大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

見返りを期待しない想いが、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せる。愛を注がれる権利は、愛を注いだ人にしか与えられない。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

見返りを期待しない想いが、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せる。愛を注がれる権利は、愛を注いだ人にしか与えられない。

■その人を大切にしているようで、自分のことばかり大切にしていないか。

よほどイヤな相手からでもなきゃ、大切な存在だと思われたり、そう扱われたりすれば、そう悪い気はしないでしょう。

小川健次Blog

悪い気がしないどころか、むしろ嬉しいし、そうして欲しい、大切だと思われる、そう扱われるから気分も良くなる。自尊心も高まって満たされる。

大切にされれば、そうしてくれる人のことも同じように大切にしたくなる。僕たちの心は、自分がそうされたのと同じことを相手に返したがるもの。好意には好意で悪意には悪意で返したい。

そりゃ誰だって、自分にあからさまな敵意を向けてきたり、適当かつぞんざいな扱いをしてきたりする人のことを、超ラブラブ愛してるーとは言えないし思えないでしょう。よほど変わった趣味のある人でもなきゃ。

だから話しはカンタンなんです。あなたが誰かに大切にされて気分がいい、誰かに大切にされたい。そう思うように、誰かも大切にされれば気分がいい。大切にたがっている。その思いを満たしてあげれば、あなたもその人に大切にされる。

とはいえ、それは心で思っているだけじゃ伝わらない。言葉と態度で示さないとわからない。

あなたが大切にしたいと思う誰かに対して、その人を大切に思っているということを、言葉にするんです。態度で示すんです。その場の一時しのぎや特別な時だけでなく、日常的かつ継続的に示すからそれが伝わるというもの。

でも実際には、いくら言葉や態度で示しても、まるで相手に伝わらない。こんなにその人のことを大切だと想っていることを、言葉や態度に示しても、まるでその人は私を大切にしてくれているように思えない。

そんな迷いや不安に駆られることもあるでしょう。やがてその不安や迷いが違う方向に転換される。可愛さ余って憎さ100倍。あの野郎許せねー。

それって要するに、ホントの意味で相手のことを大切に思ってないからでしょう。口では大切だと言ってみる。一応そんな態度もとってみる。でも実はホントに大切なのは自分自身。自分の満たされたい欲求や、自尊心やプライドなど。要するに相手のことなんか見てないんです。

だって、ホントのホントにその人のことが大切ならば、その人のことを優先するんです。その人の気持ちを汲み取るんです。仮にその人があなたと距離を置くことを望んだとしても、それがその人にとっての幸福ならば、それを優先できる。

それであなたが傷つくかもしれないし、苦しい想いをするかもしれない。でもその人が心から笑顔になれることなら甘受するしかないんです。

でもね、それで傷ついて苦しいのと感じるのも一時のことですよ。本当にその人の幸福を願って、あなたが自ら選択した行動ならば、いつかそれは、必ず違う形でお互いの間に信頼関係が結ばれることになる遠因になるから。

<参考過去記事>
期待と執着心を手放して、手間を惜しまないから愛と信頼を引き寄せる。大切な人とのご縁は、無駄に思えることの繰り返しによって結ばれる。

口では大切に思ってるなんて言ってみる。でもそう言いながら、ホントは自分が満たされたいだけ、相手を自分の想い通りにしたいだけ。あなたのために言いながら、自分のため。そんな空気って自然と伝わりますよ。あなたも逆の立場でそう感じた経験あるでしょう。

相手にしてみれば、なんか大切大切と言う割りに、ホントは自分が一番大切なんでしょ。ならもういいわ。と、口には出さずとも心のどこかで感じるものですよ。だからそれがそのまま、あなたに返ってきてるだけ。相手にしてみりゃ大切にされている実感よりも、勝手な都合を押し付けられてる実感しかないんです。

