大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたの心のスイッチ次第で、他人が発する言葉の意味が変わる。あなたの身の周りには、ポジティブな言葉が満ち溢れている。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あなたの心のスイッチ次第で、他人が発する言葉の意味が変わる。あなたの身の周りには、ポジティブな言葉が満ち溢れている。

■ネガティブな発言をしている人なんてホントはいない。

他人の言葉そのものは、発した本人の意図はどうあれ、元は単なる空気を振動させる音でしかない。

小川健次Blog

その音を聞く人が、そこに意味を載せるからはじめて言葉として成立すること。だから意味を載せない限りは音でしかない。どっかかから聞こえてくるBGMと同じなんです。

つまり、周囲の他人があなたに対して何を言ってるかなんてのは、実はあまり関係ないんです。あなたが他人の発した音に、どんな意味を載せるかによって、その解釈はまるで違うものになるのだから。

私の周りの人はいっつも否定的なことしか言わない。この人達をどうにかできないかしら。

そりゃね、あんたがその人達の言葉を、その都度否定的な受け止め方をしているからです。否定的な意味を載せて否定的な解釈をしているからです。その反応をする、あなたの心が否定的なものに支配されているからですよ。

私の周りの人はいっつもはポジティブなことし言わない。いっつも明るくて気分がいいわ。

そりゃね、あんたがその人達の言葉を、その都度ポジティブな受け止め方をしているからです。ポジティブな意味を載せてポジティブな解釈をしているからです。その反応をする、あなたの心がポジティブなものに支配されているからですよ。

もちろん、一般的に否定と解釈せざるを得ないような「できない」「無理」「だから駄目」等々の言葉もある。それを言われたり、耳にしたりせざたるえない場合だってありますよ。

でもそれにしたって、こちら側の意味づけと解釈次第、心の状態次第で意味は違うものになるはずなんです。

そういう連中ばっかりだから、差別化して抜きんでるチャンス。だから私はもっと良くなれる。

ああいう発言を繰り返すと、こういう結果になるのね。むしろ反面教師として勉強になる。違う道を歩めるきっかけをつくってもらえてありがたい。

など、状況や環境によってパターンはいろいろあるでしょうが、他人が何をどう言うかは関係ないんです。それをどう自分に活かすか。活かすための自分の心のスイッチが、ネガティブがポジティブのいずれに入っているかでしょう。

<参考過去記事>
どうすればもっと良くなるかを考えれば、ホントにもっと良くなる。他人や自分の失敗を責めるより、状況を好転させる方法を考えよう。

意味づけと解釈は自分の心構え次第。ホントはネガティブもポジティブもないんです。それをネガティブだのポジティブだのと解釈する自分の心構えがあるだけなんだから。

ならば、他人の言葉に振り回されて、心に波風たてるのではなく、まずは自分の心のスイッチがどの方向に入っているかを確認したほうが話しは早い。

■ポジティブかネガティブかはあなたの心構え次第。

まあ、わかりやすい否定的な言葉については、解釈の問題とはいえ、聞かされる方としては、やはりあまり気分のいいものじゃない。そういう意味では、そういう発言する人とは離れてしまえばいいだけのことでもありますわ。

より救いがたいのは、別に否定的な言葉ではなく、どちらかといえばポジティブに分類されるような発話でさえ、わざわざネガティブな意味付けと解釈をしてしまうようなときでしょう。

理屈はそうかもしんないが、今の自分にはそれは無理。それってお世辞で言ってるだけでしょ。どうせ私はあなたみたいになれないし。だったら私にはそれできない。

って、何を言われようが、いちいちネガティブレスポンス。

それじゃ周囲がどんなにポジティブな発話に満ち溢れていても、結局何の意味もない。むしろ聞けば聞くほど自分の潜在意識に、否定的なメッセージを送り続けているのと同じこと。

どんな偉いセンセーの話し聞こうが、良書を読もうが、それこそポジティブな人達に囲まれて過ごしていようが、自分の心のスイッチがネガティブの側に入っている以上、結局はずっと同じところの堂々めぐり。儲かるのは偉いセンセーと出版社だけ。

ってなことを言ってると、だいたい何人かは言ってくるんです。うちの主人がまさにこういうタイプで困ってます。会社の上司がこういう人なので皆モティベーションが下がるんです。みたいなことを。

いや、だからさっきも言ったように、周りがどうかじゃなくて自分の心がどうかでしょ、亭主がどうの上司がどうのは関係ない。誰がネガティブかじゃなくて、あんたの心がネガティブなんです。

だいたいね、自分がやりたいことに積極的に集中して取り組んでいるときってのは、心が前を向いているから、他人が何言おうが関係ないし気にならないじゃないですか。仮に否定的なこと言われたって、うまく肯定的に解釈することできてるでしょ。

逆に、自らは何も動くことなく、ただ失敗への不安ばかりを考えていたり、思い通りの結果が出ていないと、その原因を他人に求めたくなる。他人の言葉のせいにしたくなる。他人の言葉をネガティブに解釈したくなる。

ならば、その心のスイッチをどうやって、ポジティブの側へ切り替えるか。どうやって意味づけと解釈を肯定的にすればいいか。

そりゃカンタンですよ。周囲の人が何を言うかに関係なく、まず自分がポジティブな言葉を発すればいい。自分の潜在意識にポジティブなイメージを形成すればいい。

<参考過去記事>
ポジティブな言葉を発すると、ポジティブな結果を引き寄せる。言葉はイメージになり、イメージにはそれを現実化させる力がある。

周囲の人が、あなたに何を言うかなんて関係ないんです。それこそ、それは自分が何もしないできない言い訳にさえならない。だって他人の言葉はあなたの心構えによって、いかようにでも意味づけと解釈は変えられるんだから。答えは常にあなたの中にある。

あれやこれやの雑音が気になって、いまいち集中できないと思うことがあれば、まずは自分の心の状態を確認してみることです。そしてスイッチをポジティブの側に切り替えるんです。すると聞こえる言葉のほとんどが、価値ある肯定的なものばかりになりますから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事