小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

振られたときは、どうすればいいのか。別れた後に、考えるべきこと。

小川健次

小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌・東京・大阪 ↑


小川健次セミナー
小川健次
↑ 札幌 ↑


特別セミナー
小川健次
↑ 10月大阪 ↑


小川健次個別セッション
小川健次
↑ 小川健次コンサルティング ↑


LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

メールマガジンに関するお知らせ

小川健次メールマガジンに登録したのに、メールが届かない、ある日突然届かなくなった、という場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
特にYahooメール、hotmail、Gmailなどのフリーアドレスの方は未達になることがよくあるようです。
また、携帯電話のアドレスで受信されている方は、ドメイン指定着信の設定をご確認ください。
その他のご不明点は、メールマガジン登録フォームにある「よくある質問」の項目をご確認ください。
小川健次メール

フラれたときは、どうすればいいのか。別れた後に、考えるべきこと。

ご縁はどうにもならない

心から大切に思う人のために、愛を注ぎ尽くす。できることには力を尽くす。最後の最後は信じて委ねて、執着を手放す。
小川健次Blog
これは大前提の当たり前。基本中の基本ですよ。でもね、そうしていれば、大切な人から、未来永劫愛され続けるかといえば、それはまた別の話し。

そりゃね、愛を注ぎ、力を尽くさなければ、そもそもの関係が生まれない。だから、それらのことは大前提。それでも、それは大前提にしか過ぎないわけで、そこから先はご縁次第。

ご縁があれば結ばれるし、ご縁がなければ結ばれない。男と女の間に正しい答えなんかないんです。あるのはご縁。それがなければ、その場はどんなに親密な関係だとしても、何の前触れもなく、あっさり切れてさようなら。

いや、もうそれ以前に、そもそも好き嫌いの問題だってある。どんなにあなたが愛そうが、あの人があなたを愛していないこともある。あなたを愛するかどうかは、あの人の選択、あの人の判断、あの人の勝手。こればっかりはあなたにどうにもできない。

人の好き嫌いについては、他人もどうこうできない。どんなに僕の小川健次メールマガジンLINEのメッセージを読んだって、嫌われる人からは嫌われる。

あなたが逆の立場だったらどうか。あなたのことを、心から愛してくれている。大切にしてくれている。それはわかるし、想いも強く伝わってくる。それでもやっぱり好きにはなれない。どうポジティブに見ても、生理的に無理。絶対この人には抱かれたくない。

そういう人が、あなたに何を言おうが、どうとも思わないでしょ。必死にLINEで小細工めいたメッセージしてきたって、既読スルーするか、適当にブロックするだけでしょ。

だからね、無理なのよ。フラれたら、それはあなとは無理ってこと。好きだけど付き合えない、忙しくて今はダメ。あの人もいろいろ綺麗な言葉で、あなたを傷つけないように言うのでしょうが、それは無理ってことだから。

そう。無理なんです。あの人にとって、あなたは無理。ここまで言ってわからないあなたのために、ちょっとデカ文字ではっきり言ってあげますけどね、あの人にとって、あなたは

無理!

さらに、もっとはっきり言っておきますけどね。あの人にとって、

あなたは無理!

そろそろ、いつまでもつまらない現実逃避をしているのは、やめにしなさいよ。あの人とは縁がなかったの。LINEブロックしてないからとか、グループLINE抜けてないからとか、メールをすれば返事をくれるから、とか。それ関係ないから。

<参考関連記事>
フラれた現実を受け入れると、もっと縁ある人を引き寄せる。どうせ二度と戻ってこないあの人への執着は、今すぐ手放そう。

あの人はあなたを愛せない。それは現実なんです。ご縁がなかったんです。あなたがすべきは、まずその事実を受け容れることですよ。その事実を受け入れないから、いつまでも執着していて手放せなくなる。余計にこじらせて、ややこしいことになる。

未来がどうなるかはわからない。でも少なくとも、今はご縁がない。それを無理にどうこうしようというのは、あなたのエゴであって、相手の想いをまるで尊重していないってことでしょ。

振られたら執着せずに手放そう

どう好意的に見ても、あの人は社交辞令で言ってるだけ。大人として最低限の気遣いをしているだけ。にも関わず、それを斜めからの超絶不思議解釈で、あの人はやっぱり私のことが好きなんだ。あの人はホントはあの女より、私が好きに違いない。

って、ちょっと待ちなさいよ。それは単なる現実逃避。あなただって、身近な友達がそう言ってるのを聞けば、こいつサイコパスやんか。と、背筋が冷たくなったりするじゃないですか。

何度でも繰り返し言いますけどね、とにかくフラれた事実は変わらない。今は無理なんです。今はご縁がないんです。あの人はあなたの方を見てないし、あなたのことを好きじゃない。あなたを愛していないんです。それを一旦受け入れろ。

だからといって、あなたが自分を責めて凹んでたり、うなだれたりする必要はない。だって今は縁が無かっただけのこと。誰が悪いでもないんです。そういう関係だったんです。

もちろん、現実を受け容れた上で、もっと良いご縁を引き寄せるために、あの人との関係から学んだことを、次に活かすことは大切なこと。そういう意味での建設的な反省は必要ですよ。でもそれは、いつまでも過去に浸って、執着するためじゃないでしょ。

それにね、大切な人にフラれる。去られる。そこで心に空白ができる。寂しくて泣きたくなる。そりゃしゃあない。そんときゃ、4リットルペットボトルの大五郎を抱えて、泣きながら寝ておけばいいんです。

いつまでもウジウジと現実逃避して、ネットサーフィンしながら、『絶対復縁できる方法』みたいな、ゴミ同然の話しを真に受けて、詐欺まがいの占い師に大金搾取されるような、バカなことはしないことです。傷口に塩塗られるだけだから。

だったら、しんどくて辛くても、まずは現実を直視して、それを受け入れることです。そして泣いて酒飲んで寝るんです。やがて傷も癒えるし、執着も手放せるから。

そもそも、あなたから離れたがってる人、あなたを愛せない人と、もし一緒になったって幸せにはならないでしょ。寂しさくらいは紛れるでしょうが、何も生み出すことはないですよ。ならば、むしろあなたからご縁を切ってもいいくらいですわ。

<参考関連記事>
別れたほうが、幸せになる関係もある。何も生み出さない関係なら、ご縁を切るほうがいい。

どんなに愛を注ごうが、どれだけ大切に思おうが、結ばれないご縁はある。今は結ばれないときもある。その当たり前の事実、目の前の現実を受け入れることですよ。泣いてもいいし、凹んでもいい。変に執着するくらいなら、酒飲んで忘れたほうがマシ。

受け入れれば、その次のことを考えられる。執着も手放せる。去ったあの人、あなたを受け入れなかったあの野郎。それよりもっと価値ある大切な人と、あなたはもっと素晴らしいご縁で結ばれますから(^。^)y-.。o○

潜在意識下のイメージが、大切な人を引き寄せる
↓ ↓
東京開催決定!
小川健次

■無料メールマガジンでは、さらに言いたい放題のぶっちゃけ話し
小川健次メールマガジン
■LINE@では毎朝一言メッセージ配信中
友達追加



<広告>


関連人気記事

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。牛乳嫌い。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。