要するに頼んでもいなけりゃ求めてもいないことを、勝手に押し付けられるほうは大切にされてると思うどころか、ウザいと思うだけのこと。一番大切にしたいのはその人じゃなくて、自分のことじゃんよ。僕たちの心は、自分がそうされたのと同じことを相手に返したがるもの。

■自分の心ではなく、相手の心を満たすから引き寄せる

本当に大切に思う相手がいる。その想いは言葉と態度で伝えている。なのにそれが伝わらない。自分が大切に思うほど、相手が自分を大切にしてくれない。そう少しでも感じることがあるならば、相手に否定的な感情を抱く前に、まず自分の心に聞いてみたらどうですか。

ぶっちゃけ相手のことより自分のことを優先していないか。自分の欲求を満たすことを相手の気持ちより優先していないか。相手が満たされることより、自分が満たされることを優先していないか。

そりゃ言うまでもなく、みんな自分が一番可愛い。自分が一番大切だし自分を優先するのは普通のこと。でもだからこそ、大切な人の幸福を優先するから結果的に自分の幸福につながるというもの。愛を注がれる権利は、愛を注いだ人にしか与えられない。

だからこのブログでは何度も言っているように、見返りに執着しないんです。見返りなんかいらんわボケっ。あんさんが幸福になれればそれが一番の幸福なんじゃっ。と手放してしまえばいい。それ以上は求めない。

あなたが必死に相手に言葉で伝えても、私はあなたをこんなに大切に思っているのに。ってそんなん知らんわ。そりゃあんたの都合。俺の知ったこっちゃない。大切に思っているからなんなのよ。俺がそれに応える義務って何よ? と思われるだけのこと。

それよりも、その人が幸福になれることに力を尽くすんです。ホントに大切なら、その人の笑顔が見れるだけであなたの喜びになる。その人の幸福を祈ることが、あなた自身の幸福を祈ることになる。

上でも言ったように、その人があなたと距離を置くことを望んだとしても、それがその人にとっての幸福であれば、それさえも受け容れる覚悟を持つことですよ。

基準は常に大切な人の幸福なんです。すると確かにあなたは満たされないかもしれない。傷ついてボロ雑巾になるかもしれない。でもね、ホントに大切に思える相手なら、それを恐れたり不安に思わないことです。大切に思えるなら、そのすべてをあなたは受け入れるんです。

その思いを持って接した相手とは、必ずお互いが信頼を寄せた関係で結ばれますよ。それがあなたの望んだ関係の形じゃないかもしれない。でもそれによって相手は幸福を手にし、あなた自身もまた違う形で幸福を手にする。

それにね、大切な誰かのために、想いのすべてを込めて接することができる。見返りに執着せずに誰かの力になることができる。その想いを継続的に持てる人は、必ずその想いに応えられる人を引き寄せるんです。そういう人は誰も放っておきませんよ

一応言っておきますがね、別に相手の言いなりの都合のいいヤツになれということじゃない。だいたい、あなたが都合のいいヤツ扱いされるということは、心のどこかにあなた自身もその人のことを都合のいい相手と思っているフシがあるからでしょう。

<参考過去記事>
その人の本当の想いに応えようとするから、信頼関係で結ばれる。上っ面のお願いだけに応えようとするから、都合のいいヤツ扱いで終わる。

まあ、ここまで言っといてなんですが、それでも最後の最後は、明確な言葉で伝え、日常の行動で示す。想いだけじゃやっぱりすべては伝わらない。

でもね、言葉と態度もすべては相手の幸福が優先。これ基本。想いを押し付けない。私はこう思ってる。こう望んでいる。それがその人の幸福に近づくかどうか、その判断はその人次第。その人の想いを尊重すること。そこで言葉を受け入れてもらうこと、見返りは期待しない。

迷うことがあれば必ず自分の心に問いかけるんです。それは本当にその人の幸福のためなのか。それとも自分が満たされたいだけなのか。するととるべき行動がわかるというもの。その積み重ねがあなたを大切にしてくれる人を引き寄せるってことですな(^。^)y-.。o○

小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事