大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦しくてしんどいときは、他人を褒めて認めると事態が好転する。無意味で無価値な悪口よりも、お互いが幸福になれる言葉を発しよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

苦しくてしんどいときは、他人を褒めて認めると事態が好転する。無意味で無価値な悪口よりも、お互いが幸福になれる言葉を発しよう。

■他人を下げても自分が上がるわけじゃない。

言ったところでどうしようもない他人の欠点や、そうしたところで何も生み出さない他人の揚げ足取りってのはホント無駄。時間もそうだし精神的にも浪費だけ。

小川健次Blog

そりゃ、ちょっと気に入らないと思ってるあいつや、ぎゃふんと言わせたいムカつくあの野郎を、攻撃できてたりコキおろしていられたりすれば、ちょっとは偉くなった気になれて、その場は心地いいかもしれない。

とはいえ、それで具体的に得られるものなんてないでしょう。その場のささやかで吹けば飛ぶような小さな満足感以外に、手に入れられる価値あるものなんて何もない。

まあ、あるとすれば、敵が一人増えることと、周囲からは他人の悪口ばかり言う人だというレッテル貼られるくらいなものですよ。それを期待するならそれでもいいんですが。

そもそも、他人を攻撃したり、他人を貶めたりしたいなんて動機は、往々にして自分自信に余裕がないときに生まれるもんですよ。自分がうまくいってないから、そうやって他人にネガティブな感情をぶつけたくなる。

僕たちは誰でも、自分と他人を比較することで、自分の現在の立ち位置を推し量るんです。だから自分がうまくいっていなくて、自分に自信が持てなくなってくると、感情的に不安的になり、とにかく誰かを攻撃し、とにかく誰かを貶めようとする。

他人を無理矢理下げることで、強引に自分の立ち位置を高くしようとしてるだけ。そうして安心したい。エラくなった気になりたい。

でもそれって、単に相対的に自分が上がっているように見えるだけ。絶対値では何も変わっていないんです。そもそもうまくいってない現実は何も変わってやいないんです。だから空しいバカバカしい。

あなた自身の過去を振り返ってみて、他人の悪口言ってるときの、自分の心の動きを思い出してみればいいんです。そういうときってのは、ほぼ間違いなく、自分の思い通りの結果になっていないとき、自分で何も生み出せていないときだったりするものでしょう。

おまけに、そうやって人を攻撃した結果、周囲から認めてもらえるようになっているかというと、そうでもない。というより、むしろ逆。気づけば周囲に誰もいない。何となく満足感を得たよう気にはなっても、皆にはスルーされて現実はますます寂しくなってるだけ。

<参考過去記事>
暇な人はどうでもいいことに口を出すので、華麗にスルーこれ基本。耳で聞いても心でスルーしていれば、心乱されることはなくなる。

だいたいね、余裕のあるとき、うまくいってるときは、誰に対しても優しいじゃないですか。誰かの悪口言ったりなんてしないし、誰も攻撃しようなんて思わないじゃないですか。金持ち喧嘩せず。

あなたの周囲の人でもそうでしょう。余裕がある人、うまくいってる人は他人は攻撃しない。だってそんなことしなくても余裕があるんだもん。そんなことしなくてもすでに立ち位置に自信を持ってるし、自分で何かを生み出すことができるんだもん。

■褒めて認めると余裕が生まれる。

よくよく自分自身に問いかけてみればいいんです。あ、もちろん僕もですが。他人の悪口を言ったり攻撃したくなるときってのは、余裕がない、うまくいっていないときですよ。

だからと言って、そこでそのまま他人を攻撃したり他人の悪口言っても、何も生まれない。ならばその逆ですよ。

余裕がないときだからこそ、逆に他人を認める。褒める。称賛する。応援する。するとね、逆に気持ちに余裕が出てくるんです。ポジティブなイメージが描けるようになるんです。

それはつまり、他人を攻撃して下に落とそうとするのではないということ。他人を褒めて認めることで、自分で自分に対するイメージを向上させるということ。言うなれば余裕のあるフリ。うまくいってるフリ。

誰だって、自分を認めて褒めて賞賛してくれる人のことは、認めて褒めて賞賛したくなる。あなたに認めて褒められれば、その人もあなたを認めて褒めたくなる。何よりそんな余裕のあるあなたを、信頼したくなる。

他人は自分の心の鏡。あなたが誰かを褒めて認めれば、あなたは誰かに褒められ認められる。あなたが誰かを攻撃すれば、誰かに攻撃される。もしくは周囲に誰もいなくなる。人を呪わば穴二つ。

思うようにコトが進まない。どうもイライラする。そんなときだからこそ、あいつは気に入らないからと悪口言いたくなる。その人を貶めて自分の立ち位置を確保したくなる。そんな衝動に駆られたときこそ、そのまま感情の赴くままに何かを言ったりやったりせずにちょっと待て。

一呼吸置いて考えてみればいいんです。それ言って、あの人攻撃してあなたにどんな利益があるのか。と。何もないでしょ。それで得られる満足感なんて一過性のものだから。ならばお互いにとって、価値ある言葉を発すればいいじゃないですか。褒めて認めればいいんです。

とはいえ、精神的に余裕がないから、悪口言いたくなっているのに、そこで他人を褒めろ認めろ言われても、なかなか簡単にはできない。どうしても悪口が口をついて出てしまいそうになる。だからいいんです。上でも言ったようにフリで。余裕のあるフリ。うまくいってるフリ。

フリでもとにかく口に出して、認めて褒めて賞賛しようとしてみる。するとね、それを実践するために、その人の良いところを見つけようする心の動きが生まれる。その人との関わりでどんな価値を生み出そうかという、積極的で生産的な思考が生まれてくる。

<参考過去記事>
ポジティブな言葉を発すると、ポジティブな結果を引き寄せる。言葉はイメージになり、イメージにはそれを現実化させる力がある。

苦しい、余裕がない、自信が持てない。だからこそ、そのときに心の動きを、他人への攻撃的な方向へと向けるのではなく、他人を認めて称賛する方向へと向けるんです。そのための言葉を発していれば、最初は確かに違和感あってもやがてホントに余裕が生まれてくる。うまくいくようになる。

それに他人の悪口言っても結局は何も得るものありませんし、どうせ他人に何かを言うならその人にはもちろん、自分にとってもプラスになるような言葉を発したほうが、よっぽど生産的ってもんですよね(^。^)y-.。o○

<イメージで他人との関係を良好にする>

■小川健次特別セミナー
・東京10/15(土)・大阪10/22(土)・名古屋11/12(土)・鹿児島11/19(土)
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事