小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

その人の本当の想いに応えようとするから、信頼関係で結ばれる。上っ面のお願いだけに応えようとするから、都合のいいヤツ扱いで終わる。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑


参加費3千円の基礎講座
小川健次セミナー
↑↑
8/23(水)恋愛力基礎講座


新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

その人の本当の想いに応えようとするから、信頼関係で結ばれる。上っ面のお願いだけに応えようとするから、都合のいいヤツ扱いで終わる。

■願いに応えるだけでは、お互い何も満たされない。

他人からのお願いにはすぐ応えてる。力になれることは、できる限り力になろうと尽くしてる。大切な人ならなおさらだけど、そうじゃない人にも同じよう対応している。

小川健次Blog

なのに、なぜだか納得してもらえない。これだけ力を尽くしているのに、それをまるで評価してくれないし、ヒドいときにはなぜか怒られることさえある始末。

やってもやっても評価してくれない。こっちも無理して力を尽くしているのに、お願いばかりがエスカレート。おまけにそれに納得するどころか、文句まで言ってこられようものなら、そりゃ切れますわ。僕でも切れる。

あんた何様のつもりよ。ふざけないで! あぁん?おめーこそ一体なんなんだ! そうして両者の間で燃え上がった炎は、周囲を焼き尽くして残るのは焼け野原だけ。気付いたときにはお互い意味もわからないまま、後味悪い状態を引きずってさようなら。

まあ確かにね、お願いばっかりするクセに、応えたこちらを評価もしてくれなければ、逆切れするようなヤツなんか、こっちから願い下げだわ。そんなヤツ知るかボケ。と怒る気持ちもキレる思いもよくわかる。が、キレる前にちょっと待て。

そもそも、なぜその人はこちらが尽くしていることを評価してくれないのか。お願いに応えているのに満足してくれないのか。キレてそこらを焼け野原にする前に、少しくらい頭冷やして考えてみても損することはないでしょう。

つまり、表面上、言葉上でのお願いには答えているかもしれませんが、ホントに相手が求めていること、心の奥底にある欲求を満たすことが、できているかどうか。

言葉の上でのお願いや、要求なんてのは、その人の心の奥底にある欲求を満たすための一つの手段でしかないんです。満たしたいのは心の奥底の欲求であって、極論言えば、表面上で口にしているようなことは、別にどうということでもないんです。

ということは、言葉の上でのお願いにいくら応えてみたところで、その人の心にある欲求が満たされなければ、何も応えていないのと同じこと。そりゃ相手にしてみりゃあなたが何を応えようが、何をやろうが納得なんてしませんよ。

相手心の奥底にある欲求を理解しないまま、ただ言われるががまま、求めるがまま応えたところで、あなたにとっては大変なことだとしても、相手にしてみりゃ何もしてもらえてないのと同じことなんです。

一所懸命に応えているのに、まるで喜んでくれる気配がない。どんどんエスカレートするだけ。あなたにとってはさんざんストレス感じた結果、単なるATM男扱い、いろいろ便利な都合のいい女扱いされるだけ。相手にしたって心が満たされないという意味では幸福にはなってない。

自分がその人のことを本当に理解しようとしているか。その人が本当は何を求めているのか、知ろうとしているか。その人の心に寄り添おうとしているかを、少しくらい考えてみたっていいじゃないですか。

そして、相手がホントに心で求めていることを、ちゃんと洞察し理解しようとすることですよ。そこを端折るから、表面上の相手の言葉や態度に右往左往するだけ。

<参考過去記事>
相手の気持ちに寄り添う想いが、本気の言葉を心に届ける。その人への理解と共感が、言葉に信頼と説得力を生む。

まあ中には、貢ぐの大好きな金持ちボクちゃんや、振り回されてる私カワイソーって自己憐憫に浸りたいだけのウザい女もいますから、そういう人はそれでいいのでしょう。

でもね、相手にしてみれば、ホントのホントは言葉上、表面上のお願いに応えて欲しいワケじゃない。心の奥底にあるホントの欲求を理解し満たして欲しい。そうしてもらえるから嬉しいし。その思いに寄り添ってくれる人だから信頼できる。だからお互いがハッピーになるってものでしょう。

