小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

期待と執着を手放すと、愛される理由。しんどい恋愛はやめられる。

取材記事/執筆記事掲載のお知らせ

●リクルートが運営する、結婚、婚活、恋愛サイト『セキララゼクシィ』にて、小川健次監修の取材記事が掲載されています。
セキララゼクシイ

セキララゼクシイ/小川健次取材記事

結婚したい人必見!男女の結婚観から婚活で失敗しないコツまで
●小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマン』にて、小川健次コラムを連載しています。

公式LINEでは一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップして公式LINEアカウントへご登録ください。
友だち追加
@ogawakenji

メールマガジンに関するご案内

【無料】ほぼ毎朝配信中
小川健次メール
小川健次メールマガジン

全国開催/小川健次セミナー予定

小川健次への個別具体的な相談はこちら

↓小川健次個別セッション↓
小川健次セミナー


YouTubeにて動画配信中
小川健次


<広告>


小川健次セミナー

期待と執着を手放すと、愛される理由。しんどい恋愛はやめられる。

期待と執着を手放すと、愛される理由。

誰にだって、恐ろしくどうでもいいことだとわかっているのに、イラっとしたり、ムカついたり、それこそブチ切れるようなことはある。
小川健次Blog
頭ではわかってる。そんなどうでもいいこと。スルーしとけばいいのに。だけど期待してた分、がっかりしてムカつく。執着してた分、手に入らなくてイラつくブチ切れる。

あなたもホントはそんなことしたくない。余計なことで心に波風なんか立てたくないし、意味もないことで不快な思いはしたくない。

ほんわかとお茶でも飲んで、ニコニコできる日常でいたい。僕が毎朝無料配信している小川健次メールマガジンや毎朝一言のLINEのメッセージでも読むなり、YouTubeの小川健次ちゃんねるを観るなりして、心穏やかであればそれでいい。

それでも、現実にはいろいろある。大なり小なり、日常の中の出来事や、身近な誰かととのことで、イラついたりムカつくことはある。





そのイラつきも、時間の経過とともに、何事もなく消えてなくなってしまうなら、それはそれでいい。でもね、そこでついその場の感情や空気に流されて、言わなくてもいいこと言ったり、しなくてもいいことをしたりするから、目も当てられない大惨事になる。

もとをただせば、放っておいてもいいような小さなこと。なのに、そこに突っかかって、話しをややこしくなる。そして気づいたときには、ギクシャクした関係になってしまう。

人と人、男と女の関係には確かにイラつくことがある。でもね、そうやって、あなたがイラつくホントの原因は、その人の行為や態度じゃない。

そのイラつきの本当の原因は、あなたの心にある。あなたが心のどこかで、その人にはこうあってほしいという期待感があるから。

そして、その期待への執着が、そのとおりの結果じゃなかった現実に、イラつきを覚える。期待どおりにしてくれない、あの人にムカついてくる。その期待が勢い余って、ときに彼の愛が冷めるセリフを言わせてしまうこともある。

<参考関連記事>
男の愛が冷める、女の5つセリフ。彼女の言葉で傷つく、男性心理。

期待ってのは、裏返して言えば、その人を思い通りに動かしたいという、あなたの心のあらわれでもある。そのとおりにしてほしい。そうしてくれないと困る。そんな思いが期待になる。

まずは、ドーンと構えておくことよ。あなたはあなたで彼は彼。どんなに近い距離にいたとしても、他人なんだから。生活習慣も違えば価値観も違う。全部があなたの期待どおりにならない。というより、期待どおりじゃないことのほうが多い

しんどい恋愛はやめられる。

いくらお互い違う、いくら期待しないとはいえ、これは絶対譲れない。これだけは我慢ならない。そういうことがあるならば、それはそれでガッツリやり合えばいい。それで落としどころが見つからなきゃ、それはそれで縁がなかっただけのこと。とっととお別れ。

でもね、そもそも、そこまで譲れない何かを持ち合わせている人なら、あなただって、その人と近い距離にはならないでしょ。ってことは、ちょいとイラつくことの一つや二つなんてのは、許容できるレベルのこと。

そのくらいの違いは誰にだって、どんな関係にだってある。だったら最初から期待をしないこと。いや、期待はしてもいいけど、そのとおりじゃないこともある、ということは予め承知しておくことよ。だって、あなたとは違う人間なんだもの。

それにね、心のどこかで、私はあなたにこういう期待をしているの。そうしてくれないとイヤ。なんて想ってるってことは、結局はそこで重要視されてるのは、あなた自身の心を満たすこと。相手の立場や想いは無視されてるというこよ。そりゃ相手も疲れますよ。





相手の立場にしてみれば、あなたに一方的に期待だけされる。応えなければキレられる。それがよっぽどのことなら、それも仕方のないことかもしれないが、些細なことでイラつかれたり切れられたりすれば、さすがにウザくなる。どっかで逆キレするか、無言で去られるだけ。

どちらがどちらに期待したり、執着したりする関係ってのは、どっかでガタがくるもの。だってその期待は必ずどっかで裏切られる。完全に期待どおりの人なんていない。それを期待するのは、押しつけでしかないのだから。

そういう期待への執着がない状態。良いも悪いも理解し合い、違いも認め合う。お互いがそんなフラットな心の状態でいられる関係だからこそ、その関係はうまくいく。むしろ理想のパートナーって、そういう違いを認め合え、許し合える。

それにね、違いを認められる寛容さを持てる人ってのは、人を惹きつけるもの。だって、そういう人と接していると、自分を認めてもらえる気になれるし、そういう人だからこそ、その人の力になりたいと思う。そういう人だから相手が既婚男性であっても引き寄せる。

<参考関連記事>
既婚男性が他の女を好きになる、4つの条件。彼が不倫をする原因とは。

期待と執着を手放すと、愛されるのには理由がある。せっかくご縁があって結ばれた関係ならば、あなたも彼も、しんどい恋愛はしたくない。そのしんどさは、あなたの心のスイッチ次第でやめられる。

距離が近づくほどに、愛が深まるのではなく、苦しさが大きくなるのには原因がある。あなたと彼にとって、本当に大切にすべきこと、本当に尊重にすべきことは何かを見失わないことよ。そうすれば、お互いの愛と信頼は、自然ともっと深まっていくのだから(^。^)y-.。o○

期待と執着を手放すための、個別コンサルティング
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■公式LINEでは一言メッセージ配信中
友達追加

↓このブログが役立つと思ったら↓
小川健次セミナー


<広告>

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。

世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。

主に、年間約1000名の女性をカウンセリング。恋愛とキャリアの両立のための、行動変容とメンタルサポートのためのコンサルティングが支持される。

同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。

引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業、電子コミックを中心としたマンガ事業など、心に思い描いたイメージを実現することで、多岐に渡る活動を展開。

東京都杉並区在住 既婚。子供なし。保護犬のトイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

■連載コラム
小学館が運営する、働く堅実女子のお悩み解決サイト『スーツウーマンにて、【恋とキャリアの上方修正】を連載中。


セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
YouTube動画チャンネル
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。