小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛が今すぐ報われなくても、焦らないで大丈夫。信じて愛し続ければ、思いは形になって引き寄せられる。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

愛が今すぐ報われなくても、焦らないで大丈夫。信じて愛し続ければ、思いは形になって引き寄せられる。

今すぐ結果にならないこともある

魔法使いでもない限り、無から有は生まれない。結果には必ず原因がある。原因があるから結果があるんです。
小川健次Blog
もちろん、原因があれば、すぐに結果が生まれるかといえばそうでもないでしょう。種を植えてから1年で実になるものもあれば、何十年かかってやっと実がなることもある。

せっかく植えた種ならば、どんな実がなるのかを、今すぐ知りたい気持ちもわかる。待ってる間に不安になるのもイヤだし、できればとっとと結果を知りたい。おまけにとっとと収穫までして、自分のものにしてしまいたい。

いや、でもちょっと待て。どんなものでも、相応の結果を求めるならば、その結果が出るまでには相応の時間がかかるというもの。そこで焦って、余計なことしようとするから、まだ実として固まっていないものを口にして、腹壊して泣くハメになる。

おまけに、まだ枝も太くなってないのに、どんなものかと昇ろうとして、ポキっと折れてドスンと落ちる。そしていろいろ台無しに。

仕事であれ、人と人との関係では、種を植えてからすぐに結果にならないことはあるでしょ。想いを寄せて、あれこれアプローチしても、相手がすぐにそれに応えられないこともあるでしょ。なのに焦って結果を求める。今すぐどうこうしようとしたがる。だから痛い思いをするんです。

あの人との心の距離はどこまで縮まったのか。目には見えない、数値で表せられない。だから不安が募る。だからこのまま進んでいいのかどうか不安になる。自信が持てなくなる。あなたのその気持ちもわからなくはない。

でもね、最終的に本当に大切な人とのご縁が結ばれる人と、そうでない人の違いは、そこで諦めて投げ出すかどうか、焦って事態をブチ壊しにするかの違いでしょう。できるところまで、力尽くせるところまで、心折れずに進み続けられるか。そしてジッと耐えて待ち続けられるか。その違い。

あなた自身のこれまでのことを振り返って考えてみればいいんです。

今になって思えば、あそこで投げ出さなければ良かった。あそこで、焦って余計なことしなきゃよかった、長文LINEで彼を詰めたりしなきゃ良かった。そう思うことの一つや二つあるでしょう。多くの場合、望んだ愛を手にする人と、そうじゃない人の違いなんて、その選択の違いでしかないんです。

もちろん、あきらめず投げ出さず、前進を続けていれば、心折れそうになることもあるだろうし、不安で焦る気持ちが生まれることもある。それでも、ジッと訪れるチャンスを待てる覚悟があるかどうか。

<参考過去記事>
耐えるときに耐えるから、恋愛も仕事もうまくいく。動かず力を蓄えれば、チャンスをその手に引き寄せる。

一番苦しいのは、結果は出ないけど失敗もしてないときですよ。あれこれ頑張ってるのに、前進しているのに、あの人からの好意が返ってくるわけでもないし、かといって嫌われているわけでもない。

歩いている感触がないので逆に不安に思う。あれ? これでいいの? このままだといけない気がする。そうだ、ちょっと長文LINEを送り付けてやれ。電話でワガママ言ってやれ。そういうときこそ危険信号。要注意。

何も起きてないときこそ要注意。

その場では凹むかもしれませんがね、喧嘩になったり、明確に否定されているときのほうが、精神的には楽なんです。

だって、それによってお互いのポジションや、考え方のズレがわかるから。ならばそれを修正すればいいだけ。そういう意味では。何かしらの結果が生まれているということ。その結果を踏まえて、次のことが考えられる。

一方で、ノーリアクション。いや、ノーリアクションでもないけれど、はっきりした返事にならない。喧嘩にもならないし、拒否られもしない。そういうときが一番危ない。だって不安になって、無理矢理結果を導き出そうとするから。変な挑発して、喧嘩どころか未来永劫さようなら。

特にね、お互いが知り合って間もないうちってのは、いろいろ知れてお互い楽しい。なんとなく心の距離が近づいている感じがする。でも、それを過ぎた頃がいろいろ危険。

ある程度お互いのこと知ったから、関係も平坦になってくる。その平坦な関係が続いてくると、この先は何があるのだろう? え? ひょっとしてずっとこのまま? そんな不安が頭をよぎる。これはどうにかしないといけない。そう勝手に妄想して、焦り出す。

だから、そこで焦る必要はないんです。今が平坦になっているだけ。そういう時期にあるだけ。目に見えて、お互いの心の距離が縮まっていないようでも、ちゃんとあなたが愛をもって相手に接していれば、見えないところで距離が縮まっているんです。あの人に想いが伝わっているんです。

レスポンスがないのは、相手の意識がまだあなたに追いついていないから。芽が出たとしても、まだあなたの重さ(そういう意味ではなく)に耐えられるほど、幹が太くなっていないだけ。

ならば、あなたのやるべきことは、水をやり肥料をやることしかできない。担々とやできることをやるしかない。そこで焦ってよじ登ろうとしたり、実をもごうとしても痛いだけ。あまつさえ、育ちが遅いと、キレて斧を手にしてみても、誰もハッピーにはなりませんよ。

繰り返しますが、そういうときの不安と心配が、あなたにとって一番のリスク。そこでグッと踏みとどまれるか、暴れていろいろ台無しにするかの瀬戸際ですよ。ある意味では別れ話しを、ひっくり返すことよりもきついかもしれない。

でもね、忘れないことです。目には見えていなくても、愛を注ぎ続けていれば、あの人との心の距離が近づくってことを。あなたが、本当に大切な人だと思って関わっているなら、今は結果になっていなくても、必ず結ばれることを信じるってことを。

<参考過去記事>
本当に大切な人なら、信じて委ねて明け渡そう。ご縁に身をまかせれば、最後は必ず結ばれる。

そもそも、あなたが本当に結ばれたい人との関係、愛し愛される関係ってのは、そんなポンポンと手に入るような安っぽいものでもないでしょ。多少の時間や手間がかかっても手に入れたいと思えるほどのものでしょ。

ならば、信じることですよ。コツコツとできることをやり続ければ、あの人との心の距離が近づくってことを。それでもどうやっても近づかないときは、そりゃご縁がないだけ。もしくは、できることのやり方が間違ってるってだけ。まずは焦らずドーンと構えて付き合っていくことですな(^。^)y-.。o○

大切なパートナーと心の距離を近づけて、愛し合える関係を引き寄せる特別セミナー
↓ ↓
小川健次コンサルティング
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
↓ ↓
友達追加

関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。