大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当に大切な人を心から信じられれば、誤解も消えてなくなる。想いは必ず届くから、不安に思ってジタバタしなくても大丈夫。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

本当に大切な人を心から信じられれば、誤解も消えてなくなる。想いは必ず届くから、不安に思ってジタバタしなくても大丈夫。

■今すぐ解決できなければ距離と時間を空けてみよう。

言葉を尽くして、その人のためを想って言った言葉であっても、それを否定的に解釈されることもあれば、ちょっとムカついて一言言ってやったことを、なぜだか肯定的に解釈されることもある。

小川健次Blog

言葉なんてのは聞く側の意味づけと解釈次第で、その内容なんてのはどうとでも変わるものでしょう。

そういう意味では、誰が悪いということもなく、その場そのときの言葉の解釈の違いによって、お互いの間に誤解や、よくわからないモヤモヤ感のような、煮え切れない何かが残ってしまうというのは、仕方のないことなのかもしれません。

そりゃもちん、誤解は無いほうがいい。誤解が無いよう双方努力しべきだし、万一誤解が生じたならばできうる限り迅速に解消に努めるべきですよ。でもね、それでも誤解やすれ違いによって、ギクシャクしてしまうこともある。それもまた人と人とのつながりの面白さなのでしょう。

そして事態がより深刻になれば、どうやっても誤解が解けなくなってしまうこともあるかもしれない。感情がもつれたまま、手がつけられない事態になってしまうこともあるかもしれない。

もうそうなったら、何をどうジタバタしたところで、どうにもこうにもならないでしょう。そこで余計なことしたところで、燃え盛るキャンプファイアーに、ハイオクガソリンを猛烈な勢いで注入するのと同じこと。

ならばもう余計なことしない。信じてればいいんです。誤解は必ず解ける。行き違いも修正できる。感情のもつれも消えてなくなる。それを信じる。今は燃え盛っていてどうにもならない。でも火の勢いはいずれ衰える。今はその時期じゃない。火が衰えるときは必ずくる。

いいですか。それがホントに誤解なら必ず解けるときがくる。これ絶対。だから投げやりになってしまわないことです。燃え盛る炎にハイオクガソリン注がないことです。

ここまで言ってもわかってもらえないなら、もう無理! 顔も見たくないわ! 未来永劫さようなら! なんてこと言って決裂すればそれこそ終わり。お互いをつないでいたわずかな細い糸さえブチっと切れる。

元をただせばささいな誤解。ちょっとした行き違い。機嫌がいいとか悪いとか、そんなクソつまらないことだったのに、ブチ切れて投げやりになってしまえばすべてパー。そして頭が冷えた頃にピーピー泣いたところで覆水盆に返らず。

何言ってもわかり合えないタイミングってありますよ。状況や環境が原因だったり、それこそお互いの気分の問題だったり。そんなときは何話したって誤解は解けない。理解を深め合うことなんかできないんです。誰が悪いわけじゃない。タイミングが悪い。状況が悪い。それだけのこと。

そんなときに無理矢理どうにかしようとしたところで、ますます話がこじれるだけでしょう。誤解を解こうとすればするほど、解けない誤解にお互いイライラする。お互い気分も悪くなって、もっと溝が深まる悪循環。

そんなんで決裂するくらいなら、一旦別れたほうがまだマシでしょう。そのくらいの間を空けたところで、ホントに縁ある相手ならまた結ばれる。その可能性さえ断ってしまえば、それこそ終わり。

<参考過去記事>
別れた大切な相手でも、縁があればお互いを引き寄せる。過去への執着を手放して、未来の心躍る幸福に目を向けよう。

理解してもらえない辛さや苦しさもあるでしょう。でもね。時が経てば必ず理解してもらえるときがくる。必ずわかってもらえるし、必ず想いは届くんです。そのくらいは待ちなさいよ。ホントに大切だと思う人との関係ならば。

そんなに不安に思わなくても大丈夫ですよ。必ずそのときはくる。あなたとその人との心がつながるときはくる。

■信じるから想いが通じる。

決裂したところで痛くも痒くもない。実害まったくない。ってな、ある意味どうでもいいと思っている人のことならね、そりゃ決裂上等。誤解があろうがなかろうが知ったことか。

とはいえ、それがあなたにとって、ホントに大切な人ならば、元をただせば小さな誤解程度のことで切れるってのも、なんどか死ぬほどバカバカしいことでしょう。

手放せと日頃言っておいてなんですが、そこは単純な損得で考えてみただけでも、決裂して得ななことなど何もない。

だからこそ、そんな誤解の一つや二つくらいでジタバタしないことですよ。ちょっとくらいムカついたりイライラしたくらいで、キレないの。そんなのどうせ後で解けるんだから。何事もなかったように理解し合えるようになるんだから。ドーンと構えてりゃいいんです。

信じればいいんですよ。というより信じるしかないんです。信じるに値する相手だろ思うから大切な人なんでしょ。だったら信じなさいよ。

ここであれこれ言わないと、相手はもっと誤解するんじゃないだろうか。このまま距離が遠ざかってしまえば、もう会ってくれなくなるんじゃないか。そういう不安もあるかもしれない。でもそれでホントに永遠の別れになるなら、縁がなかっただけのこと。どっちにしたって同じですよ。

でもね、ホントにわかってくれると信じて待てれば、余計なことしなくても、ちゃんと伝わりますよ。その場一時のいざこざがあっても必ずつながるうまくいく。

一応言っておきますが、解決できる誤解は解決しないといけない。そこはまず向き合うのは前提ですよ。信じるという言葉を免罪符に、向き合う努力さえ放棄するのは問題外。

さんざん向き合って、力を尽くして、それでもわかってもらえなければ、あとは信じるしかできないんです。ジタバタしない。揺ら揺らして余計なことしない。まず信じる。必ず解ってくれる。必ず伝わる。それを信じてタイミングを待てばいい。

待てるほどその人を信じられない。やっぱりあいつ許せない。どうせ解ってくれないだろうし、どうせうまくなんていくわけない。と、それでも思ってしまう感情が湧きたつようなら、そもそもそんなに大切な人じゃなかったっのかもしれませんしね。

一方で、あなたにとって、それが本当に大切に思う相手なら、そこで自分のイライラやムカつきは一旦封印。いろいろ手放してあとは信じていればうまくいく。

<参考過去記事>
本当に大切にしたい想いが、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せる。見返りと執着を手放せたとき、大切な人とのご縁が結ばれる。

まあ人と人との関わりですからねえ。誤解やすれ違いなんて起こるのが普通でしょ。それによって感情のわだかまりが生まれることだってあるでしょう。その原因が誰にあるとか、それは誰が悪いかなんて言っててもしょうがない。

大事なのは、そういう誤解やすれ違いが起きたときに、どう対応するかでしょう。まずは今すぐ誤解を解くよう力を尽くす。こじれてしまって、これ以上は決裂しそうなら、とりあえず距離を取って待つ。その選択を見極めできるかどうかしょう。

いずれの場合にもね、まずはあなたがその人をどれくらい信じているかってのが、カギであることには変わりはありませんがね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事