小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

幸福への感度を高めると、幸福をその手に引き寄せる。潜在意識に描かれたイメージで、思考は現実化する。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

【お知らせ】小川健次メールマガジン未着の件について

無料配信中の小川健次メールマガジンにつき、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった場合は以下ご参照ください。

<1>i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど、各種携帯用のアドレスで登録されていると、未着になることがあります。
<2>gmail.com、yahoo.co.jp、icloud.comなどのフリーアドレスの場合は、迷惑メールフォルダに入っていることがあります。
つきましては、同様の現象が起きている方は、
    1)指定ドメイン riezonjapan.com の着信許可設定をする
    2)PC用のアドレスで再登録する
    3)迷惑メールフォルダを確認する
などのご対応をお願いいたします。
引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

幸福への感度を高めると、幸福をその手に引き寄せる。潜在意識に描かれたイメージで、思考は現実化する。

■身近な幸福を感じよう。

小さなこと、言ってもしょうがないような、どうでもいいことについて細かくあれこれ考えてみたり、ネチネチといつまでも引きずってるのは、あまり気持ちのいいもんじゃない。

小川健次Blog

でもそれが例え小さなこと、細やかなことであったとしても、幸福を感じられたり、心がホッとできるような出来事なら、話はちょっと変わってくる。

自分にとって良いことだったら、自分にとってメリットあるなら、むしろあれこれ気にしたい。というより、気にするべきだしこだわるべき。

どうでもいいこと、それ気にすればするほど気が滅入ること。おまけに気にしたところで意味のないこと。そんなネガティブなことに、あれこれ意識を向けているのは疲れるだけですが、気にすれば心が明るくなること、ほんわか幸せになれることなら、有意義だし意味がある。

僕たちは見ようと思ったものしか見えないし、聞こうと思ったことしか聞こえない。現実社会のそこに何があるかは関係ないんです。あなたがそこで何を見ようとしているか、何を聞こう、何を感じようとしているかでしょう。

だから、いまいち心がネガティブな感情に支配されているときや、気分が落ち込んでいるときってのは、死ぬほどどうでもいいような、小さなことでさえムカついたり、キレてみたりするんです。

いつもだったら華麗にスルーするはずなのに、いちいち人の誤り見つけてプンプン怒ってみたり、今の自分にはまるで関係ない話題についてイライラしたり。自分でわざわざ見なくてもいいものを見たり聞いたり見つけてきたりして、ますます心が乱される。どんどん気持ちが下り坂になる。

逆に気分がいいときってのは、小さなことにでも幸福を見つけられる。他人のことを認められるし褒められる。いつもならスルーするようなこと、街角で起こる些細な出来事にさえ心が躍る。

見えるもの感じるものがポジティブだから、心にますます余裕が生まれる。その余裕がさらなる幸福を呼び起こし、さらに心が満たされるってもんでしょう。

だったら話しはカンタンで、ますは意識して身近にある幸福や、喜びに目を向けてみればいいんです。その大小は関係ない。日常に溢れるさまざまな出来事の中にある。心躍らせてくれる幸福な出来事を考えてみる。

あの眉毛が太い美少年の書くブログが超絶面白くて最高に幸せ。ご飯がうまい。仕事もあるし住むとこもある。健康でいられる。そりゃ何でもいい。そんなところに意識して目を向けてみるだけで、心が明るくなってくる。

<参考過去記事>
潜在意識に描かれたイメージには、それを現実化させようとする力がある。小さなことにイライラせず、自分のイメージに集中しよう。

繰り返しますが、そこに何があるかは関係ないんです。そこで何を見ようとしているかだから。ネガティブなものを見ようと思えばネガティブが、ポジティブなものを見ようと思えばポジティブなものが見える。

世界は誰かに決められたものじゃない。自分が望んだとおり、見たい感じたいと思ったとおりになっているだけのこと。思考は現実化する。

■自分の心の状態で引き寄せる結果が変わる。

コトの大小に関係なく、身近なことで幸福を感じられたら、その感情に素直になる。大切にすることですよ。それを素直に心で受け止めるから、潜在意識下でのイメージも肯定的になる。そしてイメージにはそれを現実化しようとする力がある。

いつも望みの結果を出している人を見てみればわかること。彼らはそれが小さいかどうかに関わらず、他人から見れば取るに足らないようなことでさえ、幸福をみつけ、それを素直に受け入れて大喜びするでしょう。

だからそれがイメージとして定着する。そのイメージがさらなる幸福を引き寄せるんです。

逆に、結果が伴わない人ほど、足りないことにばかり目がいく。小さな不満に延々愚痴を言ってるんです。結果それがイメージになる。だからますます見えるもの、感じるものが否定的。結果が出ない原因を自分で作っているだけのこと。

身近で幸福なことがあっても、これじゃ足りない。もっと必要。こんなんじゃ意味がない。あいつのせい。こいつが悪い。文句ばっかり。でもその文句で、一番影響を受けるのは、自分自身であることにそろそろ気づいたほうがいいんじゃないですか。

潜在意識はあなたのあらゆる感情を受け容れる。その善悪も大小も関係なく。

ネガティブな感情を日常的に潜在意識に取りこんでいる人は、ネガティブな行動が生まれる。だからまたネガティブな結果を引き寄せる。逆にポジティブな感情を潜在意識に取り込んでいる人は、ポジティブな行動が生まれ、ポジティブな結果を引き寄せるんです。

<参考過去記事>
引き寄せの法則を使えば、恋愛でも仕事でも出逢いたい人に出会える。執着を手放すから、理想のパートナーとの不思議な縁が結ばれる。

身の回りのことに目を向けて見る。そこにある不満なことではく、そこにある満たされていることを見ようとしてみる。嬉しいことや楽しいこと。幸福なことを探してみる。

そう意識して探してみればいくらだってあるでしょう。日常の全部が全部不満で、全部が全部不幸だなんて人はいませんよ。ホントにそう感じるなら、このブログ読んでること自体だって不幸ですよ。

些細がどうかは関係ない。身の回りの幸福なことを見つける。うれしいことや楽しいことに目を向ける。それを素直に受け入れる。素直に感動して素直に喜べばいいんです。自分の肯定的な感情を受け入れれればいいんです。

周囲に何があるかは関係ない。そこで何を見、そこで何を感じようとしているか。引き寄せる結果は心の状態によって決まるもの。幸福には幸福が、ネガティブにはネガティブが引き寄せられる。

日常に溢れる出来事の中から、幸福を見つけられる能力を高めることが、幸福を引き寄せる最短距離ってことのなのでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。