大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

ミスで失敗をしたら、落ち込むより前に解決法を考えよう。自分を責めるより、解決のために行動すればセルフイメージが高まる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

ミスで失敗をしたら、落ち込むより前に解決法を考えよう。自分を責めるより、解決のために行動すればセルフイメージが高まる。

■責めるべきはミスであって、人間性じゃない。

チャレンジすることのすべてが、望みどおりの結果になるなら、それはそれで万々歳で嬉しいかぎり。

小川健次Blog

とはいえ、現実というやつは、そこまで僕たちに優しくない。時にムチを振るって厳しさというヤツを教えてくれる。


まあ、すべてがカンタンに望みどおりの結果になるなら、そりゃそもそもチャレンジじゃなくて、単に今までできたことであって、つまりは普通のこと。

そういう意味では、うまくいかないことがある、ムチを振るわれて厳しさを叩きこまれることがある。だからこそチャレンジであるし、だからこそ成し遂げたときの達成感も得られるし、何より面白いってもんでしょう。

新しいことへのチャレンジに限った話しじゃありませんが、何かに取り組もうとすれば、うまくいかないこともある。そりゃ不慮の事故や天変地異など、不可抗力でどうにもならない事態になることもありますよ。

不可抗力でないもののでは、ケアレスミスというのがある。単なる甘読み。単なる不注意。本来なら起こるはずのないミス。ちょっと注意して、ちょっと気を配れば回避できたはずの、アホな失敗というやつ。

単なる不注意であろうとも、結果によっては許されない。それによって他人から糾弾されることがあったとしても、生まれた損害次第では、それを甘受するしかない。

でもね。許されないこと、糾弾されるべきことは、不注意を起こしてしまったというその事実であって、ミスを犯した人間の人間性じゃない。

罪を憎んで人を憎まず。というわけじゃありませんが、ミスは許されませんよ。糾弾されてしかるべき。でもだからといって、その人の人間性そのものを否定しているワケじゃないんです。

ならばミスを犯した人が取るべき行動は、自分を責めて落ち込んで、過ぎたことを悔いることじゃない。ガックリうなだれて、そんな自分を否定することじゃないんです。そんなのは時間の無駄。労力の無駄。

取るべき行動は事後の対応策と、今後の改善策を考えること。そしてそれを実践すること。起こしたミスを帳消しできるレベルの取り組みをしようとする、建設的かつ積極的な思考と行動ですよ。

そこで止まっていたところで、生まれるものはさらなる迷いだけですよ。おまけに自分を責めて闇雲にセルフイメージが下げるだけ。ミスもフォローできないし、もうね。いろいろダメになっていく。

<参考過去記事>
迷いや不安は動いてしまえば消えて無くなり、心もすっきり清清しくなる。止まるだけの暇人になると、ますます何もできなくて苦しくなる。

そこでただ落ち込んだ自分をアピールして、反省してるポーズを取りながら、ほとぼり冷めるまで逃げ切ろうというのは、何の問題解決にさえならない。

とにかく泣いて、悲劇のヒーロー・ヒロイン気取っていたいだけなら、それはそれでいいのかもしれませんがね。そんな無責任で面倒くさいやつとは、今後誰も関わりたくないから相手されなくなるだけですよ。

■優先すべきは今の問題解決。

そもそも起こった出来事に対して、自分を責めるということは、自分で自分の自尊心を傷つけてるのと同じこと。自分で自分の評価を一生懸命下げている。

こういうミスをする自分はダメだ。うまくできない自分はこの程度なんだ。メンタルが弱いんだ。そんな風に自分で自分の評価を下げ続ける。ひたすらそういう言葉を自分に言い聞かせる。

だから結果的に、そういうミスをするセルフイメージが出来上がる。小さなミスが、もっと大きなミスをする自分を作る。わざわざ一生懸命うまくいかなくなるように、自分で自分を追い込むんです。

日常的にそんなことを繰り返していれば、それが思考のクセになる。潜在意識へそんな思考習慣の書き込みが行われる。それはミスする自分、心が弱い自分でいることを認めるということ。つまりそういう自分でいい。そんなセルフイメージが形成される。

同じ過ちを繰り返す。その度に落ち込んで自分を責める。潜在意識への書き込みがより強化され、セルイメージがガッチりと固まっていくという、素敵すぎる負のスパイラル。

それがケアレスミスであっても、失敗した自分を責めないことです。もちろん失敗そのもの、その事象自体は責めるべきだし、責められるべき。それでも自分自身の人間性を責めないことです。

どうせ失敗した過去には戻れない。やり直しはできないんです。考えるべきは改善のための、建設的かつ積極的な方法でしょう。反省するなら、より良い結果を生み出すための思考のプロセスとして、生産的にすればいいこと。

失敗をしたり逆境に陥ったとき、慌てふためいて、つい自分を責めてしまいそうになる。でもそれよりやるべきことは、それをどう乗り越えるか、どうリカバリーするかということでしょう。精神的にも物理的にも。

そこすっ飛ばして、ただ自分を責めて、反省という名目で下向いてるだけだから、すぐに解決できる問題さえ解決できなくなる。そして問題がどんどん複雑なことになってしまって、最悪は取り返しのつかない大惨事にまで発展する。

自分を責めたりするのはいつでもできる。目の前の問題をまずやっつけて、それからあとでゆっくり酒飲みながら泣いて寝ればいいんです。

<参考過去記事>
苦しくてしんどいなら、泣いて酒飲んでとっと寝ればいい。心身の疲労を溜ずに吐き出せるのも、望みの結果を手にする人の共通項。

今解決すべき問題は、今なんです。凹んでいる場合じゃない。自分を責めてる場合じゃない。まずはその失敗をリカバリーすることが先決。そのために前を向けばいい。悪いのは自分の人間性じゃなくて、ミスそのものなんだから。

その繰り返しが、強いメンタルを保てるセルフイメージを形成する。だからどんなことにもミスを恐れず、積極的にチャレンジできるようになる。それに何より、つまらないことで自分を責めるようなストレスからは解放されますしね(^。^)y-.。o○

■失敗を恐れないメンタルのつくり方
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2016年4月までの予定を一部追加しました。
http://ogawakenji.com/seminar

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事