大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人への見返りを求めないから、大切にされる。執着を手放せるほどの想いが、双方向での愛を引き寄せる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

<お知らせ>ブログ本編の話題を中心にしながら、ブログとはちょっと違った切り口で、言いたい放題やりたい放題で配信中の、悪ふざけメールマガジンはこちら(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール

大切な人への見返りを求めないから、大切にされる。執着を手放せるほどの想いが、双方向での愛を引き寄せる。

■大切にされる度合いは、自分が大切にした度合い

誰かにツラくあたれば、その人もツラく返してくる。優しく接すれば優しく返してくる。他人は自分の心の鏡。

小川健次Blog

自分の心の状態と、それを現わした日常の言動が、結果的に他人からの自分への言動としてすべて返ってくる。


そしてそこには例外はない。すべての場面で言えること。

だから誰かを大切にすればその人にも大切にされる。誰かを恨んだり妬んだりすれば、その人から恨まれ妬まれる。

私はあの人を大切にしている。なのに大切にされていない。だから大切にしてくれないあの人は外道である。人の気持ちを汲み取れないんだ。悪いのは全部あの人だ。私は大切にしてるのに。

と、ボヤきつつも自分を正当化するのはちょっと待て。

ホントのホントに心から大切だと思っているのかどうか。自らの全人格を賭して、その人のことを優先的に考え、その人の気持ちに想いを馳せ、一切の見返りを期待することなく力を尽くしているのかどうか。

とりあえずその場は大切って言っておけ。そう言っておけば気に入ってもらえそう。それ言ってる私可愛い。そんな想いが心のどこかに見え隠れしていないかどうか。

要するにね、大切なのはその人じゃなくて自分自身。それ言ってる自分に満足したり、それ言うことで不安を回避したいという欲求にしか過ぎない。主体は相手じゃなくて自分なんです。だからその人も別にあなたを大切だとは思わない。

そりゃ誰だって最後の最後は自分が可愛い。自分が優先。別にそれを否定するわけじゃない。よほどの聖人君子でもなきゃ、自分が一番大事なのは当たり前。もちろん僕も自分と自分の眉毛が一番可愛い。

でもね、上でも言ったとおり、他人の言動は例外なく自分の心の鏡。自分が注いだ分の想いしか相手からは返ってこない。相手からの想いの強さは、自分の想いの強さと同じなんです。

心のどこかに自分を優先する考え、自分の欲望を満たしたいだけの想いがあれが、それがそのまま返ってきているだけ。あらゆる人間関係の原因は自分の心にある。

<参考過去記事>
本当に大切な人への想いだからこそ、執着せずに手放すとうまくいく。引き寄せの法則は、心からの信頼と尊敬によって働きだす。

大切だと思っている人がいるのに、なぜか自分がその人に大切にされている気がしない。そんなときは、その人を責める前に、まず自分の心がどこに向いているかを見直してみることですよ。

心のどこかに、その人への純粋な想い以外の何かがあるはずだから。

■一切の見返りを求めないと、大きな見返りがある。

まあそんな難しい話してもないんですがね。自分がそうして欲しいと思うのと同じレベルで、相手を大切にすればいいだけのことでしょ。見返りを期待せず、ただその人への想いのみを優先する。

言葉や態度に表さなくても、人の醸し出す空気感って伝わるじゃないですか。あ、この人、大切大切言うてるけど、ホントは大切なのは自分なんやろうなあ。大切言ってる自分が好きなんやろうなあ。すぐ見透かされるんです。

だから興醒め。ああ、なんだそういうことね。ならばこっちもそういう対応するわ。となるんですね。

そして、失いたくない、嫌われたくない、という不安や恐れの空気というやつも、そのまま相手に伝わるから要注意。これやってあげるから私の前から去らないで。こういうふうに言うから私を嫌いにならないで。みたいな。

すると相手もどこか不安になるんです。どこか恐れる気持ちになりますよ。あれ、この人といると安心するどころか不安になる。なんだか重苦しいしストレスになる。

そうしてお互いが不安になっているから、お互いに大切にし合ってる感じもしない。ますます不安になる。やがて言葉も素直に発せなくなり、本音も言えないまま、やがてどこかで大爆発の大惨事。

そうならないためには、簡単ですよ。伝えて手放す。

その人を大切に思う気持ちを、態度と行動で示し続ける。それが返って来るか来ないかは関係ない。スルーされようがガン無視されが気にしない。こちらの想いを受けとるかどうかは相手が決めることだから。

そこで相手を思い通りにしよう、こちらを振り向かせようとか考えない。あくまでもその人はその人。その判断に執着しない。でも自分の想いは素直に伝える。素直に表現すればいい。本当に大切ならそう接すればいいんです。

すると不思議と相手に大切にされる。相手もそれに応えてくれる。執着を手放し、見返りを期待しない純粋な想いは、結果的に大切な人からの愛を引き寄せるんです。

そこまでやってもダメなら、そりゃもう縁がない。縁が無いワケじゃないかもしれませんが、少なくとも今はタイミングじゃないだけ。それは耐えて次の機会を待つか、別の道を選べばいいだけのこと。

<参考過去記事>
苦しくて泣いているのが嫌ならば、別の道を選択すればいい。他にも選択肢は必ずあるから、足を止めずに前進しよう。

大切にするから大切にされる。でもそれは一切の見返りを求めず、執着さえ手放してしまえるほどに大切に想ったときのこと。だから双方向での愛が引き寄せられるというものでしょう。

まあでも、逆の立場で考えてみれば、そこまで想われ大切にされれば、期待されなくても相応の想いを返したくなるってもんでしょうからねえ(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事