■心の欲求を知ればお互いの距離が縮まる。

逆の立場で考えてみれば、心当たりある人も少なくないはず。いろいろ言ってみたり求めてみたりして、それに応えてくれる人がいる。それはそれで嬉しいが、なぜかいまいち満たされない。なぜかその人に心惹かれない。そんな経験したこともあるでしょう。

言葉でのお願いには答えてくれる。でも本当に求めていることが満たされていない。わかってくれていると思えない。だからいまいち満たされない。でもそれが満たされると、なぜかその人との心の距離が一気に近くなる。そういう思いを感じたこともあるでしょう。

人に何かを求めるということは、表面上の言葉で何を言おうが、心にあるホントの欲求を満たしたいというサインですよ。求めてるんです。本当の自分を理解してほしいと。それを満たすための力を貸して欲しいと。

だからそれを察知できる人との心の距離は近づくが、そこを察知できないとお互い同じところの堂々巡りでイラつくだけ。ストレスになるだけ。

それを今対応する必要あるのか?と思うような、どうでもいい業務の指示を出す上司。何とか時間をやりくりして、その上司の指示の仕事をこなしても、次に来るのはねぎらいの言葉じゃなくて、さらにどうでもいい仕事。

その上司が心の奥底で求めているのは、その仕事の成果じゃないんです。あなたが理不尽なことでも、自分の指示に応えてくれる満足感。自分のほうが偉いんだ、そう誇示できる優越感なんだから。

そういう上司に仕えるのも大変でしょう。だってその上司の指示に応えるだけ無駄なんだもん。業績上がるワケでもない。自分のスキルが磨かれるワケでもない。とにかく持ち上げて指示に逆らわないようにすることが、給与の対価だとするならば、やりがいだって感じられませんわな。

だからと言って、ブチ切れてブっ飛ばすか、こてんぱんにガン詰めでもすれば、そりゃまあその場の気分は晴れるでしょうが、それで失うもの考えたら、それこそリスクが大きすぎるというもの。

ならばまずは、その上司が心の奥底で求めている欲求について考えてみる。その上司の心の内側に、想いを馳せてみる。彼の求めているものが、自己承認欲求や優越感を満たしたいことににあることがわかれば、こちたの接し方も変わるというもの。

要するに、その欲求を満たしてあげればいいんです。日常的に褒める、認める、持ち上げる。あなたは偉い、あなたは正しい、あなたのおかげで私がある。とでも言っておけばいいんです。

すると、心の奥底にある欲求はもう満たされる。だから業務ではその欲求を満たそうとはしなくなる。なぜだか指示が適切になり、それに応えられるあなたを認めてくれる。皆の業績も上がるから、あなたも皆も上司も含めて全員ハッピーということになる。

漫画みたいな話しですがね、往々にしてこういうことはよくあること。というより、コミュニケーション上のほとんどの問題が、こういう些細なことの積み重ねなんです。上司部下だろうが、家族観だろうが恋人だろうが友人だろうが、皆同じ。ちょっとした気遣いかできるかどうか。

<参考過去記事>
期待と執着心を手放して、手間を惜しまないから愛と信頼を引き寄せる。大切な人とのご縁は、無駄に思えることの繰り返しによって結ばれる。

あれこれと言われたことに対応するだけ。それに応えただの、応えないだの、認めてくれただの、認めてくれないだの。そんな無駄なことでストレス感じているならば、相手が心から求めているものは何なのか。その気持ちに寄り添ってそれに応えたほうが話しが早い。

そしてそういうときは、相手のことを優先している誠実な思いを持てているときでしょう。その相手の想いに寄り添い、理解しようとする一連のプロセスそのものが、結果的に相手の心を満たすことにもなるんです。

結果、相手もこちらに心を開いてくれる。お互いに対する理解を深め合える。だからより一層、お互いの信頼関係が深まるというものですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。