲り、譲れないところは譲れない、そんなコミュニケーションを経て、お互いの合意点を見つければいい。それが歩み寄りというやつ。

そこを全部すっ飛ばして、あなたの期待に全て応えるように、相手の考えを支配しようとする。ただ相手の顔色ばかりを気にして、相手の期待に応えようと、相手の考えに支配される。そんなどちらか一方から押し付けるだけの関係は、愛とはいえない。

お互いが違うのだから、期待してもその通りに返ってこないし、期待されてもそのとおりに返せない。大事なことは、その上で、お互いが幸せになれるように、歩み寄りながら、一緒に歩める道を見つけられるかどうか。そのためにお互いが、お互いのことについて向き合えるかどうか

向き合った結果、お互いに歩み寄れる余地がない。一緒に歩める道も見つからない。そうなったら、それは、少なくとも今はご縁がなかっただけのこと。残念ではあるけれど、焦らずにまた次のご縁を待てば、ちゃんと必要な出会いは引き寄せられる。

そうして執着せず、手放すことができたなら、会えないときに彼が何を考えているかで右往左往することもなくなる。お互いが穏やかな気持ちでいられる。

<参考関連記事>
会えないときに、彼が考えている5つの本音。彼女と会っていないときの男性心理。

歩み寄りができるから、お互いが幸せになれる関係をつくれる。一方的な期待を押し付けたり、卑屈になって相手の期待に応えることに、右往左往したりしていて向き合うことを恐れるから、結果的にお互いが不幸になってしまう。

合わないことがあってもいい。すべてを理解できなくてもいい。お互いがお互いの期待に応えられなくたって問題ない。それを認めた上で、どううまくやっていくかを、一緒に考えていけばいい。そのプロセスを経ていくからこそ、お互いを本当に大切な人と思えるようになるもんだしね(^。^)y-.。o○

人を惹きつける力を養うための、個別コンサルティング
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1500名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

オフィスは西新宿。住居は東京都杉並区と山梨県の富士山麓でデュアルライフ。

既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。